« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.25

[ミュージカル]ジキルとハイド/지킬앤하이드

19:30
芸術の殿堂 オペラハウス
B席 4階B列11番 30000W
-----
脚本:
演出・振付:David Swan
制作監督:キム・ドゥヒョン/김두현
出演:チョ・スンウ/조승우、イ・ヘギョン/이혜경、キム・ソニョン/김선영、キム・ボンファン/김봉환、キム・ソンギ/김성기
-----
 2004年大ヒットしてチョ・スンウをトップスターに押し上げた「ジキルとハイド」のアンコール公演。連日満員だった初演時のキャストが帰って来たというのがウリ。会場はチョ・スンウ目当ての若い女性で溢れていた。
 元々映画の世界で演技力には定評のあるチョ・スンウ、ハイドが現れる前のジキルでは演技も歌も押さえ気味だったが、ハイドになると姿勢も声も変えて悪の宿る身体を表現、それにつれてジキルの芝居も輝いてくる。第二幕で舞台が広くなってからの堂々たる存在感は見事。相手役となる二人の女優は歌唱力抜群。エマ役イ・ヘギョンの優しく美しい声、ルーシー役キム・ソニョンの艶やかで力強い声、どちらも素晴らしかった。
 プログラムによれば初演時より舞台装置も衣装もグレードアップしているそうで、オーケストラを入れての生演奏と共に、現時点での韓国人キャストによるブロードウェイ・ミュージカルの到達点と言える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.20

[ミュージカル]プロデューサーズ/프로듀서스

20:00
国立劇場ヘオルム劇場
R席 1階D列16番 72000W(早期予約20%割引)
-----
原作:Mel Brooks、Thomas Meehan
音楽・原作詞:Mel Brooks
演出:Bill Burns、ハン・ジンソプ/한진섭、キム・ジウク/김지욱
出演:ソン・ヨンテ/송용태、キム・ダヒョン/김다현、チェ・チョンウォン/최정원、イ・ヒジョン/이희정、チェ・ビョングァン/최병광、ハム・スンヒョン/함승현
-----

 ブロードウェイ・ミュージカルの韓国人キャスト版。ソン・ヨンテが海千山千のプロデューサー・マックスを好演。特に、監獄でこれまでの出来事を振り返るシーンが鮮やかで、芸達者ぶりを見せつけた。レオ役キム・ダヒョンは昨年「ヘドウィグ」に主演、甘いマスクで人気上昇中の注目株。小劇場の空間をニューハーフ的な美貌で押し切ったヘドウィグ役と違い、大劇場の正統派ミュージカルでは歌も踊りも力不足は否めないが、頼りないプロデューサー志望の若者という役柄にははまっていた。今後もミュージカルの舞台に立つのなら、タップダンスはマスターしてほしい。ゲイの演出家役イ・ヒジョン、珍妙な原作を提供する作家役のチェ・ビョングァンと、優れた歌唱力と演技力を持つ役者が脇を固めたお陰もあり、楽しめる舞台だった。

 主役のソン・ヨンテは映画「シルミド」「公共の敵2」に頭の固い上官・上司の役で出演している。権力者側の立場から体制擁護に回り、前者ではアン・ソンギの、後者ではソル・ギョングの現場からの訴えを退ける役どころ。役柄に相応しい太り気味の体型に厳つくふてぶてしい表情の印象が強く、これほど軽やかに歌って踊れる人とは知らなかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »