« 高矢禮弁当体験記 | トップページ | [演劇]グッドナイト スリイプタイト »

2008.12.25

[歌舞伎]遠山桜天保日記

 国立劇場へ行ってきました。
 クリスマスイブに歌舞伎見物ってどうなのよ……と思いつつ。

「遠山桜天保日記」
12月24日(水)11時30分
国立大劇場
出演:尾上菊五郎、中村時蔵、尾上菊之助、尾上松緑、市川左団次、沢村田之助、他

 竹柴其水の作品の半世紀ぶりの復活改作。原作を生かした上で「遠山の金さん」のイメージを保って、肩の凝らない芝居に仕上がってました。菊五郎劇団のお遊びも健在。

 菊之助。役柄にふさわしい声とセリフ回しがよく、着実に力つけてますねぇ。十月歌舞伎座「十種香」の勝頼、「直侍」の三千歳もよかったし。女方と若衆の両方をきっちりこなせる役者になってきたのが嬉しいです。

|

« 高矢禮弁当体験記 | トップページ | [演劇]グッドナイト スリイプタイト »

伝統芸能」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/43550141

この記事へのトラックバック一覧です: [歌舞伎]遠山桜天保日記:

« 高矢禮弁当体験記 | トップページ | [演劇]グッドナイト スリイプタイト »