« シラバスとか教科書とか | トップページ | 高矢禮のお弁当 »

2008.12.11

[文楽]12月公演・源平布引滝

 今日は国立小劇場の文楽に行ってきました。毎年12月の東京は、重鎮がお休み、中堅・若手による公演です。

12月11日(木)17時
国立小劇場
「源平布引滝」
 義賢館の段
 矢橋の段
 竹生島遊覧の段
 九郎助内の段

 芳穂・寛太郎、睦・清馗、咲甫(・燕三←若手じゃないので)の若手が大奮闘でした。

 「矢橋」冒頭、寛太郎の三味線がやや不安定に聞こえたのだけど、芳穂の思い切った第一声が不安を吹き飛ばしてくれました。その緊張感で60分間語れる太夫になってください。

 「九郎助内」中の睦・清馗、若手には雰囲気を出すのが難しそうな場面ですが、大健闘してました。
 後の咲甫は最初から最後まで全力投球。葵御前(と実盛)がそれらしく聞こえないのは、役の「格」を表現するのが難しいのでしょう。それでも、1万メートルを全力疾走しているような、清々しい語りぶりでした。このくらい全力でやってくれると、未熟な部分があっても気持ちよく聞けますね。どんどん伸びていってほしい太夫さんです。

 明日も文楽、今度は鑑賞教室です。

|

« シラバスとか教科書とか | トップページ | 高矢禮のお弁当 »

伝統芸能」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/43393953

この記事へのトラックバック一覧です: [文楽]12月公演・源平布引滝:

« シラバスとか教科書とか | トップページ | 高矢禮のお弁当 »