« [歌舞伎]正月松竹座・昼夜 | トップページ | 새해 福 많이 받으세요 »

2009.01.15

[文楽]初春公演・昼夜

 松竹座の歌舞伎に続いて、国立文楽劇場の文楽に行きました。こちらは年に2回、関西のお友達とミニ観劇会を開いてまして、2001年から続いてるので、今年で9年目。
 来年まで無事に続いたら、10周年記念のお祝いをしようかな。


1月11日(日)11時
国立文楽劇場

「花競四季寿」
 呂勢をたっぷり聴けて満足。

「増補忠臣蔵」
 津駒、まっすぐな語り口で好感を持ってる太夫さんなのですが、今回ふっと、ひょっとしたらいつか大化けするかも、と思いました。ぜひとも大化けして下さい。

「曲輪文章」
 前日、松竹座で見た演目。忘れない内に見比べられて面白いです。基本は同じなんですけど。
 勘十郎の伊左衛門、あまり見たことない役柄のような気がします。


1月11日(日)16時
「新版歌祭文」
国立文楽劇場

 今回は「座摩社」「野崎村」「油屋」の通し上演ですが、各段のつながりが分かったような、分からないような。「油屋」の中を病気休演の文字久に代わって咲甫が熱演。先月に引き続き、頑張ってますね。「飯椀」のチャリ場で、勘十郎が遣う小助の自由自在な動きが楽しかったです。

|

« [歌舞伎]正月松竹座・昼夜 | トップページ | 새해 福 많이 받으세요 »

伝統芸能」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/43802199

この記事へのトラックバック一覧です: [文楽]初春公演・昼夜:

« [歌舞伎]正月松竹座・昼夜 | トップページ | 새해 福 많이 받으세요 »