« [歌舞伎]二月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | [演劇]パイパー »

2009.02.06

[歌舞伎]二月大歌舞伎 夜の部

Imgp5997 二月限定の歌舞伎座名物「白魚天ぷらそば」をいただきました。建替え前に食べとかないとね。夜の部最後の幕「三人吉三」の有名なセリフ「月も朧に白魚の篝も霞む春の空」にも因んでます。


 「思いがけなく手に入る百両」、欲しいなぁ。一両=16万円なら 1600万円です。

 「…ほんに今夜は節分か」、その翌日、立春の日の見物でした。


2月4日(水)16時30分
歌舞伎座
3階A席 2列18番

「蘭平物狂」
 楽しみにしていたのですが、それほどでもなかったような。昼夜通しの中だるみで、集中力を欠いていたせいかもしれません。

「勧進帳」
 吉右衛門の弁慶、気合十分でした。セリフが良い人の弁慶は心地よいですね。延年の舞が今ひとつで、「弁慶は踊れないんだよ」(二代目松緑が十七代目羽左衛門に言ったんでしたっけ?)という言葉が頭の中をぐるぐると。踊れないのも弁慶らしくてよいなぁと感じました。
 菊五郎の富樫は抑えめで好感持てました。感情過多な富樫には食傷気味なので。
 梅玉の義経、かなり前から(梅幸亡き後?)この人が最もニンなのですが、今回老けてきたのがちょっと気になりました。容色の衰えはさらなる芸で補わないと。
 四天王が染五郎・松緑・菊之助・段四郎と充実。松緑の弁慶、染五郎の富樫、菊之助の義経、いずれ見られるでしょうね。一番見たいのは段四郎の弁慶なのですけれど。今年五月の「矢車会」で富十郎がやるのだから、段四郎だって……と夢見てみたりして。

「三人吉三巴白浪」大川端庚申塚の場
 「玉三郎お嬢、七五調のセリフが言えない?」(2004年2月9日) 5年前に書いた一文ですが、今回も同じ感想です。あの名セリフがすっきりしないのに、どうしてこの演目を大川端だけで出すんでしょう?
 お坊(染五郎)と和尚(松緑)、現代の若い人には難しい役柄になりつつありますねぇ。誰で見てもピンと来ないです。

|

« [歌舞伎]二月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | [演劇]パイパー »

伝統芸能」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/43998852

この記事へのトラックバック一覧です: [歌舞伎]二月大歌舞伎 夜の部:

« [歌舞伎]二月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | [演劇]パイパー »