« 広州雑感2・サーチャージ | トップページ | [ミュージカル]ザ・ヒットパレード »

2009.03.24

広州雑感3・500? 600?

 食べ物は量り売りが基本で、値段は1斤いくらと表示してあります。欲しい分量を言えば、量の多少に関わらず、量り売りで売ってくれます。
 この1斤という単位、500克(グラム)に相当するそうなんですが……なぜ500?

Imgp6231

 卵も量り売りです。

 写真左上のあたり、秤に載せて計ってるのが分かるでしょうか。

 卵は種類が多いのにも驚きました。



 韓国にも「グン(근)」という単位があります。肉などは今もグン単位で買うことが珍しくありません。漢字で書けば「斤」です。グラムに換算すると600g。
 日本のかつての「斤」は600g相当です。

 日本も韓国も、元々中国の度量衡をそのまま倣ったはず、と思うのですが、どうして中国だけ500gなのでしょう? どこかの時代で誰かがズルしたんですかねぇ。

 日本では、戦国時代~江戸初期に行われた検地の際には、いろいろな大きさの枡が存在してました。自分が買う時には大きな枡で、相手に売る時には小さな枡で、という悪知恵(別名サギ)は世界共通なのでしょうし。

 で、中国の「斤」はどうして500gなんでしょう?

Imgp6349

 市場で買ったお米。
 左は一般的(と思われた)お米、右は一番高いお米(香り米?)、半斤ずつです。
 どんな味と香りになるのか、炊くのが楽しみ。

|

« 広州雑感2・サーチャージ | トップページ | [ミュージカル]ザ・ヒットパレード »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/44442210

この記事へのトラックバック一覧です: 広州雑感3・500? 600?:

« 広州雑感2・サーチャージ | トップページ | [ミュージカル]ザ・ヒットパレード »