« ライブラリートーク・レポート | トップページ | 広州雑感7・国境はどこに? »

2009.03.26

広州雑感6・英語 in 中国

 初めての中国、私は中国語が全くできないまま行きました。知っているのは「ニーハオ」と「シェシェ」ぐらい。

 大丈夫なのかな?と、旅行前に自分でも一応思いました。
 でも、皆、「アンニョンハセヨ」と「カムサハムニダ」しか知らないのに、平気でソウルへ来てました。だから、きっと大丈夫、と勝手に決め込んで。

 我ながら呆れるのは、事前に、同行の友達は中国語ができるのかどうか、確かめもしなかったこと。現地では、彼女の中国語のお陰で、行きたい所はどこでも行けたし、したいことは何でもできました。ありがとうございました。

 そんなわけで、私自身は困ったら英語に頼るしかない状況でした。でも、広州で、英語はなかなかスムーズに通じないです。欧米人の宿泊客が多いインターナショナルなホテルの中でもなかなか。

 今回の旅行で、英語による意志疎通(≠英語の知識)が一番優れていたのは、ホテルの荷物預かり担当の人と、黄沙駅近くの市場のお粥屋のおばちゃんでした。

Imgp6358b

 市場の中の、とても庶民的なお粥屋さんです。



 お粥屋のおばちゃんと交わした会話はこんな感じ。

 (どの席に行けばいいのか入口で迷ってる私たちに)
 「ぷりーず!」

 (料理が出てくるのを待ってる私たちに)
 「あー ゆー じゃぱん?」
 「イエス!」(……通じてるんだから気にしない)

 外国語会話の基本は、意志疎通への意志ですね。あのおばちゃんの口から「あー ゆー じゃぱん?」なんて構文が出てくるとは。失礼ながら意表を突かれました。

 世界は広いです。人類は偉大です。

Imgp6353

 好みの具を指定して、入れてもらいます。ミックスもOK。
 これは肉団子と白身魚です。1杯4元。

|

« ライブラリートーク・レポート | トップページ | 広州雑感7・国境はどこに? »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/44446206

この記事へのトラックバック一覧です: 広州雑感6・英語 in 中国:

« ライブラリートーク・レポート | トップページ | 広州雑感7・国境はどこに? »