« 確定申告、済ませました | トップページ | [歌舞伎]元禄忠臣蔵 夜の部 »

2009.03.16

[歌舞伎]元禄忠臣蔵 昼の部

Genchu  一週間前に見てきた『元禄忠臣蔵』。

 歌舞伎座 のサイトからポスターを拝借してきました。

 三人の内蔵助を三色の背景で並べたデザイン、気に入ってます。
 団十郎がいつのまにか細面になっていて、体調が心配なのですけれど。


3月9日(月)11時
歌舞伎座
3階1列37番

「江戸城の刃傷」
 吉良が登場しない刃傷の場って、面白いですよね。この芝居の浅野内匠頭(梅玉)は「仮名手本」と異なったハラと風情が必要な難役だなぁと思いました。「仮名手本」は「鮒侍」の件があってカッと逆上する様を演じられますが、「元禄」の方は後の場のセリフにもあるように熟慮の末の刃傷。切腹の場は、大星由良之助が駆けつけてくる訳でもなく、源五右衛門(松江)との主従の暇乞に色気も不要。それじゃ何すればいいの?という気さえしてきます。そこが面白いのですが、梅玉は少々印象薄いような。

「最後の大評定」
 内蔵助を演じる幸四郎が自分の芝居に酔っているようで、共感できなくて残念でした。言葉の裏に仇討の意志を潜ませて血判を求める場面、内蔵助を信じて決断する相手の感情やこれからの艱難辛苦を先取りしてひとりで感情を高ぶらせてしまっていると見えるのです。内向きの一人芝居で、見る者が共感できない。これ、幸四郎の悪いクセだと思ってます。
 そのまま城外の場へ続くので、徳兵衛(歌六)とのやりとりも素直に受け止められませんでした。

「御浜御殿綱豊卿」
 上演回数も多くよく練られた場面だけあって、面白かったです。仁左衛門の口跡のよさが綱豊卿の知性・思慮深さにピタッとはまります。染五郎の富森助右衛門はニンですね。富十郎や翫雀とはまた違ったイメージですが。

 「御浜御殿」で打ち出しとなるのは、気分よく劇場を後にできてよいですね。
 私は、この後続けて夜の部を見物。

|

« 確定申告、済ませました | トップページ | [歌舞伎]元禄忠臣蔵 夜の部 »

伝統芸能」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/44370931

この記事へのトラックバック一覧です: [歌舞伎]元禄忠臣蔵 昼の部:

« 確定申告、済ませました | トップページ | [歌舞伎]元禄忠臣蔵 夜の部 »