« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

ココログカレンダーPlus

 サイドバーに表示されるカレンダーを 風柳さん 作成の「ココログカレンダーPlus」 に変えてみました(ついでに右から左へ位置も変えてみました)。これまでは、暴想さん 作成「ココログ最強カレンダー」 を使っていました。

 この二種類のココログパーツ、ココログ標準のカレンダーに装備されていない、

・上部の矢印をクリックすると、(記事のある)前月・翌月のカレンダーが表示される
・過去の記事画面では、その月のカレンダーが表示される
・月名をクリックすると、その月の記事のアーカイブが読める
・「記事アリ」の印の日付にカーソルをのせると、その日の記事のタイトルが出る

という機能が使えて便利、という点はどちらも同じです。

 ただ、「日付にカーソルをのせると、その日の記事のタイトルが出る」機能で、「ココログカレンダーPlus」の方は同日に複数の記事があればその全てのタイトルを表示してくれる、ということに気づきまして。

 この機能、一日に2本以上の記事を投稿しないのなら、全く必要ありません。

 でも、私の場合、カレンダーにタイトルが出ないという理由で、同じ日に複数の記事を投稿するのを躊躇ってしまうことがあったのです。その日の記事タイトルを全て表示してくれるなら、これからは、ふと思いついた時に携帯から気楽にポストなんてことも、躊躇なくできます。わくわく。

 ということで、これも、今日(4月30日)2本目の記事になります。
 右側 左側のカレンダーで、4月30日の日付にカーソルを乗せてみて下さい。ちゃんと記事のタイトルが2件表示されるはずです。

 些細なことですけれど、結構嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水着、買っちゃいました

 アメ横へ再度足を運んで、買っちゃいました。
 mizuno の WATER GENE(ウォータージーン)。

 レーザーレーサー素材の普及品、speedo の FS-PRO にも心惹かれてはいたのですけれど。
 先日の試着 の翌日、手首、手の甲、手の指がひどい筋肉痛になったのです。原因は、どう考えても、FS-PROを試着する際に、水着の生地を指先でつまんで1cmずつ上へ引き伸ばす、という動作を繰り返したこと。着るだけで筋肉痛になる水着なんて……。
 それに、紙みたいな素材、当日本番直前に破いてしまう可能性もないとは言い切れない不安が残ります。

 体力を温存しながら省エネ・スイミングに徹したいOGスイマー、身体的にも精神的にも楽に付き合えそうなウォータージーンを選びました。

 早速、着て、泳いでみました。

 凄いです。信じられない。

 身体が浮く。身体が水の上をすべる。呼吸が楽。疲れない。
 50mで2秒近く速くなりました。魔法の水着って本当にあったのね。

 ハーフスパッツでこんなに違うのだから、ロングスパッツならもっと凄いのかも。
 ウォータージーンでこんなに凄いのだから、レーザーレーサー素材ならもっと速く泳げるのかも。

 水着の力でタイムが縮まることについては賛否両論あります。
 私も、ヒトの身体に浮力や推進力を与える水着は、競泳というスポーツの目的に反すると考えています。でもその見極めは難しそう、とも思ってます。

 そして、そんな議論とは別に。

 水泳選手は、速く泳げれば楽しいのです。水の上を滑るように、飛ぶように、何物にも邪魔されず、ぐんぐん前へ進んで行くのは快感です。「チョー気持ちいい」んです。

 ウォータージーンは、これまで知らなかったレベルでの、泳ぐ楽しさ、泳ぐ快感を与えてくれる水着です。さすが、「ウォータージーン」=「水の遺伝子」。

 マスターズのレースが一段と楽しみになりました。

 ちなみに、私が普段の練習で着ている水着は、こんなタイプなんですが……

Ssu Ssub



 新しく買ったウォータージーンは、これ。

Ssc Sscb



 マスターズが終わった後は、地球の平和を守るために頑張りたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.04.29

「イキウメ短編集」舞台中継

 1月に見た演劇「イキウメ短編集」 が地上波で放映されます。
 早速録画の手配をしました。

芸術劇場-劇場中継「イキウメ短篇集」-
5月1日(金)22時30分~24時15分
NHK教育テレビ


 SFっぽい作風ですし、映像で見ると舞台と印象が異なるかもしれないと思ってます。そのあたりも含めて、舞台中継、楽しみです。

 そう言えば、「焼肉ドラゴン」も近々NHKで再放送されるらしいのですけれど、放映日時はいつなのでしょうか? どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。去年録画しそこねてるのです……。

 舞台は生で見るのが基本ではありますが、繰り返し映像で見て初めて気がつくこともいろいろあるんですよねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.04.28

江戸の偽装商法、江戸のCSR

 いよいよゴールデンウィークに突入ですね~。

 私自身の連休予想は……全般的に仕事&読書が続き、日によって水泳、時には映画DVDを見ることも、といったところでしょうか。何のことはありません、平時と同じ。

 まぁ、日頃、平日昼間に芝居見に行ったりしてるのですから、世間様の休日に仕事するのも仕方ありません。
 そのへんはこの業界(って、どの業界?)に共通の事情で、それゆえ、5月7日締切の仕事が3本ほどあったりします。連休中にきっちりやってちょうだいね……ってことです。

 さて、そんな仕事絡みの読書。

◇最近読んだ本

堀切実『偽装の商法 -西鶴と現代社会』(新典社新書13、2008)
平田雅彦『企業倫理とは何か 石田梅岩に学ぶCSRの精神』(PHP新書346、2005)

◇連休中に読む本

竹中靖一『石門心学の経済思想』(ミネルヴァ書房、S37)

 以前から関心があって、ボチボチと文献に目を通してはいたのですが、自分で何か書いたり、誰かに話したりしていたわけではなかったので……仕事の依頼が来たのは嬉しいサプライズでした、この分野。(って、どの分野?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

韓国語字幕付『鈍獣』

 ちょこっとお知らせです。

 パルコ・プロデュース公演の演劇DVD『鈍獣』に韓国語字幕が入りました。

 字幕制作にあたっては、私もお手伝いさせていただきました。
 いや~、大変で、かつ、楽しい作業でした。特に、池田成志さんのあたり、とかね。
 翻訳作業をなさった方のご苦心の程がしのばれました。
 苦労の甲斐あって、良い字幕になっていると思います。

 え? 韓国語字幕なんて日本人には必要ない?……ま、それはそうなんですが、意外に需要がありそうでもあります。韓国語字幕入り演劇DVD。

 再版として、もうリリースされてるようです。
 関心がおありの方は こちら からお問い合わせになってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

[演劇]デマゴギー226

Imgp6510  「弾丸MAMAER」、最近注目の劇団と聞き、雨の中を中野まで出向きました。
 帰りに佐世保バーガーのお店に寄り道。甘めのソースが観劇後のアマタとカラダにじわっと染み入り、よい感じ。


2009年4月25日(土)14時
中野 ザ・ポケット
K列10番

作・演出:竹重洋平
出演:中村哲人、山口晶由、河合伸之、川崎清美、田仲晶、染谷恵子、木村慎一、安藤純、沢樹くるみ、小林香織、坂田久美子、森本73子、田中しげ美、椿克之、土田卓、市川草太、櫛部哲史、宮下千恵、榎本舞、坂井幸恵、田村理絵

 1936年2月26日未明、皇道派の青年将校に率いられた陸軍部隊が首相官邸に潜入、岡部慶介(歴史上は岡田啓介)首相を殺害した……はずが、殺されたのは瓜二つの別人で、岡部首相は女中部屋の押入れに隠れていた……というプロローグで話が始まります。この物語、大枠部分は歴史的事実に基づいています。

 青年将校・栗森中尉の指揮下、陸軍兵士に占拠された首相官邸にて。岡部の生存に気づき、官邸からの救出作戦を企てる憲兵3人(中村哲人、山口晶由、市川草太)。遺骸の確認で岡部が生きていることを知った岡部の娘(小林香織)と秘書官・福見(土田卓)。旦那様を守って女中部屋から頑として動かない女中3人(坂田久美子、沢樹くるみ、川崎清美)。
 三者は互いを信じ切れず、腹の探り合いをしながら、首相救出に向けて動き出します。

 舞台は、首相官邸の女中部屋。畳敷きの和室の正面は一面障子で、障子を開けると縁の廊下、その向こうにガラス窓を通して中庭が見えます。上手の襖は奥の一間に続き、下手の襖は押入れへ。部屋の中、上手隅には座鏡、下手隅には衣桁が置かれてます。
 砂壁や襖紙の色合い、障子の桟の繊細さ、座鏡と衣桁以外何もない素っ気ない空間……昭和の家の一間です。私にとっては、懐かしい空間。
 舞台手前に一段低くしたスペースを作り、この部分とスポット照明をうまく使って、様々な場面を見せていきます。スピーディーな運びで、物語の緊迫感を支える巧みな演出。

 役者全員、脇役タイプの個性的な面々、しかも、皆、うまいです。ドタバタ調の芝居ですが、脚本と演技がかみ合ってバランスのよい芝居になってます。

 憲兵のリーダーでありながらビビリの小坂井曹長(中村哲人)、ビビリぶりが笑えます。
 何かを隠している女中たち、三人三様にユニークですが、中でも千代(沢樹くるみ)は、訳ありげで思わせぶりで賢しげな美人、という芝居が面白かったです。こういうの、好きです。キャラも役者も。

 「貧農」出身の二等兵・船山(木村慎一)は、吉原で働く決意をした妹すず(榎本舞)と、一緒にカレーライスを食べようと約束しています。その健気な約束を伏線として、「カレーライス→××→肥料」と展開させた作者の力技、含蓄に富んでて、感心しました。初めに陸軍兵士が掲げた「日の丸」が、最後に××で汚れた敷布団の「×の日の丸」に取って代わられるのは、作者の風刺心でしょうか。

 作・演出の竹重洋平(1976年生)はパンフレットに「昭和初期の国民ほどではないにしても、今を生きる我々も、不安と不満に覆われているのは確かだろう。違うのは、温度である。」と記してます。
 戦前と「今」の世相を重ねた上で、そこに「温度差」を見て取り、戦前を舞台として「今」を表現する。先月見た パラドックス定数「インテレクチュアル・マスターベーション」 と通じるものがあるように感じました。

 他の作品も見てみたいです。弾丸MAMAER。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピークに到達

 昨日(25日)が練習の量的ピークでした。

 3250m/80min.

 マスターズ まであと2週間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

46-94

 「46-94って何の数字?」って10人中10人に思われてそう……。

 競泳のフランス選手権男子100m自由形準決勝で、アラン・ベルナールが46秒94の世界新を叩き出しました。正式な記録公認は、着用していた水着の承認待ちだそうですが。

 ニュースで映像を見ました。アラン・ベルナール、圧倒的に速いです。泳ぎ終わってタイムを確認すると、胸の「arena」ロゴをアピールしてました。あれ? あなた、去年の春にはレーザーレーサーで話題になってませんでした?
 「へぇ、アリーナなんだ……。この間の日本新も20個の内13個はアリーナだったし、今年はアリーナの年なのかも……」と思ったら、水着はイタリア・アリーナ社の製品で、日本のデサント社のアリーナとはまた別モノだそうです。え~っ!?

 競泳水着の開発競争は奥が深いなぁ……。

 それにしても、46秒94って、メチャ速いです。

 1976年、男子100m自由形の世界記録が50秒を切りました。モントリオールオリンピックで49秒99を叩き出したジム・モンゴメリーは、夢の49秒台を実現したヒーローでした。

 その頃、こんな説がありました。

 人間の泳ぐスピードの限界は秒速2mで、100mなら50秒。スタートとターンでの加速分を考慮して、男子100m自由形の限界タイムは47秒5だろう。

 世界記録が49秒台後半だった当時、47秒5は夢の記録。人類がそこに到達できるのはいつだろう、という感じでした。実際、その後、マット・ビオンディもアレクサンドル・ポポフも(二人とも身長200cm!)48秒台前半まで。
 47秒5は遠かったのです。

 ところが、昨年北京五輪前の欧州選手権で、アラン・ベルナールが47秒50をマークして「限界値」に到達。本番の北京五輪では47秒20へタイムを伸ばして、あっさり「限界」をぶち破ってしまったのでした。「レーザーレーサー」、凄過ぎ~。

 そして、今回、オリンピックの金メダリストが「休養」してるこの時期に、46秒94。

 これからは、45秒突破を目指していく時代になるのでしょうねぇ。
 月面着陸に成功したから、次は火星を目指そう、って感じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

[能]閑能会 隅田川・昭君

 観世能楽堂へ行ってきました。ロビーでパソコン立ち上げてみましたが、ワイヤレスゲート 、入りませんでした。街中のワイヤレス、建物の中は無理なのかな。
 能楽堂のロビーでノートパソコン広げてる姿は、かなり目立ってたみたいです。


2009年4月24日(金)16時30分
観世能楽堂

能「隅田川」
シテ 関根祥人、ワキ 森常好、子方 藤波重紀

 これが目当てで出向いたのですが、朝から出歩いていて、集中力が保てませんでした。2、3度うとうと。正面最前列に陣取ったのですけれど。

 関根祥人の狂女は、たたずまいも足取りも、人商人にさらわれた子を探し求めて憔悴する女性そのもの。ところが、自分の集中力が途切れて、どの場面も同じように感じられてしまいます。最後に、見えつ隠れつ登場する子方の亡霊はこの作品の妙味です。

 能の「隅田川」を見るのは4度目くらいです。最近、歌舞伎舞踊の「隅田川」ってよくできているのだなぁと思うようになりました。

狂言「寝音曲」
シテ 三宅近成、アド 前田晃一

 元々面白い演目です。膝枕で横になっている時には良い声が出て、起き上がると声がでない……はずが、うっかり間違えて、起き上がったところで良い声を出してしまい……というお話。シテ三宅近成の謡が迫力あって、楽しく聞けました。うっかり間違えたところで、アド前田晃一が顔の表情で演技したのが目立ちました。狂言であそこまでリアルな表情を作ったのは初めて見たような気がします。

能「昭君」
シテ 関根知孝、ワキ 村瀬純、ツレ 高梨万里、後ツレ 渡辺洋子、間 三宅近成

 前漢時代、胡国に送られた王昭君を素材としたストーリーです。前場の両親(シテ・ワキ)の愁嘆の風情、よかったです。ただ、囃子方の掛け声が大き過ぎて、両親のやりとりがしっかり聞き取れなかったのが残念でした。シテ関根知孝、ツレ高梨万里の二人は声がよく、声を聞いているだけで心地よい役者だけに、もったいなかったです。
 後場の胡国の夷の大将(シテ)はキレの良い動きで、前場の父親と好対照。見せてくれました。後場は太鼓が入って、胡国の大将って人間扱いされてないんですね。最後に附祝言がついてるし。
 いろいろなことを考えさせてくれた一番でした。

 他に、素謡「吉野天人」、仕舞「兼平」「江口 クセ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

携帯から

携帯から

移動中で時間ないのに、トラップにはまってます……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.22

水着の試着

 仕事の帰り道、アメ横へ寄ってみました。
 せっかく マスターズに出る のだから、水着を新調しようかな、と思いまして。

 昨年の北京五輪では、speedo 社の LZR RACER(レーザーレーサー)がメダルも話題も独占しました。
 先週末の日本選手権は日本新20個、五輪翌年とは思えないハイレベルな大会になりました。その背景には、スピード社に対する国内3社(ミズノ、デサント/アリーナ、アシックス)の壮絶な巻き返し攻勢がありました。

 これだけ話題になると、やっぱり着てみたいです、新しい水着。

 オリンピック選手レベルのものは品質も値段も分不相応ですが、1ランク下の普及品なら……ということで、アメ横のスポーツショップへ出向きました。

 とにかく、試着。
 スピード、ミズノ、アリーナ、アシックス、主要メーカーのものを各1着、合計4着、着てみました。狭い更衣室の中で、着ては脱ぎ、脱いでは着て…………

 4着全部試着し終わるのに、2時間かかりました。

 特に、スピードのFS-PRO。レーザーレーサーと同じ素材の普及品なのですが、着るためだけの正味でたっぷり30分かかりました。北京五輪の報道で、レーザーレーサーは着用するのに30~40分かかる、と伝えられてました。本当にその通りです。普及品で、少しは楽なはずなのに。足首までのロングタイプでなく、膝上までのハーフタイプなのに。とんでもない水着です。

 あれこれ試着してみての感想は……4着4様。水に入ってみないと、泳いでみないと、分からない。

 当然なんですけど、こればっかりは試せませんしね~。

 自分の感覚としては、ミズノのウォータージーンが着やすくて好感触。これなら練習にも着られそう。その分、タイム向上はあまり期待できないかもしれません。
 また、昨年の北京五輪向けに開発した素材を使ったもので、スピードに負けた水着というのがちょっとひっかかるところ。ミズノは、すでに一流選手を対象とした製品を別の新素材で出してるんですよね。

 スピードのFS-PROは、着るのは大変でしたが、着てみたら意外に楽で、これまた好印象。
 ただし、こちらは紙みたいな素材で、耐久性は全くなさそう。レースの時だけ着る水着です。となると、コストパフォーマンスがねぇ。
 着用に30分かかるというのも、やはりネックです。大会当日、更衣室はアマチュアスイマーでごった返すことが予想されるわけで、そんな中で悠々と30分かけて着替えてられるかなぁ。見知らぬ人とすれ違いざまに、何かでピッと破られちゃうなんてアクシデントもありそうな。

 結局、今日は買わずに帰って来ました。ミズノか、スピードか、もう少し考えます。

 私の現役時代、競泳用水着と言えば、ミズノのスピード(ミズノがスピードと提携して、「スピード」ブランドで水着を販売していました。その提携を2007年に打ち切ったのが、2008年北京五輪の水着論争の一因でした)か、デサントのアリーナでした。それぞれ特徴があって、私はどちらかといえば、ミズノのスピードが好みでした。

 今日試着したミズノとスピードは全く別物の水着なのですけれど、それでも、私にフィットするところで共通する何かがあるのでしょうね。不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

「ミョンテンドー」が出た!

 一週間前に韓国語版の中央日報で読んだ記事の話です。
 日本語サイトに翻訳記事が出ると思って待ってたのですが……どうも出ない模様。日本人向けの記事じゃないと思われてるんでしょうか?

「ミョンテンドー」予約販売開始…ニンテンドーより高い?
 中央日報 2009.04.13

 記事の内容は、ゲームパークホールディングスが13日、携帯用ゲーム機の新製品「GP2Xウィズ」のオンライン予約販売を開始し、ネット上で「ついに『ミョンテンドー』が出た」と話題になっている、というものです。

 背景を知らないと、「ミョンテンドー? 何それ?」って話ですが。

 事の起こりは、今年2月、韓国のイ・ミョンバク(李明博/이명박)大統領が経済対策会議の席で「ニンテンドーのゲーム機は我が国の小学生たちが大勢持っているが、このようなものが開発できないのか」と叱咤激励?したことでした。

 この発言が伝えられるや、あるネチズンが「ミョンテンドーMB」を超高速で<開発>、ネット上に公開したのですね。これがその画像です。

Myungtendo1
 「ミョンテンドー(명텐도)」というネーミングは、大統領の名前「ミョンバク(명박)」と「ニンテンドー(닌텐도)」とをもじったものです。

 「MB」は「ミョンバク」の頭文字。新聞記事などで普通に用いられている表現で、今の韓国では「MB」とあれば即「イ・ミョンバク」を連想できるのです。

 下の方の説明には、「ミョンテンドーMB」の特徴として、「閣下の意志を最大限に反映」して、


・左に行くのがお嫌いな閣下のために左回転ボタン除去 (画像の十字ボタンをよくご覧ください…)
・日本産照明システム「ニューライト」を基本装着 (「ニューライト」は中産階級や市民運動を重視する最近の右翼です。日本生まれで日本寄りとされる点もかすって…)
・2MB基本メモリー装着・拡張不可 (「2」は「イー(이)」なので、「2MB」=「イ・ミョンバク」です。ゆえに拡張不可…)

等々とあります。

 あはは、笑えますね~。良く出来たパロディです。発表当時、ネット上で大人気でした。

 そんな「ミョンテンドー」騒動から2か月余り、今度は本当に国内メーカーから携帯ゲーム機が発売されるというので、「ついに『ミョンテンドー』が出た」と話題になっているのです。
 記事の見出しが「ニンテンドーより高い?」となってるのは、販売価格が19万8千ウォンだから。

 韓国内での「ニンテンドーDS」の価格は、上記記事によれば15~17万ウォン。私が去年11月ソウルへ行った時には、こんなふうに売ってました。

Imgp5822
 広告の人物、右はアン・ソンギ、左はチャン・ドンゴンです。韓国を代表する映画スター2人を起用。

 これを見た時、親は子供に「ゲーム機なんてダメ」って言えなくなるんだろうな~と思いました。
 だって、アン・ソンギ先生がやってるんですよ。こんな楽しそうに。



 「ミョンテンドーMB」…じゃなくて、えーっと、「GP2Xウィズ」では、広告に芸能人を起用するのかな?

 でもって、この「ミョンテンドーMB」…じゃなくて、「GP2Xウィズ」、どのくらい予約が入ってるのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

パティシェリアから3品

 昨日、雅楽特別演奏会 の後、実家に用事があったので、新宿高島屋のパティシェリアへ寄って手土産を購入しました。手土産とは名ばかり、自分が味見したいがためです。

 私としては珍しく、名前と見た目で選んでみました。

Imgp6505_2


 ノリエットの「キールロワイヤル」 450円


 普通のロールケーキに見えますが、スポンジの中はシャンパンとカシスのムースです。すっきりとして優しい味。

 カクテルのキールロワイヤルはよく食前酒に飲まれますが、このケーキは「ケーキ前ケーキ」に最適です。お試しあれ。


Imgp6504_2


 パディスリー ミラベルの「サントノーレフランボワーズ」 450円


 土台は真中にサントノーレクリームを詰めたパイ生地、カラメルでプチシューを重ねて、フランボワーズ風味の生クリームをデコレート。いろいろな素材の味と食感が楽しめます。

 くっきりした酸味と香りのフランボワーズ生クリーム、絶品。


Imgp6503_2


 レピキュリアンの「ゴッドファーザー」 520円


 土台はアマレットとウィスキー風味のフィナンシェ。その上に、プラリネショコラクリームとセミドライフルーツの三段重ね。

 上から下までスッと切れるので、元の組立のまま口に運んで、味のハーモニーを楽しめます。計算し尽くしてます。すごいです。

 3つの中では一番甘いのですが、アマレットとチョコの香りに、様々な味と食感が絡み合う複雑な味わい。大人のケーキ、大人のデザートです。


 以上3品、本日のコーヒーブレイクに脳内で反芻してみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.19

[雅楽]春季雅楽特別演奏会

Imgp6500  友達に誘われて、雅楽の演奏会に行ってきました。

 演奏するのは、雅楽の本家本流、宮内庁式部職楽部。会場は、雅楽の本丸、皇居東御苑にある宮内庁楽部。

 一昨日、天皇皇后両陛下が出席したと ニュース になってました。今年の演奏会は「御結婚50年記念」「御即位20年記念」なのだそうです。


2009年4月19日(日)10時30分
宮内庁楽部(皇居東御苑内)
2階最前列下手寄り

 実は、楽部での雅楽の演奏会、以前一度だけ経験してます。でも、その時は何が何やらチンプンカンプンでした。
 今回は、雅楽通の友達の解説付き。悠久の時を越えて伝わる雅楽、存分に堪能しました。管絃(楽器だけの演奏)はなく、、舞楽2曲という番組構成でした。大曲の「太平楽」が演奏されるためだろう、とのこと。


「太平楽」
 左方(中国系)の舞で、剣や鉾を手に舞う武舞です。穏やかな文舞の 「万歳楽」と並んで有名な曲です。即位の礼では必ず演奏される曲ですが、一般には滅多に見る機会がないらしいです。甲冑も含めた装束( ニュース記事 に写真があります)の重さは15kgだそうで、体力的に大変な曲だとか。

 曲は「朝小子」「武昌楽」「合歓塩」の3曲を一具(序・破・急)にしたもので、それぞれが「道行」「破」「急」に当たります。雅楽にも「道行」があるとは知らなかった……。

 初めから終わりまで、とても面白い舞でした。4人の舞人が独特のリズムのステップを踏みながら、鉾を使ったり、剣をかざしたり、旋回したりするのですが、その一つ一つが力強くて、引きつけられてしまうのです。息を詰めて、一挙手一投足を見つめ続けてしまいました。

 上演時間は約40分。ですが、舞を見ている間は、時間が止まっているような感覚でした。15分だったと言われても、90分だったと言われても、あぁそうだったんだ、と思ったことでしょう。
 場内に笙(?)が鳴り響いた瞬間から舞人が退場するまで、別世界に飛ばされてたような、そんな心持ちでした。


「八仙」
 これは右方(朝鮮系)の舞で、4人で面をつけて舞います。鶴の舞なのだそうですが、仮面の見た目は狐? 装束の袍に鯉の文様がついているのがお茶目です。
 舞自体は、ゆったりとした動きを繰り返します。凛々しかった「太平楽」と比べると、穏やかで優雅な印象。たて続けに見比べたからこそ、そう思えるのですけれど。

 後半、4人全員が内向きで輪になって両手を上げる所作がありました。それまでとは全く違う動きだったので、おぉ、と思ってたら、やはりそこがクライマックス「急」にあたる箇所でした。4羽の鶴が羽を広げて飛んでいると解釈されてるようです。その後、舞は静かに収束して、舞人の退場となりました。

 上演時間は約20分だったでしょうか。これも見ている間は時間が止まっていて、正確なところはよく分かりませんでした。ただただ夢見心地。


 充実した演奏に圧倒されて、終演後しばらくは、何も言葉を発することができず、溜息ばかりついてました。春の日曜の午前、この上なく贅沢な時間。
 誘ってくれた友達に感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.18

涙目

 現在時刻、4月18日(土)午前1時30分。

 あ゛~~~っ!
 しまった、今日中(17日金曜)って締切の仕事があるのを忘れてたぁっっっ!!!

 歌舞伎座から帰って来たら、最優先でやらないといけなかったのに……。

 別件がトントン拍子で進んだのに気をよくしていて。
 たまってたメールの返事をサクサク書いちゃったりして。

 もちろん、スケジュールを確かめず、うっかりしてた自分が悪いのですが。

 今は、何より、こんなタイミングで思い出しちゃった、自分のハンパな記憶力が恨めしい……。ウッカリ ワスレタママ ネムッテシマイタカッタヨ。

 とりあえず、コーヒーいれてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

[歌舞伎]四月大歌舞伎 昼の部

Imgp6489  不思議なもので、授業をすると(以下省略)。

 というわけで、歌舞伎座昼の部行って、「岩手和牛ステーキ弁当」食べました。劇場でこんなにしっかり食べるのは久しぶり。



2009年4月17日(金)11時
歌舞伎座
3階1列中央

通し狂言「伽羅先代萩」

「花水橋」
 橋之助の頼兼、品はあるのですが、奥州五十四郡を背負う大名には見えません。生まれついての位の高さが感じられないのです。公的な身分の差が存在しない現代、橋之助に限らず、これからの歌舞伎役者の課題でしょう。

「竹の間」
 仁左衛門の八汐、いいですねぇ。憎らしくて、滑稽味もあって。だけど所作は素敵にキレイ。玉三郎の政岡の控え目で落ち着いたキレイさとバランスもよく。福助の沖の井が、予想外によかったです。きちんとやれば上手い人です。

「御殿」
 玉三郎が神妙に勤めてるのが、政岡の辛い立場をよく表わしてました。飯炊で我慢しないと、千松が殺された後の悲嘆が生きないですものね。「竹の間」に続いて、子役がしっかりしてるのなんのって。それはそれで安心して見てられるのですが、何やらかすかハラハラドキドキな役者の子の愛嬌も貴重なのだと再認識。

「床下」
 三津五郎の男之助はご馳走もの。っていうか、この人、今月これ一役だけ? 吉右衛門の仁木弾正、衣裳の色のせいか、影が薄くて妖しい印象。3階からで花道の引っ込みは初めの一くさりも全部は見えなかったのですが……仁木の引っ込みは難しいですね。

「対決」
 吉右衛門の仁木に仁左衛門の勝元で期待の一場でしたが、どうもスッキリしませんでした。勝元の長ゼリフ、仁左衛門には飽きさせずに聞かせる腕があるはずなのですけれど。吉右衛門の仁木も意外に平凡。

「刃傷」
 この場面を見る度に、テレビで見た二代目猿之助の仁木の凄まじい形相と鮮やかな決まりの型が思い浮かびます。床下、対決、刃傷といずれの場面でも、仁木は人間離れした本当に難しい役なのですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

[歌舞伎]四月大歌舞伎 夜の部

 不思議なもので、授業の後は精神的にも肉体的にも自分がカラッポになったような感覚に襲われます。そして、むやみやたらとお腹が空いたり、ひたすら本を読みたくなったり。
 きっと、講義って、自分の中にあるものを放出する行為なのでしょう。なので、放出後の空洞を何かで満たさねば、という気になるのだろうと思います。

 というわけで、講義の後に行ってきました。歌舞伎座夜の部。


2009年4月15日(水)16時30分
歌舞伎座
3階2列18番

「彦山権現誓助剣」毛谷村
 手堅くまとまって楽しめた一幕でした。吉右衛門の六助が洗練されすぎて、素朴さにやや欠けるのが難と言えば難。吉之丞のお幸の品格はこの人ならではで、もっと見ておきたい役者さんです。

「廓文章」吉田屋
 伊左衛門の仁左衛門、吉田屋主の我當、吉田屋女房の秀太郎と、三兄弟が舞台に揃っただけで満足できてしまう一幕。三人のじゃらじゃらしたやりとりをこのまま一時間ぐらい見続けていたいと思ったほど。伊左衛門が座敷をいくつも越えて夕霧の様子を見に行く件が何回もあったり、伊左衛門の万歳の踊りがあったり、たっぷり見せてくれました。この芝居ってコメディなのだなぁと改めて思いました。
 夕霧の玉三郎、控え目な芝居に徹してたのが、この人には珍しく、遊女の哀感が感じられてよかったです。何と言ってもキレイだし。

「曽根崎心中」
 「吉田屋」の後に「曽根崎心中」ってクドいなぁと思っていたら、宇野信夫脚色の「曽根崎心中」でした。ん~、何か、番組立ての中途半端さが拭い切れないです。「時代物・所作事・世話物」とあるべきところを「時代物・世話物・新派」にしちゃった、みたいな。

 藤十郎・翫雀のお初・徳兵衛は何度も見てるし、今さら目新しいこともなく。橋之助の九平次は……新派風だから、ま、いいです。でも、我當で見たかった気もします。その我當が、宇野信夫脚本では「いい人」になってる徳兵衛の叔父・平野屋久右衛門に回ってるだけに。我當が実はいい人で、橋之助が嫌味なライバルって、何だか訳分かんなくなってしまいました。脚本が今イチなのか、役者が今イチなのか、結局ニンでないのか……。

 終演は21時24分。やっぱり世話物二つってツライと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

秘密の花園?

 今学期は某女子大にも出講します。
 明日が初回の講義ですが……未だにキャンパス内のどこへ行けばよいのか把握できてません。いえ、目指すべき所は分かってるのですが、それがどこにあるのか分かりません。

 だって、この大学、大学の構内図を公開してないみたいなのです。普通、大学のサイトには、大学までの交通案内と合わせて大学構内のキャンパスマップも載っているものなのですけれど。

 部外者お断り、なんでしょうね。やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

韓国版ブロードウェイ

 韓国演劇<箱物>情報 の「韓国版ブロードウェイ」の続報です。
 聯合ニュースの日本語サイトに翻訳記事が出ると思ったのですが、出てこないようなので全文翻訳紹介しておきます。


仁川市、9兆ウォン規模の永宗複合文化団地造成
 聯合ニュース 2009.04.13

 5億ドル誘致「ブロードウェイ」造成協約締結

(仁川=聯合ニュース)キム・ミョンギュン記者=仁川経済自由区域・永宗地区に2013年までに総9兆ウォンを投入、韓国版ブロードウェイを建設するアジア最大の「永宗ブロードウェイ複合文化団地」造成事業が推進される。

 仁川市は、アジア最大のミュージカル・ハブである複合文化団地・永宗ブロードウェイ造成事業のために、中東系投資会社である「エングルウッド・ホールディングス」と5億ドル規模の投資協約を13日結んだと明らかにした。

 この日の午前、ソウル・ロッテホテルで開かれた協約式には、アン・サンス仁川市長とキム・ドンギ仁川都市開発公社社長、アリイブラヒム・モハメッド エングルウッド・ホールディングス会長が参席した。

 アン・サンス市長は「永宗ブロードウェイ複合文化団地造成は、仁川がアジア最高の国際文化ビジネス都市として成長しうる絶好の機会になるだろう」と語った。

 今度の事業は、エングルウッド・ホールディングスを始め、ビズ・ドバイ開発会社であるドバイの国営開発企業体「エマール・グループ」等、代表的な投資グループも投資に参与する。

 これらの投資会社は、仁川・永宗ハヌル都市内クウプ船着場付近の敷地58万4千余㎡を開発事業者である韓国土地公社と仁川都市開発公社から購入し、2013年までに延面積447万余㎡規模に海外投資資本と国内資本等9兆ウォンを投入、文化と芸術、エンターテイメントをテーマとした複合団地を作る計画だ。

 複合文化団地は、アメリカ・ニューヨークのブロードウェイのようなミュージカル専用劇場14か所と、公演芸術テーマパーク、野外公演場等の文化空間、ホテルとオフィステル等の宿泊及びビジネス施設をそれぞれ備える予定だ。

 また、複合文化団地の緑地空間確保は、造成段階ですでに成長した植物を植栽して、初めから完成された緑地を作る。各建物で使用する電気及び水は、太陽光及び水の再活用システムを通して供給するという方針だ。

 市とエングルウッド・ホールディングスは、複合文化団地の造成が終わり次第、国際ビジネス団地育成のため、世界的な多国籍企業を誘致し、年間2回の国際博覧会及びカンファレンスも開く計画だ。

 エングルウッド・ホールディングス関係者は、「永宗島は国際空港、港湾、ソウルを三角形に連結する戦略的要衝にあり、東北アジア国際ビジネス都市の座を獲得するものと期待して、投資を決心した」と述べた。

 一方、エングルウッド・ホールディングスは、この日、仁川市と投資基本協約を結んだのに続き、来る11月、土地購入契約を締結、来年1月から分譲及び着工に取りかかる予定だ。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 別記事(聯合ニュース、2009.04.13)には鳥瞰図の完成イメージが載ってました。

 じゃーん! これが「韓国版ブロードウェイ」だ!

Kbw



 えー、思うところはいろいろあります。

 釜山の広安里みたい?
 ブロードウェイって、意図して作り出せるものなんでしょうか?
 劇場14個、誰がどう運営していくんでしょう?
 クウプ船着場付近って、交通不便だと思うのだけど……。
 資金はドバイのオイルマネー? ドバイの建築不況報道は?
 日本でこういう発想が出てこないのはなぜ?
 カジノ作って「韓国版ラスベガス」にするのはどう? 経営的に。

 とにかく今後も注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新大久保にて

 日曜夜、韓国好き、芝居好きが新大久保に集まりました。

Imgp6477
 ボッサムとスンデ


Imgp6478
 チョッパル


Imgp6481
 パッピンス
 キングサイズ
 5人分です



 美味しかった~。
 楽しかった~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

[演劇]蜉蝣峠

 クドカン初の時代劇、クドカン初の<劇団☆新感線>提供作品。「いのうえ歌舞伎・壊(Punk)」と銘打った「蜉蝣峠」。
 つい先ごろ「鈍獣」の舞台のDVDを繰り返し見ました。好き嫌いがはっきり分かれそうなクドカン独特の世界。いのうえ歌舞伎でも健在でした。


2009年4月11日(土)18時
赤坂ACTシアター
2階A列22番

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、堤真一、高岡早紀、勝地涼、木村了、梶原善、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅん、他

 訳分かんないしょーもない導入部から、見る者をいつの間にか作品世界に引きずり込んで行く繊細な力技が素晴らしい。小ネタとして織り込まれたギャグに呆れたり笑ったりしてる内に、きっちり構成されてる作品世界へ取り込まれちゃいました。

 カットバックの手法を利用して同じ場面が2回演じられるのが、脚本でよく練られている上に演出も工夫されていて面白かったです。闇太郎(古田新太)ががめ吉(梶原善)から握り飯もらう件とか、お泪(高岡早紀)の父母が死ぬ場面とか、闇太郎の母が登場するところとか。

 映像の使い方も巧み。基本的には生の舞台で映像使うのは好きじゃないんですけど、新感線は毎回感心してます。毎度お馴染みタイトル部分はもちろん、登場人物の移動や回想イメージにも使われていて、カッコ良かったり、コミカルだったり。

 それから、振付(川崎悦子)がとてもよかったです。アンサンブルの動き、歌謡ショーの振付、どれも見た目に新鮮で面白い。個々の動きはどこかで見たような型でも、組み合わせ方と間がよいのだろうな~と思いました。

 登場人物のキャラは流石先生(粟根まこと)がお気に入り。あれ、「トンマッコル」のキム先生でしょ~。

 開演前は死ぬほど眠かったのが、開演直後から3時間、パッチリ眼を見開いてました。
 馴染めないタイプの作品のはずなんですけれど……とても面白かったです。

 今年12月の歌舞伎座はクドカン書き下ろし作品?という噂があります。今回の舞台を見て、クドカン歌舞伎の実現が楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

赤坂より

携帯からです。
赤坂ACTに来てます。劇団☆新感線です。

が、死ぬほど眠い…。芝居ちゃんと見られるんでしょうか。

財布がほとんど空っぽでコーヒーも買えません。

情けなや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪口才な

 昨日、「マスターズのエントリー が完了しました」という連絡が来ました。

 マスターズ水泳 の大会は、チーム単位で参加登録をします。

 私の場合、高校時代の水泳部OBが作っているマスターズのためのチームからエントリーしてます。全員が競泳経験者ですから、日頃の練習は各自勝手にやっていて、大会当日に結集する「チーム」です。

 今度の大会の参加者は9名。OBの集まりなので年齢層は幅広く、上は50代から下はハタチそこそこまで。バラバラの参加者をとりまとめて、幹事さんが大会情報の伝達やエントリー手続きをやってくれてます。いつもお世話様です、K君。

 そのK君が、「エントリー完了」の連絡と一緒に、こんな情報を伝えてくれました。

 私と同じ400m自由形にエントリーしてる後輩が、

「400Frで加藤さんに負けるようなことがあったら、打ち上げ代をすべて僕が出します」

と宣言したんだそうで。

 ふふふふふ。
 現役時代、飲食(チョコパフェ、ピザ、ココア等々)賭けた勝負には一度も負けたことがないワタクシ。

 火に油を注いでくれて、ありがとうです。Sクン。
 19歳年下男子からの挑戦、堂々受けて立ちますよ。ふふ。

 大会当日まであと29日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

韓国演劇情報/09.04.10

 今回は、韓国演劇<箱物>情報です。


仁川・永宗島に韓国型ブロードウェイ
 アジア経済 2009.04.08

 仁川経済庁と仁川都市開発公社が、アングルウッド・ホールディングス(앵글우드 홀딩스、中東の投資会社らしいです)から5億ドル規模の投資を誘致して、永宗島(영종도)に韓国版ブロードウェイを開発することで合意し、13日に基本協約を締結するとのこと。

 この開発計画は、総面積58万4475㎡、ミュージカル劇場を始め、テーマパーク、芸術学校、オフィスビル、複合施設、ビジネスセンター、業務・観光施設を建設する予定。

 別の記事( ヘラルド経済、2009.04.10 )によれば、中心となるのは14のミュージカル劇場で、RUC、ウォルトディズニーシアトリカルなどのオリジナルチーム公演、新作公演を誘致する計画もあるとか。

 実現すれば素晴らしいことだと思うのですが……話が大きすぎて……。今後の成り行きに注目したいと思います。

明洞芸術劇場、ミュージカル・演劇専用劇場、続々開館
 ノーカットニュース 2009.04.08

 明洞芸術劇場、演劇専用のアルコシティー劇場、ミュージカル専用劇場など、新しい劇場が次々とオープンする予定だそうです。

 明洞芸術劇場は、3年間の復元工事を終えて、6月5日開館予定。最新の音響・舞台施設を備えた 552席の中劇場。カフェとレストランも併設。
 杮落しは、演劇「孟進士宅慶事(맹진사댁 경사)」(作:オ・ヨンジン/오영진、演出:イ・ビョンフン/이병훈)。
 これ、映画になってる作品ですね。シン・グ(신구)が出演するそうですし、見たい~。

 大学路では、アルコシティー劇場が演劇専用劇場としてオープン。正式な杮落しは、演劇「爾(이)」(作・演出:キム・テウン/김태웅、6月11日~7月8日、大劇場)と演劇「薛公瓚傳(설공찬전)」(演出:イ・ヘジェ/이해제、6月4日~20日、小劇場)の二作だそうです。
 「爾(이)」は、これまた映画「王の男」の原作演劇ですね。2006年の舞台を見ましたが、映画とはまた別の面白さがあり、コンギルのキム・ホヨン(김호영)が魅力的でした。また見たいなぁ。

 三成洞には、PMCプロダクションが800席規模のミュージカル専用劇場「コエックス・アーティウム(코엑스 아티움)」をオープン。杮落しは「兄弟は勇敢だった(형제는 용감했다)」。

 ジョアミュージカルカンパニー(조아뮤지컬컴퍼니)は、新村に500席規模の中劇場「アートレオン(아트레온)」をオープン。ミュージカルヘブン(뮤지컬해븐)の運営で小劇場「ザ・ステージ(더 스테이지)」も開館予定。

 CJエンターテイメントも、今年末、大学路の東崇アートセンター並びに「CJアートホール(CJ아트홀)」を作るとのこと。

 えーっと、結局、全部でいくつ開館するんでしょうか? 5つ? 大小すべて数え挙げると7つ? 
 でもって、さらに韓国型ブロードウェイに劇場14個?

 韓国の演劇界って、もしかして空前の大好況を迎えてるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

今年は何人?

 実質的な新学期が始まりつつあります。私の担当の講義も来週からスタートです。

 今週は学生の履修登録が進行中のはずです。どのくらいの人数になるのか、こればっかりはフタを開けてみないと分かりません。

 昨年度は登録人数 324人という大人数講義でした。こうなると、様々な場面で「大人数」の影響が出ます。

 講義用のハンドアウトをコピーする手間暇。実際の作業は大学が大人数講義につけてくれるアシスタントに頼めたのですけれど、それにしても、毎週毎週、α枚×330人分のコピーとなると、作業時間を見込んで早めに手配する必要が。

 出席取るのも大変でした。専用の機械があって、学生が自分で学生証のバーコードをピッ!とやるだけなんですが、その機械を回してる間は教室内がザワザワして落ち着きません。機械を同時に5個回して、1個当たり60人。一人平均10秒で次へ回すとして、600秒=10分。90分授業の「10分」は貴重です。

 その一方で、毎週必ず授業の後に、「学生証忘れました……」と言ってくる学生が何人も現れます。割合として2~3%程度で、決して多いわけではありません。でも、せっかく機械&教務が出席管理してくれてるのに、毎回5~10人分の出席データを自分で別途管理するのって結構面倒。

 学期末には、段ボールでドーンとレポートが送られてきました。300人分のレポートに目を通すのに必要な時間はどれほど? さらに、出席データ、授業中に毎回書かせたコメントペーパーをチェックするのに必要な時間は?
 最終的に、出席点・平常点(コメントペーパー)・レポート点を合計して成績を確定。web上で入力します。取り違えミスは許されないので、相当に気を使いました。50人ぐらいならミスの可能性なんてほとんど心配ないのですけれど。

 うーん。去年を振り返ったら、疲労感がどっと……。

 今年度の登録人数は何人になりますことやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.08

ワイヤレスゲート

 WIRELESS GATE に加入してみました。
 外出先で、Yahoo!BB や livedoor Wireless の無線LANスポットが使えるサービスです。

 これまで、どうしても出先でネットしたい時には、@nifty ID で公衆無線LAN を利用してました。でも、このサービスは1分8.4円という従量制の課金がかかる仕組。ちょっとメールチェック、はできても、インターネットにつなぎっ放しで調べもの、という訳にはいきませんでした。

 その点、今回加入した WIRELESS GATE は、定額使い放題。ヨドバシカメラオリジナルプラン で申し込むと月額380円(税込)で、別途のプロバイダも通信機器も必要ありません。

 早速、韓国語レッスンの後、ルノアールで試してみました。加入手続きと同時にインストールした接続ソフトを起動すると、自動的に無線LANに接続されます。超簡単。

 380円ポッキリなら、一か月に46分以上使えば @nifty のサービスより割安になる計算です。あまりに安くて、どこかに落とし穴がありそうな気がして、説明書を何度も読み返しちゃいました。今の所、落とし穴は見つかってません。ある日突然足元が陥没するのかもしれませんが。

 マクドナルド、ドトール、ルノアール、NewYorker's Cafe、Beck's 等々、カフェで利用できるので、かなり使えると思います。山手線内の地域では、道端でも接続できるらしいです。

 観世能楽堂は livedoor Wireless が入りそう。今度行ったら試してみなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

[演劇]夜は短し歩けよ乙女

↓ web KADOKAWA から借りて来ました。

Yoruoto1


「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。(文庫本内容紹介より)



 下鴨神社って古本市やってるんだ……。不覚。

 原作小説をあえて読まずに行ってきました。アトリエ・ダンカンプロデュース「夜は短し歩けよ乙女」。

 劇場ロビーにて仕事でお世話になってる方とばったり。最近この手のことが多くて、劇場でボーッとしてられません。ちと辛い。


4月6日(月)19時
東京グローブ座
1階M列46番

原作:森見登美彦
脚本・演出:東憲司
出演:田中美保、渡部豪太、ベンガル、辺見えみり、綾田俊樹、高山都、西村直人、宮菜穂子、原口健太郎、板垣桃子、他

 よかったところ。京都の街並と叡山電車3階重ねの舞台美術。渡部豪太(先輩)のセリフ(ちょっと噛んだけど)、田中美保(黒髪の乙女)の姿勢(さすがモデル)、ベンガル(李白)のメイクと細かい芝居、原口健太郎(樋口)と辺見えみり(羽貫)の安定した芝居。西村直人(パンツ総番長)のアフタートークでのフォロー。

 面白かったこと。アフタートークでの一問一答。
 西村直人「ご飯に何かけて食べるのが好きですか?」
 渡部豪太「お酢。」
 田中美保「何もかけたくないです。」

 セリフの日本語がグダグダ(表現の呼応がヘン)なのは、原作の文体・表現を踏襲してるのか、脚本の問題なのか、原作未読のため不明です。
 これからゆっくり小説読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

韓国映画情報/09.04.06

 前回 のに書きそびれたものです。映画タイトルのチェックが間に合わなくて。
 この情報が誰の役に立つんでしょ、って感じですが。


シン・サンオク監督3周忌、追慕映画上映会&追慕行事開催
 日刊芸能スポーツ 09.04.04

 4月8日~19日まで、シン・サンオク(신상옥・申相玉)監督記念事業会が韓国映像資料院の後援により同資料院内で追悼上映会と追悼イベントを開催するそうです。

 追悼イベントは4月11日(土)午後5時から。

 映画上映スケジュールは下記の通り。
 (上映は各回午後2時・5時・8時)

4月8日(水)「帰らざる密使(北)」「烈女門」「愛、愛、私の愛(北)」
4月9日(木)「脱出記(北)」「塩(北)」「プルガサリ(北)」
4月10日(金)「孝女沈清」「清日戦争と閔妃」「無宿者」
4月11日(土)「成春香」、追悼イベント、「塩(北)」
4月12日(日)「プルガサリ(北)」「忍者キッド2」「燕山君-壮漢思慕編」
4月14日(火)「愛、愛、私の愛(北)」「無宿者」「脱出記(北)」
4月15日(水)「漢江」「忍者キッド2」「塩(北)」
4月16日(木)「清日戦争と閔妃」「真由美」「烈女門」
4月17日(金)「成春香」「燕山君-壮漢思慕編」「離別」
4月18日(土)「脱出記(北)」「愛、愛、私の愛(北)」「帰らざる密使(北)」
4月19日(日)「孝女沈清」「漢江」「冬の物語」

 シン・サンオク監督の作品は、2007年に韓国で「シン・サンオク コレクション」というDVDボックスが発売されてますが、上記ラインナップと重なってるのは「成春香」だけ。単独で販売されているDVDは、多分、昨年末に出た「真由美」のみです。

 あぁ、ソウルにいれば通うのに……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.04.05

ブログ「ようこそ!SWU」

 昨日の記事 で、「テンジャン女」に関するブログ記事 を紹介しましたところ、「このブログ、何?」という趣旨の質問メールをいただきまして……。

 「ようこそ!SWU」 というブログは、当時ソウル女子大学校に勤務していた私が、学生指導の一環として作成・運営していたものです。
 ブログを立ち上げた目的は、日本語作文能力の向上、日本人とのコミュニケーションの実践、情報や主張を自ら発信する力の養成、などでした。

 現在は更新停止してまして、記事内容は2年半前のものですが、学生が四苦八苦しながら書いた文章、今読んでもそれなりに面白いと思います。

 皆さまのご訪問を心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

韓国映画情報/09.04.04

 間が空いてしまいましたが、最近の韓国映画情報です。

 あ、前回の情報 で、「こうもり」と同時に4月30日公開とお伝えした「キム氏漂流記」、5月14日に公開延期されてます。4月は話題作が続々公開されるため、製作・配給側で競争を避けたようです。
カン・ウソク「4月、韓国映画とは争わない」、「キム氏漂流記」公開日電撃延期
 スターニュース 2009.03.23

 では、例によってリンク先は韓国語、リンクはすぐ切れちゃうかもしれません。ご容赦のほどを。


リュ・スンボム、ソル・ギョングとスリラー映画で演技の真っ向対決
 スターニュース 2009.04.04

 演技派俳優リュ・スンボム(류승범)が、映画「許しはしない(용서는 없다)」(監督キム・ヒョンジュン(김형준))に出演確定、先輩のソル・ギョング(설경구)と真っ向対決を繰り広げる予定で注目されているとのこと。

 この映画は、殺人犯を追う捜査官を描いた犯罪スリラー。ソル・ギョングが国立科学捜査研究所員、リュ・スンボムはソル・ギョングと対峙して心理戦を行う人物の役。カン・ウソク(강우석)監督が投資を決めているとのことで、なかなかの大作になりそうな予感。


イ・ヨウォン「テンジャン女」になる…イ・ドンウクと映画「テンジャン」で息もぴったり
 OSEN 2009.04.01

 映画「テンジャン(된장)」(イ・ソグン(이서군)監督、チャン・ジン(장진)、イ・ソグン脚本)は一人の死刑囚をめぐるミステリーメロドラマ。死刑囚が死ぬ直前に「もう一度味わいたい」と言ったテンジャンチゲに疑問を持った一人のプロデューサー。彼がこの事件を調査していくと、隠された驚くべき真実と対面することになる

 何だか、とっても面白そうなんですけど……。

 イ・ヨウォンは、味わった人が誰でも涙を流すほど美味しいテンジャンの秘法を得ている神秘的な女性という設定。

 ますます面白そうなんですけど……。

 ちなみに記事タイトルの「テンジャン女(된장녀)」は、数年前に韓国で流行した言葉です。その時の言葉の意味と今回の映画の内容は関係なさそうですけど、テンジャンの秘法を会得してる女だから「テンジャン女」って面白おかしく表現してみたのでしょう。
 流行語「テンジャン女」の意味を知りたい方は こちら へどうぞ。ソウル女子大で教えていた当時、研究会活動で学生が書いたブログ記事です。


映画「海雲台」、タイなど11カ国に先行販売
 聯合ニュース 2009.03.30

 韓国型のパニック映画ブロックバスター「海雲台(해운대)」が、香港フィルムマーケットで11カ国に先行販売されたそうです。具体的には、タイ、インド、インドネシア、フィリピン、スリランカ、パキスタン、バングラデッシュ、ネパール、ベトナムなど11カ国。

 そこまで書くなら、あと2カ国も明記して~。それにしても、よく売れましたね。巨大な津波が海雲台を襲う話なのですが、東南アジアではパニック映画が好まれるんでしょうか?

 この映画、2月のベルリン国際映画祭期間中に開かれたヨーロピアンフィルムマーケットで、チェコ、トルコ、マレーシア、シンガポールの4カ国に売れているそうで、合計15カ国へ輸出されることになります。

 韓国内での公開は7月の予定。出演は、ソル・ギョング(설경구)、ハ・ジウォン(하지원)、パク・チュンフン(박중훈)、オム・ジョンファ(엄정화)と豪華キャストなんですよねぇ。見に行きたいな~。(ソル・ギョングのファンとしては万難を廃して見に行かねば?)


国務会議、人権委の人員を21%削減
 ハンギョレ 2009.03.30

 政府は30日午後、国家人権委員会(人権委)の定員を208名から164名に減らす案を議決したそうです。これにより業務縮小は避けられない見通しとのこと。

 このニュースのどこが映画ネタ?って感じですが、韓国の国家人権委員会はこれまでに「人権」をテーマにした短編オムニバス映画を3本も製作しているのです。

 「もしあなたなら~6つの視線(여섯 개의 시선)」(2003年)
 「5つの視線(다섯 개의 시선)」(2005年)
 「三番目の視線(세번째 시선)」(2007年)

 これが、何と言ってもお上のお仕事、韓国を代表する映画監督に依頼してるものですから、結果的に、名だたる監督たちが競作した傑作短編集になってるんですね。

 人権委の人員削減により、実績ある映画製作も中止されてしまうのではないかと、映画界・映画ファンの間で危惧されています。パク・チャヌク(박찬욱)監督、チャン・ジン(장진)監督など41人が、韓国の人権意識はまだ不十分、と人員縮小に抗議したそうです。

 人権委製作の映画、機会があれば是非ご覧下さい。面白いです。第一作「もしあなたなら~6つの視線」は、日本でもDVDが出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

お支払いは?

 最近、いろいろな仕事の依頼をいただいてます。
 で、こんな質問を受けるようになりました。

 「どのくらいお支払いするのがよろしいでしょうか?」

 聞かれる度に悩んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.02

広州旅行の写真

 先月の広州旅行の写真をウェブアルバムにしました。

 タイトルは 「2009広州」 、全部で162枚 163枚(お土産の中国茶の写真を付け加えました)、それぞれに簡単なコメントをつけてあります。

 ご用とお急ぎのない方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

マスターズにエントリー

 と言っても、オーガスタの石川遼君の話ではありません。

 マスターズはマスターズでも、マスターズ水泳 です。
 来る5月10日(日)に行われる東京ドームマスターズ大会にエントリーすることにしました。

 参加する気になったのには、理由があります。

 1. 前々から誘われていた。
 2. 目標なしに練習するのがつまらなくなった。
 3. 身近に二人も「フルマラソンを完走した」人が現れた。

 1&2は、以前からのことです。なので、内心では、そのうちマスターズに参加しよう、と前々から思ってました。何と言っても競泳経験者。雀百までです。

 今回、そんな私の背中をドーンと押してくれたのが、3のフルマラソン完走者。
 マラソンブームとはいえ、この数か月の間に、身近に二人もフルマラソン経験者が現れるとは。二人とも女性、二人とも海外マラソン、二人ともマラソンどころじゃない(と普通は思う)ような状況でチャレンジして完走です。すごいです。

 で、私も目標作って泳ごうかな、なんて思ったのです。
 だって、「マラソンやりません?」なんて言われてはねぇ。マラソンよりまずマスターズ出ないと。私の場合。

 というわけで、マスターズ・デビューします。エントリー種目は400m自由形、エントリータイムの6分30秒を上回るのが目標です。

 大会当日まであと39日(4月1日現在)。
 しっかり練習しなくては。

 なお、これはエイプリールフール記事ではありません。
 念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »