« これから韓国語 | トップページ | [演劇]ボン・ボヤージュ »

2009.05.29

[文楽]五月公演 第二部

 5月18日(月)、 第一部 から続けての観劇でした。
 歌舞伎でも文楽でも、一日通して見るにはかなり体力必要です。ずっと座ってるだけなのですけれど。一日通しの体力・気力、いつまで維持できるでしょうねぇ。ん?第一部で舟漕いだのは、もうムリって証では?


2009年5月18日(月)16時
国立小劇場
11列、だったような

『ひらかな盛衰記』
 原作二段目と四段目、梶原源太と傾城梅ヶ枝の筋を通した半通し上演です。上演機会の少ない場面をじっくり聴けてよかったです。
 印象強かった部分のみ簡潔に。

「先陣問答の段」
 曲節ついてきた呂勢の語りと音が重くなってきた宗助の三味線、これから先の変化を楽しみに面白く聴いた一段でした。

「源太勘当の段」
 千歳、母の延寿がよかったです。源太を勘当して泣き笑い。品格もあり、情もあり。
 もう10年ほど前になるでしょうか、「忠臣蔵」の勘平腹切を聴いた時も、お軽の母がすごくよかった。時代世話問わず、婆が得意な太夫さんなんですよねぇ。

「神崎揚屋の段」
 嶋大夫、本公演での「神崎揚屋」は初めてとのこと。体調が気がかりな太夫さんですが(御年取って77歳ですしねぇ)、無間の鐘に見立てた手水鉢を打つ件まで気力あふれる語りでした。

|

« これから韓国語 | トップページ | [演劇]ボン・ボヤージュ »

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/45167666

この記事へのトラックバック一覧です: [文楽]五月公演 第二部:

« これから韓国語 | トップページ | [演劇]ボン・ボヤージュ »