« 総括報告-Masters5 | トップページ | 今日は歌舞伎座 »

2009.05.11

異界の化物

 以前、「こんな仕事もしてます」と、カミングアウト したことのある古文書セミナー。
 この四月から『怪物(ばけもの)つれづれ雑談』という黄表紙をテキストにしています。タイトルから想像つく通り、怪談奇談を集めた短編集。

 関連して、最近こんな本を読んでます。

Imgp6520

 高田衛 編・校注
 『江戸怪談集 上・中・下』
 (岩波文庫 黄257)


 実は、どうして怪談を選んだのか、自分で自分の選択の理由に謎を感じてました。仕事のテーマを広げ過ぎてるような気もしたし。
 が、よくよく考えてみれば、私は江戸時代の人にとっての異人や異界に関心がありまして、化物もその範疇なんですね。

 思考の盲点をぼんやりした勘がカバーした形でした。
 人の選択って、どこかにそれなりの根拠があるものなんでしょうね。

|

« 総括報告-Masters5 | トップページ | 今日は歌舞伎座 »

仕事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

江戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/44941052

この記事へのトラックバック一覧です: 異界の化物:

« 総括報告-Masters5 | トップページ | 今日は歌舞伎座 »