« 韓国外換銀行のネットバンキング | トップページ | 外換銀行ネット振込成功しました »

2009.08.06

大坂豪商のお墓巡り(2)

 大坂豪商のお墓巡り(1) からの続きです。

 心斎橋のホテルをチェックアウト。大坂豪商お墓巡りへ出かけます。まずは長堀緑地線で谷町六丁目へ。ここが散策のスタート地点です。

 最初に訪れたのは、江戸時代を通じて大両替商だった平野屋五兵衛家(平五)の五兵衛道頓のお墓。真田山公園の近く、天王寺区餌差町の西念寺にあります。「釋宗賢」と法名が刻まれた中央の墓がそれです。「平野屋」は屋号で、姓は「高木」なので、両側の墓には「高木」の文字が見えます。

Imgp6694
西念寺内の平五のお墓。


 お墓探訪、お寺にたどりついてから、目当てのお墓を探し出すのに時間がかかります。観光地として整備されて案内板が立っていればすぐ分かりますが、そうでなければ、古そうなお墓に狙いを絞って一つ一つ墓石を確認していくしかありません。墓石の正面に俗名が刻まれていることはまずありません。側面や背面に俗名が刻まれていても、風化して文字が読めなかったりすることも多いです。

 ここ、西念寺では、寺内をうろうろしてたら、お寺さんが「何かお探しですか?」と声をかけて下さったので、「あの江戸時代の、平野屋五兵衛の……」と言ったら、すぐに教えてくれました。

 お寺さんの仰るには、平野屋五兵衛家は「西郷隆盛つう悪い奴」に貸金を踏み倒されて没落した、とのこと。

 江戸時代の歌人・熊谷直好、和算の村井伊兵衛の墓もあります。村井伊兵衛の墓には解説板が立ってました。

 西念寺から上町筋へ出て実相寺(上本町4丁目)、さらに進んで谷町筋の久本寺(谷町8丁目)へ。実相寺には住友家初代政友や住友家一族の墓があります。久本寺には、住友家の二代目友以の墓、平野屋五兵衛と並び称された天王寺屋五兵衛の墓があります。が、どちらも門が閉じていて、中は拝めませんでした。残念。

Imgp6697
久本寺の山門。本堂工事中でした。


 実相寺から久本寺へ向かう途中で、谷町8丁目にある近松門左衛門のお墓にお参り。ガソリンスタンドの脇の細い路地奥にひっそりとお墓が残されています。
 元々は近くの妙法寺にあったのですが、妙法寺が移転、近松のお墓だけをここに保存整備したものです。

Imgp6700
谷町筋に面した路地の入口。この奥、左手にお墓があります。


 お墓の写真は こちら でどうぞ。

 近松の墓は、菩提寺と伝わる尼崎の広済寺にもあります。こちらもその昔ぶらっと出かけて行ったことがあるのですが、何だかとても遠かったような記憶が……。

 (3)に続きます。


☆関連記事
 大坂豪商のお墓巡り(1)
 大坂豪商のお墓巡り(3)
 大坂豪商のお墓巡り(4)
 大坂豪商のお墓巡り(5了)
 谷町八丁目と言えば

|

« 韓国外換銀行のネットバンキング | トップページ | 外換銀行ネット振込成功しました »

旅行」カテゴリの記事

江戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/45845573

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂豪商のお墓巡り(2):

« 韓国外換銀行のネットバンキング | トップページ | 外換銀行ネット振込成功しました »