« 被仕向送金手数料 | トップページ | 講義で使う映像 »

2009.10.06

最近読んだ/読んでる小説

 ちょうど一週間前の先週火曜日、私としては珍しく、パワーランチ なるものに参加してきました。全然畑違いの方々のお話 が聞けて、よい刺激になりました。ジャンルを問わず、物事を進展させる力のある人は、四六時中そのことを考えてるのだな~と。当たり前のことですが、雑事に追われがちな日常で難しいことでもあります。

 このパワーランチでは、各自が本を持参して交換するというご趣向がありまして、私がゲットした本はこちらの3冊。

Imgp6771

 どれも、自分では買わない本or手に取らないであろう本、というところがミソです。
 悩みは、今のところ読む時間が取れないこと……。

 では逆に、最近、自分で手に入れた本orせっせと読んでいる本、と言えば。

Imgp6775

 左は、恩田陸『チョコレートコスモス』。小説版『ガラスの仮面』などと言われている、天才演劇少女を主人公とした話です。2004~05年に『サンデー毎日』に連載され、2006年に単行本で出版。当時はソウル在住で、手にする機会がありませんでした。
 先日たまたまテレビで爆笑問題の太田光が推奨してるのを見て、そうだ、あれ読もう、と思い立って早速入手。小説類は電車の中でしか読む時間が取れないのですが、幸い先週国分寺での仕事があり、往復の車中で一気に読了。面白かった~。

 演劇界のバックステージ物としての面白さがあり、30年以上追っかけてる演劇マンガ『ガラスの仮面』の世界を2~3時間でダイジェスト体験できるような楽しさもあり。『ガラスの仮面』同様、「オーディション」の場面は圧巻です。
 現在版元品切中のようですが、紀伊国屋書店が「10月初めに入荷予定」と言ってましたので、増刷が決まってるのかもしれません。

 右は、前に紹介したことのある韓国のベストセラー小説『国家の私生活』。現在3分の1ほど読み進んだところですが、非常に興味深い内容です。これは映画化実現してほしいなぁ。
 約250頁で49章(1章平均5頁!)。韓国語非ネイティブには取っつきやすくて有難い構成です。それでも、そろそろ人物関係図を作らないとストーリーが分からなくなりそう。先が楽しみな一冊です。

☆関連記事
 韓国映画情報/09.07.29(チャン・ジン監督、小説『国家の私生活』を映画で製作)

|

« 被仕向送金手数料 | トップページ | 講義で使う映像 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46411895

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ/読んでる小説:

« 被仕向送金手数料 | トップページ | 講義で使う映像 »