« 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD | トップページ | 最近読んだ/読んでる小説 »

2009.10.05

被仕向送金手数料

 4日(日)夜、40分程泳いだら、交感神経が刺激されちゃったのか、丑三つ時にも全く眠くならず。それならいっそこの時間を有効活用しようと、夜中の3時から原稿の校正を始めてしまいました。朝6時に終えて、メールで送信。

 昼間は、連休明けが締切の原稿を作成。

 合間に韓国への韓国語メールを一通書きました。
 仕事関係の知人から頼まれて日本から物品を送り、その代金振込先の銀行口座を知らせるメールです。韓国からの送金は何度か経験済みで、銀行の SWIFT CODE や英文表記の支店住所など、海外送金に必要な口座情報はまとめてあります。そのデータをメールにコピーすればOK。
 ところが、今回は受取側の銀行に払う手数料「被仕向送金手数料」を先方に負担してもらいたく、その旨を伝えるため、メールの文面作成にちょっと手こずりました。

 「被仕向送金手数料」は、「円為替取扱手数料」と「外貨取扱手数料」の合計で 4,000円。元々の送金額が 15,000円程度なのに、その手数料が 4,000円って、日本の感覚でも相当な割高感があります。昨今の円高で、韓国では5万ウォン以上になるはず。送金側銀行の手数料も別に必要なわけで、個人で支払っているのであればかなり痛いだろうなぁと思います。
 とは言えこちらが負担する筋ではないので、先方にきっちり払ってもらわなければならず。メール一通書くのに、気を遣って時間取っちゃいました。出来上がった文面は、至極事務的でシンプル。

 被仕向送金手数料は各銀行が設定しているそうなので、安いところを探して口座を開設しておこうかとも考えています。が、銀行のサイトに被仕向送金手数料は記されていない(記されていても探し出しにくい)ことが多く、比較もままなりません。
 1万円程度の送金の受取に4,000円の手数料、できることなら何とか安くしたいですよねぇ。

|

« 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD | トップページ | 最近読んだ/読んでる小説 »

仕事」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46404663

この記事へのトラックバック一覧です: 被仕向送金手数料:

« 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD | トップページ | 最近読んだ/読んでる小説 »