« 現在進行中 | トップページ | 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD »

2009.10.04

[歌舞伎]十月歌舞伎座 昼の部

 終演後、劇場から外へ出たら、目の前に観光バスが4台止まってました。歌舞伎座の観光地化、毎月着々と進行してます。「昭和の歌舞伎座」を体験しておきたい方は、どうぞお早めに。さよなら公演は来年4月まで続きますが、比較的チケット取りやすいのは今年中かと思われます。


2009年10月3日(土)11時
歌舞伎座
3階3列21番

「毛抜」
 三津五郎の粂寺弾正、花道での第一声がいいです。荒事の声はこれでなくては、というお手本のような調子。さらに、その後の決まりの形も見事。教科書のような「毛抜」でした。見ていて気持ちいいですね。引っ込みも、きっちり六法の型を押さえてました。
 団蔵の八剣玄蕃、秀調の秦民部、巳之助の秦秀太郎、萬太郎の八剣数馬、このあたりは役者のバランスがよかったです。錦之助の小原万兵衛は意外な配役で、やや物足りなくもありましたが、全体の芝居の調子には合ってました。

 今回の「毛抜」、落ち着いた丁寧な舞台でした。二代目松緑や当代団十郎の豪放磊落なイメージが強いのですが、こういう「毛抜」もアリだと思いました。

「蜘蛛の拍子舞」
 玉三郎の白拍子妻菊、菊之助の源頼光、松緑の渡辺綱。三人並ぶと、清新な印象できれいです。長唄が唄・三味線ともやはりキレイな演奏で、この三人には似合ってました。

 蜘蛛、大活躍。玉三郎の舞台では、化物の蜘蛛の動きもここまで完成度が高くなるんだ~と感心しました。かつての「日本振袖始」のオロチーズ(ヤマタノオロチを弟子たちが見事なアンサンブルで演じたもの)を思い出したりして。

 ただ、残念ながら、三人の踊りがやや単調。手踊りになる前から、三人並んで踊る手踊りっぽい振り付けにしちゃうのは勿体ない。

 最後に、三津五郎の坂田金時が押し戻し。荒事の芝居が前の「毛抜」とかぶるのが気になりますが、ここでも教科書のような所作。

 今月の歌舞伎座昼の部、顔見世のような演目になってるんですね。「蜘蛛の拍子舞」は顔見世舞踊で、押し戻しも暫風。「音羽嶽だんまり」はまさに顔見世の出し物です。来月が「忠臣蔵」の通しなので、先取りしたのかな?
 
「河庄」
 タイトルに『心中天網島』と添え書きがついてますが、近松の「天網島」を改作した近松半二の『心中紙屋治兵衛』をベースにした作品です。
 冒頭、萬太郎の丁稚、亀鶴の太兵衛の芝居が上方らしくていいですねぇ。

 段四郎の粉屋孫右衛門、筋書のインタビューによれば、初役だそうで。まだ三日目でセリフのトチリもあるのですが、そのアタフタオロオロしたところがこの役にはまってました。要所はちゃんと締めてましたし。弟思いの兄の役、この人らしさがにじみます。

 時蔵の小春。この場はひたすら耐える女。治兵衛と孫右衛門が花道まで行ってあれこれやりとりしている間も、うつむいたままじっと耐える。ちょっとでも気を抜くと芝居全体が台無しになる厳しい役です。うつむいて息を詰めている姿を見ていたら、吉田簑助の遣う文楽人形の小春が重なってきました。

 藤十郎の治兵衛、セリフと所作は緩急自在で面白いです。ただ、この役に限らず、この人には色気を感じないのですよねぇ。なので、魅力を感じたり、共感したりすることが少なくて。これは相性で、仕方ないのかなぁ。
 来年正月の松竹座が 藤十郎大車輪の「忠臣蔵」通し で、見ようか見まいか、真剣に悩んでます。

「音羽嶽だんまり」
 尾上松緑長男・藤間大河の初お目見え。幕が切って落ちると、上手から、富十郎、松緑、大河、菊五郎、吉右衛門が居並んでおり、菊五郎の紹介で初お目見えの口上。本人は「よろしくおねがいいたします」と早口で一言。まずお行儀よいのが何より。千秋楽まで頑張ってほしいです。
 初お目見えでこんな立派な口上の場を出してもらえるのですから、歌舞伎役者として本当に恵まれた第一歩です。将来、日本舞踊の藤間流勘右衛門派家元も継承する立場。恵まれてると思うか、重荷を背負わされたと思うか、本人次第。

 吉右衛門に松緑、大河が花道を引っ込んだ後、菊五郎、富十郎、魁春、錦之助、菊之助、権十郎、萬次郎、団蔵、田之助でだんまり。口上のインパクトが強くて、付け足しのような印象になってしまって残念。文字通りの「顔見世」出し物のはずが、どれが誰だか見分ける気力が出ないまま幕。


 以上、歌舞伎座は八月・九月のレビューがたまってるのですが、飛ばして十月公演を先に書いてみました。記憶が新鮮だと長文になりますねぇ。無駄にダラダラ書いてるかも。

|

« 現在進行中 | トップページ | 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD »

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46389348

この記事へのトラックバック一覧です: [歌舞伎]十月歌舞伎座 昼の部:

« 現在進行中 | トップページ | 韓国語字幕付『ヴァンプショウ』DVD »