« 地味な一日 | トップページ | 寄り道中 »

2009.10.15

一日芝居のことばかり

 10月14日(水)
 午後から授業。今日のテーマは前回の続きで能の歴史、その後、DVDで「葵上」前場の鑑賞でした。
 DVDを見る前に能「葵上」の内容を解説するのですが、『源氏物語』についてどの程度まで説明すればよいのか、それを見極めるのが大事だったりします。私の講義は、予備知識がない学生にも分かるように解説しながら進める、というのが基本です。でも、講義の時間と回数には限りがあるのですよねぇ。なので、時間の許す限り前提知識を説明する、但し、本題を侵食しないように、話題が錯綜しないように、ポイントを押さえて要領よく、というのを目指してます。
 ゆえに、私の講義は常に時間いっぱい、遅れて始まることも早めに終わることもありません。

 夜、東京劇術劇場で「アジア演劇講座 異文化としてのアジア演劇事情」を聴講。シリーズで行われている講座で、今日は韓国編「変化に富む韓国現代演劇」。講師の馬政煕(マ・ジョンヒ、마정희)氏が現場でコーディネートなさってる方で、具体的で興味深い話を聞くことができました。

 講座終了後、同じく聴講に来てた芝居友達とアイリッシュパブへ。ギネスにフィッシュ&チップスで芝居の話。憂き世を忘れたひと時でした。

|

« 地味な一日 | トップページ | 寄り道中 »

仕事」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46490132

この記事へのトラックバック一覧です: 一日芝居のことばかり:

« 地味な一日 | トップページ | 寄り道中 »