« 午前3時就寝は辛いです | トップページ | 歌舞伎座さよなら「櫓」 »

2009.11.06

新橋演舞場夜の部の「着到」

 11月5日(木)
 新橋演舞場で花形歌舞伎、昼夜通しで見物。
 今月の新橋演舞場、夜の部の開場時刻が3時50分です。開場してすぐに入場すると、携帯からリアルタイム でもちらっと書きましたが、「着到」をじっくり聞くことができます。
 「着到」は、歌舞伎を上演する劇場で、開演30分前に演奏される儀式的な音楽。昼の部、夜の部を問わず、お客さんが入場してようがしてまいが、演奏されます。一方、劇場の開場時間は普通開演30分前。夜の部は昼の部の終演時間次第で、開演20分前にやっと慌しく始まることも珍しくありません。毎回演奏されてるのに、生の「着到」を頭から丸々じっくり聞くことって、意外にできないのです。
 時間に余裕のある方は、ぜひこの機会にどうぞ。まだほとんどお客さんのいない劇場で聞く着到、趣があって、なかなかよいものです。

 着到を聞いた後、ロビーをぶらぶらしていたら、「間違ってたらすみません、加藤先生……ですよね?」と声をかけられました。私の授業を取ったことのある学生さんでした。
 聞いてみると、歌舞伎座には毎月通ってるとのこと。嬉しいですね。

 私の方は、こんな時に限って、完璧すっぴんノーメーク。まぁ、私がフルメークしたところで、たかが知れてはいるのですが。でもやっぱり、明日の歌舞伎座はちゃんとメークして行こう。

 今月の歌舞伎座は「仮名手本忠臣蔵」の通しなので、冒頭に口上人形が出るはずです。早めに劇場へ到着するようにしよう。
 と思いながら、就寝時刻は午前2時。

 口上人形は開演11時ぴったりからスタートです。たっぷり10分演じてます。(2009.11.07追記)

|

« 午前3時就寝は辛いです | トップページ | 歌舞伎座さよなら「櫓」 »

日常」カテゴリの記事

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46686010

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋演舞場夜の部の「着到」:

« 午前3時就寝は辛いです | トップページ | 歌舞伎座さよなら「櫓」 »