« パラミツと収穫と | トップページ | 社会人のための鑑賞教室 »

2009.12.09

韓国映画情報/09.12.09

 久しぶりの韓国映画情報。今年の観客動員数の備忘メモです。


韓国映画興行10位圏内に7本「グッドディフェンス」
 スポーツ朝鮮 2009.12.09

 映画振興委員会の映画産業統計「全体映画興行上位10位(1月~11月)」によれば、韓国映画が10作品中7本を占め「パワー」を見せつけた、とのこと。
 それも、「トランスフォーマー リベンジ(트랜스포머:패자의 역습、トランスフォーマー:敗者の逆襲)」「ターミネーター4(터미네이터:미래전쟁의 시작、ターミネーター:未来戦争の始まり)」など世界的に注目されるハリウッドのブロックバスター作品と競った上での結果ということで、特に意味が大きいと指摘しています。

 以下、記事に載るデータを写しておきます。

2009年全体映画 興行トップ10
1. 海雲台(해운대) 1131万2470人
2. 国家代表(국가대표) 837万6937人
3. トランスフォーマー リベンジ(트랜스포머 :패자의 역습) 732万7845人
4. ターミネーター4(터미네이터 :미래전쟁의 시작) 449万5479人
5. 2012 432万6971人
6. 7級公務員(7급 공무원) 404万2948人
7. 加速スキャンダル(과속스캔들) 384万8813人(2008年公開)
8. 霜花店(쌍화점) 329万1708人(2008年公開)
9. 亀が走る(거북이 달린다) 301万1993人
10.母なる証明(마더、マザー) 297万6511人

 今年最大の話題作「海雲台」、タイミングが合わなくて、まだ見てません。映画館で上映している時は韓国へ行かれず、韓国へ行った時には上映終了しててDVDは未発売。早く見たい~。

 日本の興行成績は収入中心で、観客動員数は推定値らしいのですが、歴代最高が2001年「千と千尋の神隠し」2350万人。人口比(韓国4800万、日本1億2000万)を考えると、「海雲台」の1131万人余り(韓国歴代4位)ってすごいですね。「千と千尋」は日本人の5.1人に一人、「海雲台」は韓国人の4.2人に一人が見た計算です。

|

« パラミツと収穫と | トップページ | 社会人のための鑑賞教室 »

映画」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46979929

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画情報/09.12.09:

« パラミツと収穫と | トップページ | 社会人のための鑑賞教室 »