« 社会人のための鑑賞教室 | トップページ | 忘年会 »

2009.12.11

名演ビデオ、学生を動かす

 12月9日(水)
 午後から授業。この日のテーマは「義太夫節」。文楽の太夫の語り分け、三味線の弾き分けを映像で体験してもらおうというものです。教材は竹本住大夫、鶴澤燕三(先代)の『心中天網島』「河庄の段」。10年以上前に自分で録画したビデオですが、何度聴いても、凄いな~と聴き入ってしまいます。このビデオ、初心者が語り分け、弾き分けを実体験するには絶好の教材なのです。人形も、小春・吉田簑助、紙屋治兵衛・吉田玉男、侍客・吉田文雀という見応えのある配役です。
 学生からは「あんなに細かく語り分けているとは思わなかった」「三味線の音色が豊富で驚いた」「人形の背中が震えているのが本当に泣いているようだった」等々、芸の力に素直に驚く感想が続出。

 年内の講義はあと一回。師走ですから、先生は頑張って走り切らなくては。

|

« 社会人のための鑑賞教室 | トップページ | 忘年会 »

仕事」カテゴリの記事

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/46989860

この記事へのトラックバック一覧です: 名演ビデオ、学生を動かす:

« 社会人のための鑑賞教室 | トップページ | 忘年会 »