« カギが見当たらず…… | トップページ | 30数年ぶりの再会 »

2009.12.16

江戸時代の全て 『週刊 江戸』

 ちょこっとお知らせです。

 2010年1月12日、デアゴスティーニ・ジャパンからこんな雑誌が創刊されます。

Edo

 何と、『週刊 江戸』
 (詳しい内容は上記リンクをクリック!)

 今日、日経に プレスリリース も出ました。

 デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)は、パートワークあるいはワンテーマ・マガジンと呼ばれる分冊百科を出してる出版社です。『週刊 松本清張』とか『週刊 安土城をつくる』とか『隔週刊 クール・ジャズ・コレクション』とか。TVコマーシャルをご覧になったことのある方、多いと思います。

 実は、私、この『週刊 江戸』の監修を担当させていただいてます。
 情報めちゃくちゃ盛り沢山です。ビジュアルなデータも、これでもかってくらい詰め込んでます。毎号32ページ、読み応えあると思います。江戸時代の歴史や文化に興味ある方にお勧めです。
 が、正直、監修する身は大変です。早くも苦労しております。

 静岡と広島での先行テスト販売では、とても好評だったそうです。
 ……と、聞いた時には、素直に嬉しかったです。
 
 近々TVコマーシャルが大々的に流れると思いますので、お目にとまったら、「あぁ、これね~」と笑ってやって下さいませ。

 読者プレゼントのアートカードと江戸手ぬぐい、私も欲しいな~。貰えるのかなぁ。

|

« カギが見当たらず…… | トップページ | 30数年ぶりの再会 »

仕事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

江戸」カテゴリの記事

コメント

たまさん

 ありがとうございます~!

 そうなんです。DeAGOSTINIなんです。
 私も最初企画を伺った時には、そんな手法があるんだ~と、目から鱗でした。

 テスト販売は本当に好評でよく売れたそうで、全国展開での発行が決定して、編集サイドも「さらに良いものを作ろう!」と盛り上がってます。

 ブログではとても書ききれないので、今度お目にかかる折に、話を聞いてやって下さいませ。

投稿: なな(管理人加藤) | 2009.12.17 21:42

DeAGOSTINI !

本屋で働いていた頃、「発行1回目が一番沢山売れて、その後はどんどん減ります」と担当の方から言い切られて、カルチャーショックを受けたことがあります。

「いかに1回目で売るか、です!」

言われてみれば、そうなんです。
全集などでも刊行が進むにつれて売り上げ部数は減りますから。

しかし、若い書店員としては・・・。
そうはっきり言われると、その潔さにある種感動がありました。

買うわ!
ななさん!


投稿: たま | 2009.12.17 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/47040661

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の全て 『週刊 江戸』:

« カギが見当たらず…… | トップページ | 30数年ぶりの再会 »