« 教養講座「韓国映画の楽しみ」 | トップページ | ソウルの演劇★上演中 »

2010.02.04

年内立春

 昨日が節分、今日が立春。でも、本日2月4日は、陰暦ではまだ12月21日です。陰暦の1月1日は、陽暦の2月14日。
 あらら、新年を迎える前に春が来ちゃった。

 これが、旧年中に春が来る「年内立春」です。

 『古今集』の巻頭歌、

  ふる年に春立ちける日よめる   在原元方
年の内に 春はきにけり ひととせを 去年(こぞ)とや言はむ 今年とや言はむ

は「年内立春」を読んだ和歌として有名です。
 去年も書きましたが、「年内立春」は珍しいことでなく、平均すると2年に一度ぐらいは「年内立春」となります。最近では、2005年、2007年、2008年も年内立春でした。

 来年2011年は、2月3日節分が陰暦の1月1日、2月4日立春が陰暦1月2日に当たっています。二十四節気の暦の「春」と月の暦の「新年」がほぼ同時にやってくるのですね。

 こんなふうに、陰暦では「春」と「新年」の時期が大体重なります。最大ズレて10日程度。ちょうどこの時期に、日も次第に長くなり、陽射しがうららかになってきます。梅の花が咲くのもこの頃。
 現行の太陽暦では「春」より一ヶ月以上早く「新年」が来てしまうので、我々現代人には「新年=春」というのがピンと来ませんが、江戸時代以前の人たちは「新年=春」を実感していたのですね。
 新春、初春、迎春……陰暦だったからこその表現です。

 どこか梅見に行きたいな~。

☆関連記事
 立春と陰暦 

|

« 教養講座「韓国映画の楽しみ」 | トップページ | ソウルの演劇★上演中 »

日常」カテゴリの記事

江戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/47473942

この記事へのトラックバック一覧です: 年内立春:

« 教養講座「韓国映画の楽しみ」 | トップページ | ソウルの演劇★上演中 »