« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

ソウルの演劇★初日間近2

 もうすぐ初日を迎える演劇、その2です。

 『犀の愛』は「演劇<インインイン・シリーズ>」の第一弾。<インインイン(人人人)>とは韓国人、中国人、日本人。韓・中・日3か国の作品を上演しようという企画です。第一弾は中国の蓼一梅の作品『犀の愛』、第二弾は平田オリザ作『眠れない夜はない(잠 못드는 밤은 없다)』(5月11日~6月6日)、第三弾はコ・ソヌン(고선웅)作『人魚都市(인어도시)』(6月15日~7月11日)というラインナップ。いい企画ですね。
 そして、第一弾『犀の愛』、何と、チェ・グァンイル(최광일)主演なんですよねぇ。見たい!  『会いたいです(보고싶습니다)』『彼女の春(그녀의 봄)』『赤鬼(빨간도깨비)韓国版』で見てますが、身体の切れる、好きなタイプの役者さん。チェ・ミンシク(최민식)の弟です。

 また、韓国演劇ファンとしては、『イギ洞体育館』『呉将軍の足の爪』あたりも見逃せません。
 『スヌ伯父さん』は<ソウル+記憶>シリーズの一。チェホフの『ワーニャ伯父さん』に触発された作品だそうです。

 見たい舞台を全部見るにはどうしたらいいのだろう……。


◇犀の愛(코뿔소의 사랑)
2010.04.06~2010.05.02
平日8時/土3時、7時/日3時/月休
トゥサンアートセンター・スペース111(두산아트센터 Space111)
출연 : 최광일, 김지성, 신덕호, 황정민, 윤복인
* 演劇<インインイン・シリーズ>(연극〈인인인 시리즈〉)第一弾。

◇ワン・ナイト(원나잇)
2010.04.02~2010.04.25
平日8時/土4時、7時/日・祝4時/月休
大学路・芸術マダン2館(대학로 예술마당 2관)
90分

◇ライアー1弾(라이어 1탄)
2010.04.01~Open Rnu(오픈런)
平日3時、7時30分/土3時、6時、9時/日・祝3時、6時
ハッピーシアター(해피씨어터)
100分
* 月曜公演あり
* カンナム(강남、江南)の東洋アートホール(동양아트홀)、シンドゥリム(신도림)のテクノマート・プライムアートホール(테크노마트 프라임아트홀)でも上演中。

◇あなたを愛します(그대를 사랑합니다)
2010.04.16~2010.06.13
火・木・金8時/水3時、8時/土・祝3時、7時/日3時/月休/6月6日3時あり
サンダースペース・四角劇場(원더스페이스 네모극장)
100分

◇スヌ伯父さん(순우 삼촌)
2010.04.22~2010.05.01
火~木8時/金5時、8時/土3時、7時/日3時/月休/初日5時、8時/最終日3時のみ
世宗文化会館・Mシアター(세종문화회관 M씨어터)

◇イギ洞体育館(이기동체육관)
2010.04.01~2010.05.09
平日8時/土7時/日3時/月休/5月5日3時
小劇場・お世話する人々(소극장 모시는사람들)
100分

◇呉将軍の足の爪(오장군의 발톱)
2010.04.09~2010.04.25
火・木・金7時30分/水・日3時/土3時、7時/月休
明洞芸術劇場(명동예술극장)
105分

◇ジョン王-King John(존 왕-King John)
2010.04.02~2010.04.11
平日7時30分/土3時30分、7時30分/日4時/月休
芸術の殿堂・自由小劇場(예술의전당 자유소극장)
130分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルの演劇★初日間近1

 ソウルの演劇、もうすぐ初日を迎える舞台その1、です。リストが長くなったので、記事を2つに分けました。
 何だか、面白そうな作品ばかりなんですけれど……。

 『男ワタナベ…』は、映画『ライターをつけろ』などの監督チャン・ハンジュン(장한중)が脚本・演出を担当する「監督、舞台へ来る」シリーズの3作目。この作品も、チャン・ハンジュンのオリジナル脚本です。それで、なぜ「ワタナベ」?
 何と「ワタナベ」は北野武をモデルにした人物で、三流映画監督が韓国の日本人ヤクザ「ワタナベ」の一代記を映画で撮ろうとしたことから起こるエピソードと、彼らが経験する友情と映画に関する物語を取り上げた作品、だそうです。
 メッチャ見たい~!!!

 「演劇熱戦」の『世の中で最も美しい別れ』は、普通に見てみたい作品。人気ドラマの舞台化『屋根部屋のネコ』も興味津々。演戯団コリペも興味あるんですけど、公演期間短すぎ。
 『7人の記憶』は<ソウル+記憶>シリーズの作品で、50年代生まれの父と80年代生まれの息子の葛藤を描いたもの、だそうです。その2に載せる『スヌ伯父さん』も同じシリーズの公演。


◇世の中で最も美しい別れ(세상에서 가장 아름다운 이별)
2010.04.23~2010.05.16
水・木4時、8時/金8時/土・日・祝3時、6時/月・火休/4月25日6時のみ
大学路・文化空間イダ1館(대학로 문화공간 이다 1관)
100分
* 「演劇熱戦(연극열전)」5番目作品

◇屋根部屋のネコ(옥탑방 고양이)
2010.04.06~2010.05.30
平日8時/土4時、7時/日3時、6時/4月13日から平日5時、8時/月休
大学路・SMティンティンホール(대학로 SM틴틴홀)
110分

◇演戯団コリペ ハムレット(연희단거리패 햄릿)
2010.04.13~2010.04.18
平日8時/土・日4時
芸術の殿堂・トウォル劇場(예술의전당 토월극장)
120分

◇男ワタナベ…完全に切れる(사나이 와타나베...완전히 삐지다)
2010.04.06~2010.06.06
平日8時/土4時、7時/日・祝3時、6時/月休
ペガムアートホール(백암아트홀)
*「監督、舞台へ来る シリーズ3弾(감독 무대로 오다 시리즈 3탄)」

◇妻たちの外出(아내들의 외출)
2010.04.03~2010.04.11
火・水・土・日3時/木・金8時/月休
ワンダースペース・四角劇場(원더스페이스 네모극장)

◇大虐殺の神(대학살의 신)
2010.04.06~2010.05.05
火・木・金8時/水3時、8時/土・祝2時、6時/日2時/月休/4月11日6時、4月14日・21日・28日3時あり
大学路芸術劇場・小劇場(대학로예술극장 대극장)
90分

◇女中たち-女を夢見る(하녀들-여자를 꿈꾸다)
2010.04.07~2010.04.11
平日9時/土・日8時
ウソクレパートリー劇場(우석레퍼토리극장)
* 2010現代劇フェスティバル<ジャン・ジュネ誕生100周年記念>(2010 현대극페스티벌 <장 주네 탄생 100주년 기념>)
90分

◇イッツ・ユー(잇츠유)
2010.04.01~2010.06.27
火~木8時/金4時、8時/土4時、7時/日4時30分/月休
大学路・PMC小劇場(대학로 PMC 소극장)
100分

◇7人の記憶(7인의 기억)
2010.04.09~2010.04.18
火~木時/金5時、8時/土3時、7時/日3時/月休
世宗文化会館・Mシアター(세종문화회관 M씨어터)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルの演劇★上演中

 現在上演中の演劇情報です。いつものように、「公演のすべて PLAYDB」のここ一週間の人気順。今回のリストは 大学路のロングラン作品が多いですね。ちょうど作品が入れ替わる季節で、追って掲載する「初日間近」が長~いリストになってます。お楽しみに。
 注目されるのは、演劇熱戦3番目作品の『お兄ちゃんが帰ってきた』、イ・ムンシク、見たい~。『Bオンソ』、先日見てきましたが、もう一度見たい。
 ロングラン作品では、『ニューボインボイン』が月曜も公演してます。超人気作品は、平日2回公演、月曜公演あり、という流れができつつあり、日本からソウル観劇へ出向く身には嬉しい傾向かも。


◇欲望という名の電車(욕망이라는 이름의 전차)
2010.03.19~2010.05.23
平日8時/土・日・祝3時、7時/月休
東崇アートセンター・東崇ホール(동숭아트센터 동숭홀)
120分
* 「演劇熱戦3」4番目作品

◇お兄ちゃんが帰ってきた(오빠가 돌아왔다)
2010.03.06~2010.05.23
平日8時/土・日・祝3時、6時/月休
東崇アートセンター・小劇場(동숭아트센터 소극장)
100分
* 「演劇熱戦3」3番目作品

◇ニューボインボイン(뉴보잉보잉)
일시 : 2009.01.01~Open Run(오픈런)
平日5時、8時/土4時30分、7時30分、9時40分/日・祝4時、7時/5月5日・21日2時、4時、7時
大学路・トゥレホール3館(대학로 두레홀 3관)
90分
* 月曜公演あり

◇Bオンソ(B언소/蜚言所)
2010.02.05~2010.05.02
平日8時/土・日・祝3時、6時/月休
アートウォン・チャイム劇場(아트원 차이무 극장)
90分

◇論戦(논쟁 La Dispute)
2010.03.16~2010.04.18
平日8時/土4時、7時/日3時、6時/月休
忠武アートホール・中劇場ブラック(충무아트홀 중극장 블랙)
70分

◇彼氏、彼女(그남자 그여자)
2010.01.01~2010.12.31
平日8時/土4時、7時/日3時、6時/月休
アーツプレイシアター1館(아츠플레이씨어터 1관)
110分

◇笑の大学(웃음의 대학)
2009.11.26~Open Run(오픈런)
平日8時/土・日・祝3時、6時/月休
大学路・アートウォンシアター2館(대학로 아트원씨어터 2관)
100分
* カンナム(강남、江南)のコーエックス・アートホール(코엑스 아트홀)でも Open Runで上演中。

◇幻想童話(환상동화)
2010.03.12~Open Run(오픈런)
平日8時/土4時、7時30分/日3時/月休
大学路・文化空間イダ2館(대학로 문화공간 이다 2관)
100分

◇NEW カンプルの純情漫画(NEW 강풀의 순정만화)
2010.01.01~2010.12.31
平日8時/土4時、7時/日3時、6時/月休/5月から日・祝2時、5時
(월요일 공연없음)
サンミョンアートホール2館(상명아트홀 2관)
110分

◇教授と女弟子(교수와 여제자)
2009.10.23~2010.12.31
平日5時、8時/土4時30分、7時30分/日4時、7時/月休
ハンソンアートホール(한성아트홀2관)<旧・インケルアートホール2館(구, 인켈아트홀 2관)>
80分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

充電中

充電中

 遅めのランチが済んだら映画見ます。

 今日のタイトルは『息もできない』。

(追記)映画館近くの店にふらっと入ったのですが、なかなか美味。これで、フリードリンク(ドリンクバー)、デザート付き、950円。お得です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.29

慌ただしい日々

3月15日(月)
 原稿執筆と調べ物。

 実家の母が本日入院、明日手術。一週間前から決まっていて、予定通り。
 夜、病院に様子見のお見舞い。

3月16日(火)
 午前中、東京経済大で紀伊國屋書店さんと打合せ。担当の方は「ライブラリーサービス営業本部 カタロギングサービス部 デジタルコンテンツ課」。全部カタカナ。そういう時代なんですねぇ。

 午後は引き続き調べ物。妹から「無事終わったよん」のメール着信。よかった。
 移動の途中で、様子見のお見舞い。

 夕方、杵屋栄十郎師匠ご参加のグループ写真展「とろう会」へ。栄十郎師匠の出品は、昨年の海外公演モナコでの写真。ヘアピンカーブの縁石、生々しいタイヤの跡がすごい~。リアルで、思わず触りたくなりました。写真なのに。

 夜、新大久保の韓国料理店で宴会。今回は「カボチャ」というお店でした。生マッコリ、美味しかった~。

Imgp7311

 東奔西走の一日でした。

3月17日(水)
 メーリングリストを一つ立ち上げることになり、試行運用開始。

 合間に(?)原稿執筆と調べ物。

3月18日(木)
 午後からくずし字セミナー。『怪物つれづれ雑談』の第十話「至孝の徳、幸を得る話」。これが最終話で、親に孝行を尽くしていた男がその孝心のお陰で難を逃れた、という内容です。最終話は、こういうきれいな話で収まりをつけるものなのですね。

Bakemono10

 かなり文字数が多いのですが、皆さん、すらすら読めているようで、今回と次回の二度で終わってしまいそうです。

 夕方、母の見舞い。

3月19日(金)
 母、退院。めでたしめでたし。つきそって実家へ行き、一緒に昼ご飯を食べて、夕方までまったり。

 夜、東京国立博物館で「長谷川等伯」鑑賞。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソウルのミュージカル★初日間近

 もうすぐ開幕するソウル(+ソンナム)のミュージカルです。

 『太陽の歌』は、小泉徳宏監督の映画『タイヨウのうた』が原作。主人公の名前も、「かおる(카오루)」「こーじ(코지)」と映画そのまま日本人名です。どんな舞台になってるのか興味津々。

 『実家のお母さん』、コ・ヘジョン(고혜정)のステディセラー小説が2007年に演劇化され、お母さんをコ・ドゥシム(고두심)が演じて好評だった作。今回はミュージカルで、お母さん役はキム・スミ(김수미)。うわぁ、舞台でキム・スミ! キム・スミのミュージカル! めっちゃ見たいです~。
 4月下旬には同タイトルの映画も公開されます。映画のお母さんはキム・ヘスク(김해숙)。
 韓国のお母さん女優が競演するタイトルになってます。

 『モンテクリスト』は、モンテクリスト伯爵がリュ・ジョンハン(류정한)、オム・ギジュン(엄기준)、シン・ソンノク(신성록)のトリプル、メルセデスがオク・チュヒョン(옥주현)、チャ・ジヨン(차지연)のダブルでキャスティングされてます。見比べたくなっちゃいますね。
 余談ですが、신성록って現地音表記の原則に則れば「シン・ソンノク」になるはずなのに、「シン・ソンロク」が普及しちゃってるみたいですね。チョンノ(종로、鍾路)をチョンロと表記するようなもので、個人的にはちょっと落ち着かない感じ。

 『大長今』の会場は慶熙宮・崇政殿。風情があって面白そうですが、開演3時間前の午後5時の時点で雨が降っていれば公演中止。前売でチケット買うのは賭けですねぇ。当日券は6時から販売だそうです。


◇太陽の歌(태양의 노래)
2010.05.07~2010.05.29
平日8時/土・祝3時、7時/日4時/月休
世宗文化会館・Mシアター(세종문화회관 M씨어터)
100分

◇兄弟は勇敢だった 2010(형제는 용감했다 2010)
2010.04.01~2010.06.20
平日8時/土3時、7時/日2時、6時/月시 (월요일 공연 없음)
コーエックス・アーティウム(코엑스 아티움)
140分

◇モンテクリスト(몬테크리스토)
2010.04.21~2010.06.13
平日8時/土・日・祝3時、7時/月休
ユニバーサルアートセンター(유니버설아트센터)
150分

◇Burn the Flower(번더플로어)
2010.04.02~2010.04.07
平日8時/土・日3時、7時
世宗文化会館・大劇場(세종문화회관 대극장)
120分(20分休憩含む)
*ブロードウェイチーム来韓公演(브로드웨이팀 내한공연)

◇2010 ミス・サイゴン(2010 미스사이공)
2010.04.16~2010.05.01
平日8時/土2時、7時/日1時、6時/月休
ソンナムアートセンター・オペラハウス(성남아트센터 오페라하우스)

◇ミュージック・イン・マイ・ハート(뮤직 인 마이 하트)
2010.04.30~2010.08.29
平日8時/土4時、7時/日・祝2時、5時/月休
PMC大学路自由劇場(PMC대학로자유극장)

◇大長今 シーズン3(대장금-시즌3)
2010.05.01~2010.05.23
8時/5月10日・17日休
慶熙宮・崇政殿(경희궁 숭정전)
100分

◇実家のお母さん(친정엄마)
2010.04.28~2010.05.30
平日8時/土・祝3時、7時/日2時、6時/月休
オリンピック公園・ウリ金融アートホール(올림픽 공원 우리금융아트홀)
140分

◇シングルズ(싱글즈)
2010.04.06~Open Run(오픈런)
平日8時/土4時、7時/日3時、6時/月休
大学路・芸術マダン3館(대학로 예술마당 3관)
110分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

[ミュージカル]ブロンドが凄過ぎよ/금발이 너무해

 ソウル観劇旅行、最後の枠は映画『キューティ・ブロンド(原題 Legally Blonde)』を舞台化したミュージカルを選びました。これを選択した理由はいろいろ。

・最後は気軽に楽しく見られる作品にしたかった。
・原作映画のおバカさ加減がとても好き。
・舞台の評判が良く、チケットもよく売れていた。
・新しい劇場を体験したかった。
・企業が接待に使ってる公演に関心があった。
・クローズ直前「Good bye! Elle Woods! 全席40%割引」だった。

 期待に違わず、快適な客席で、お茶目な舞台を楽しめました。


『ブロンドが凄過ぎよ(금발이 너무해)』
3月7日(日)18時
コーエックス・アーティウム(코엑스 아티움)
R席・1階B区域131番 48,000W(40%off)
演出:チャン・ユジョン(장유정)
出演:キム・ジウ(김지우)、キム・ドヒョン(김도현)、チョン・スギョン(전수경)、キム・ヒョンムク(김형묵)、イ・ジュウォン(이주원)、他

 第一幕、映画のストーリーそのままに、テンポよく展開していきます。あれよあれよ、という感じ。主人公エル・ウッズ(キム・ジウ)が結婚相手と思っていた彼氏に振られてハーヴァードのロースクールを目指すあたりまでは、キム・ジウの芝居が所々で品がなく性格悪く見えて、エルのキャラクターを作れてないように思えました。が、ロースクール入学後は、明るくてポジティブで可愛くセクシーに女の子の魅力全開、まさにエル・ウッズでした。よかった~。
 ハーヴァード入学の場面で、ロースクールの学生たちが歌って踊るナンバー「ハーヴァード変奏曲(하버드 변주곡)」、サワリで「勉強が一番やさしかったよ(공부가 제일 쉬웠어요)」と歌ってました。これ、数年前にソウル大に首席合格した男子学生が書いた話題の本『勉強が最もやさしかったよ(공부가 가장 쉬웠어요)』を踏まえてるんですよね。このタイトルから「勉強が一番やさしかった」という文句が、一時期流行語になってたのです。うまい翻案だと思いました。

 第二幕は、映画で綴られたエピソードが詰め込まれてます。ボールペン拾ったり、セクハラされたり。エメット(キム・ドヒョン)が見た目はぱっとしないのに、ストーリーの進行とともに声量豊かな歌いっぷりで素敵になっていくのは、演出だったのでしょうね。最後はとてもイイ男に見えました。
 ネイルサロンのポーレット(チョン・スギョン)、彼氏の婚約者ヴィヴィアン(イ・ジュウォン)、エルの学生時代の女友達と、揃って歌がうまくて、聴きごたえアリ。
 また、ポーレットと互いに惹かれ合ってる FedEex の宅配男性、靭やかな肉体を見せつけるダンスはそれだけで十分な見ものでした。セクシーなお尻が最高!

Imgp7231
左から、エル、エメット、ポーレット、キャラハン、ヴィヴィアン。

 映画で要所を締めてる女性教授ストロムウェルがカットされてたのが残念。あのキャラ好きなのに~。これはブロードウェイ版も同じなのでしょうか。

 何はともあれ、エルが可愛くて、エメットがイイ男で、FedExのお尻がセクシーで、ボールペン拾い技がたっぷり見られて、満足の舞台。犬はチワワもブルドッグも本犬でした。

 初体験のコーエックス・アーティウム、ゆったりした椅子が座り心地よく、飲み物持ち込み可でコーヒー飲みながら舞台を見られる、快適な劇場でした。ここまで4作品がすべて小劇場での観劇だったこともあり、天国で芝居見物しているような気分でした。しかも、48,000W!

 これだから、ソウル通いはやめられません。カンナム(강남、江南)の劇場も楽しいです。

Imgp7318
買っちゃっいました。エル愛用ピンクの羽ボールペン。
隣に置いたのは普通の4色ボールペンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

ソウルのミュージカル★上演中

 ソウルで現在上演中のミュージカルです。「公演のすべて(공연의 모든것)PLAYDB」の最近一週間の人気順で並べてます。

 『メノポーズ』、とても評判よいです。セリフの面白さが受けてるってとこが、外国人にはちょっと辛いのですが。
 創作ミュージカルが目立ってます。『洗濯』『キム・ジョンウク探し』は、どちらもお勧め。大学路ならではの楽しい小劇場ミュージカルです。『キス アンド メイクアップ』『独身男ん家の八百屋』、もう終わっちゃう『チアガールを探して』、未見ですが注目してる作品です。
 最後の『All that Jazz』は、ボブ・フォッシーの映画『オール・ザット・ジャズ』とは全く違うオリジナル作品、との情報入ってきてます。お気をつけ下さい。


◇All Shook Up(올슉업)
2010.03.27~2010.06.20
平日8時/土3時、7時30分/日・祝2時、6時30分/月休
韓電アートセンター(한전아트센터)

◇メノポーズ(메노포즈)
2010.02.06~2010.04.04
平日8時/土3時、7時30分/日・祝2時、6時30分/月休
トゥサンアートセンター・ヨンガンホール(두산아트센터 연강홀)

◇キム・ジョンウク探し(김종욱 찾기)
2006.06.02~Open Run(오픈런)
平日8時/土4時、7時/日・祝3時、6時/月休
大学路・芸術マダン1館(예술마당 1관)
110分
☆あらすじとレビュー

◇ミュージカル ホン・ギルドン(뮤지컬 홍길동)
2010.02.18~2010.04.18
火・木8時/水・金4時、8時/土2時、6時/日6時/月休
オリンピック公演・ウリ金融アートホール(올림픽 공원 우리금융아트홀)
120分

◇チアガールを探して(치어걸을 찾아서)
2010.03.02~2010.03.31
平日8時/土3時、8時/日・祝4時/月休
大学路・ライブ劇場(라이브극장)
100分

◇キス アンド メイクアップ(키스앤메이크업)
2010.03.20~Open Run(오픈런)
火~木8時/金・土3時、7時/日4時/月休
ザ・グッドシアター(더굿씨어터)
100分

◇洗濯(빨래)
2010.01.09~2010.06.27
火・木・金8時/水4時、8時/土3時、7時/日・祝4時/月休
ハクチョングリーン小劇場(학전그린소극장)
150分
☆ごく簡単なあらすじとレビュー

◇有機農ミュージカル 独身男ん家の八百屋2.0(유기농 뮤지컬 총각네 야채가게 2.0)
2010.01.15~2010.04.30
平日8時/土・祝4時、7時/日4時/月休
SMアートホール(SM아트홀)
100分

◇オペラ座の怪人(오페라의 유령)
2009.09.23~2010.08.08
平日8時/土3時、8時/日・祝2時、7時/月休/4月の日曜は2時のみ
シャーロッテシアター(샤롯데씨어터)
160分

◇ミュージカル パフォーマンス-ビット(뮤지컬 퍼포먼스-비트)
2010.03.26~2010.04.04
平日8時/土・日3時、7時/月休/4月4日3時のみ
芸術の殿堂・トウォル劇場(예술의전당 토월극장)
90分

◇All that Jazz
2010.01.23~2010.04.25
平日8時/土・日・祝3時、7時/月休/3月28日3時のみ
忠武アートホール小劇場ブルー(충무아트홀 소극장 블루)
90分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.26

モムサルだ!

 昨日の夕方から身体のあちこちが凝り固まっていて、体調悪かったのですが。

 今朝、目が覚めたら寝汗かいてて、風邪ひいた~と気づきました。
 幸い、熱もなく、頭痛もなく、咳やくしゃみも出ません。ただ、腕や足の関節と筋肉が痛くて、全身だるいだけ。あれ? これって、モムサル(몸살)?

 モムサルは韓国語の国語辞典をひくと、

 身体がひどく疲労して起こる病。腕と脚がずきずき痛んで、ぐったりして力がなく、悪寒がする。
 몸이 몹시 피로하여 일어나는 병. 팔다리가 쑤시고 느른하며 기운이 없고 오한이 난다.

とあります。韓国では時々症状が出てました。

 身体を動かすのが辛いので外出の予定をキャンセルして、たまっていた『週刊 江戸』の原稿チェックに一日当てました。
 日本でモムサルになるとはねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.25

キューティー・パソコン

3月9日(火)
 前日夜ソウルから帰国、空港から仕事場へ。そのままほぼ徹夜で原稿執筆。自宅に帰れないまま、外出。

 午前中、東京経済大で打合せ会議。

3月10日(水)
 朝9時過ぎからPCに貼り付いて、四月歌舞伎座チケットの争奪戦に参戦
 まずまず希望通りのチケットが取れて、大仕事を一つ終えたような気分になり、その後しばらく呆けてました。

 気を取り直して、原稿執筆と調べ物。『週刊 江戸』の編集者さんたちから問合せが続々飛んできてます。

3月11日(木)
 原稿執筆と調べ物。
 地元の図書館で江戸時代の髪型に関する資料をごっそり借りてきました。前日の問合せにガンガン返信。

3月12日(金)
 朝から、立川の国文学研究資料館で調べ物。ここは遠くて出向くのが億劫ですけれど、たどり着いてしまえば快適で、調べ物がはかどります。

3月13日(土)
 原稿執筆と調べ物。
 今月中に片付けないといけない仕事のリストを作ってみました。絶対無理そうな気がする……。

 一年前に買ったものの全く使っていないPCがある……という耳寄りな話があり、めでたく譲ってもらうことに。

Imgp7310

 自分では絶対買わない色ですが、ソウルでミュージカル『ブロンドが凄過ぎよ(금발이 너무해)』(映画邦題『キューティ・ブロンド』)を見てきたばかりで、気に入ってます。

Legallyblonde

 ピンクPCでお堅い原稿が書けるのか、ちと心配ではあります。

3月14日(日)
 午後からシアターコクーンで『上海バンスキング』の千秋楽。

 帰りに実家へ立ち寄ってのんびり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.24

ソウルB+級グルメ-ノルブのボッサム

Imgp7201

 ボッサムです。蒸した豚肉をキムチなどと一緒に食べます。さっぱりヘルシーで、大好きな韓国料理の一つです。
 上から見ると、こんな感じ。

Imgp7202

 これは「中(중)」で、29,000ウォンだったかな。美味しかった~。他にいろいろなお惣菜がついてきます。ご飯は別注文でした。

Imgp71991_2  Imgp7200

 お店は、芸術の殿堂の向かい側、交差点の角にあるノルブ(놀부)の「ボッサムと石釜飯(보쌈과 돌솥밥)」です。ノルブはチェーン店であちこちにいろいろなお店がありますが、芸術の殿堂前のお店は定食メニューがないので、二人以上でないと入りにくいかも。

 ソウル旅行2日目、芸術の殿堂でマチネ・ソワレ(낮공연、昼公演・저녁공연、夕方公演)ハシゴの合間に、韓国語の先生と一緒の楽しい夕食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.23

連絡

 「初めての韓国演劇」アンケートにご回答下さった方々へ

続きを読む "連絡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[演劇]Bオンソ/B언소・蜚語所

 劇場のチケット窓口に「今日の出演者」という顔写真入りのキャスト表が出てました。何とそこには「カン・シニル」の名が! 事前のキャスト日程表では今日は出演しないはずなのですが、キャスト変更? ファンとしては超ラッキー!?

Imgp7229

 そして終演後。……え~っ? カン・シニル、出てた?? カーテンコールに並んでた??? いなかったように思うんですけど……。
 カン・シニルが出てたかどうか分からないなんて、あり得ない。演劇熱戦/列伝の『韓氏年代記(한씨연대기)』、2006年の『陳述(진술)』と、舞台で見てます。あの存在感、見逃すはずはないのです。
 もしかして、1、2場面だけちらっと出演してたのでしょうか……。


『Bオンソ(B언소・蜚語所)』
3月7日(日)15時
アートウォンシアター3館・チャイム劇場/아트원씨어터 3관 차이무극장
自由席
作・演出:イ・サンウ(이상우)
出演:カン・シニル(강신일)、キム・スンウク(김승욱)、イ・デヨン(이대연)、ミン・ボッキ(민복기)、ソ・ドンカプ(서동갑)、ソン・ジェリョン(송재룡)、ミン・ソンウク(민성욱)、イ・ジョンオク(이중옥)、イ・ヒジュン(이희준)、キム・ジヒョン(김지현)、ノ・スサンナ(노수산나)

 プログラムに載るイ・サンウの文章に、こんな解説部分があります。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 『Bオンソ』は一種の<演劇コラージュ>です。
 私が、今日、今、街を歩いていて、立ち止まって周囲をぐるっと見回したら、何が見えるだろうか? 私たちのどんな姿が見えるだろうか?
 『Bオンソ』は独立した27個の場面で構成されています。
 場面一つ一つが寸劇として完成され、同時に分子構造のように互いに連結して統合されています。
 この演劇の表現は非現実的なので、ちょっと「不思議な演劇」になってほしいです。
 言わば、現実をさらに現実的に見る非現実的な方法でしょう。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 この言葉通り、演じられる27の場面はトイレを舞台とした非現実的な出来事です。用を足しに来たら掃除のおばさんにどつきまくられたり、トイレの個室で生活してる人がいたり、カエルの鳴き声のようなセリフの発声を背景に詩が朗読されたり。不条理あり、風刺あり。
 公演時間は90分なので、一つの場面は平均3分弱。次々と状況の異なる不思議な場面が演じられていきます。

 不条理風のナンセンスなものは無条件で面白かったです。一方、風刺をきかせたものは今ひとつピンと来ない、というか、あまり笑えませんでした。私が外国人だからかもしれません。大統領風刺ネタなどは、せめて韓国に住んでいないとダイレクトには伝わって来ないでしょう。

 見終えて二つのことを感じました。一つは、この手法が現在の演劇シーンでどれだけ力を持ちうるのだろうか、という疑問。もう一つは、今この時代は、風刺が以前ほどの力を持てなくなっている時なのだろうな、ということでした。

 そして、二週間経った今、感じていること。この作品は、27の場面で演じられていることを細部に至るまで把握して、27の場面の配列順が表すことの意味をも検討した上で、初めて正当に評価できる芝居なのだろうな、と。
 全てをきちんと把握できたら、とんでもなく面白い芝居かもしれないという気がしてます。

 作品の初演は1996年、その後1998年、2003年と再演の度にその時代に合わせて内容を修正しており、今回の公演にあたっても27場面中14場面は書き直したそうです。

 リピートしたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.22

歌舞伎座さよなら名物11

歌舞伎座さよなら名物11

 5度目の挑戦でありつけました。

 限定20食、出ない日もままある、今や歌舞伎座のレアフード。
 「おでん定食」です。

 かつては三階におでん食堂があって、そば、カレーに並ぶ三階住人御用達メニューでした。
 おでん食堂がなくなり、地下食堂「花道」の予約メニューとなってからは、自然間遠になってました。

 久しぶりに食したおでん定食、とっても美味しい。
 おでん食堂なき後もメニューが残ったのは、根強いファンがいたからなのでしょうね。

☆関連記事
 歌舞伎座名物(もりかき揚げ)
 歌舞伎座名物2(めでたい焼)
 歌舞伎座名物3(小倉アイス)
 歌舞伎座さよなら名物4(くずきり)
 歌舞伎座さよなら名物5(カレーコーナー)
 歌舞伎座さよなら名物6(人形焼)
 歌舞伎座さよなら名物7(甘栗)
 歌舞伎座さよなら名物8(鴨せいろそば)
 歌舞伎座さよなら名物9(桟敷席と桟敷限定メニュー)
 歌舞伎座さよなら名物10(二の午祭とお神酒・お汁粉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国での楽しい会話

3月5日(金)
 NH1291便でソウルへ。前日の睡眠2時間で、コンディション最悪です。
 なのに、金浦から鍾路3街のソウル劇場へタクシーで直行。久しぶりのタクシーの運転手さんとの会話は、やはり楽しいのでした。

運転手「どちらへ?」
なな「鍾路3街です。」
運転手「日本にお住まいですか?」
なな「ええ。」
運転手「日本は景気どうですか?」
なな「よくないです。政治家や大企業のトップはよくなったって言ってますけど。」
運転手「こっちも全然ダメだねぇ。鍾路3街のどこへ行きますか?」
なな「あ、ソウル劇場です。」
運転手「よくご存知ですね。」
なな「以前、韓国に7年間住んでました。」
運転手「アジョッシは何なさってるんですか?」
なな「えーっと、日本で先生してます。」
運転手「こちらに親戚はいらっしゃらない?」
なな「ええ、いません。」
運転手「いればいいのにねぇ。」
なな「ホント、そうですよねぇ。」

 面白そうだったので、否定せずにそのまま運転手さんの会話に乗っちゃいました。
 こうして会話を思い返しても、どこで「在日僑胞(在日韓国人)」と判断されたのか、謎です。模範タクシーに目もくれず、一般タクシーの列に直行したところで、すでにそう思われていたんでしょうかね?
 運転手さんの意図とはズレてますけど、最後のひと言は本気でした。ソウルに親戚がいて(できれば大学路に近いところで)、いつでもタダで気楽に泊まれたらどんなにいいことか。
 ズレてるのに微妙に噛み合うのが、またおかしいですね。

 夕方、知り合いに電話かけまくって、食事のアポイントメントを取りました。日本で何も手配しないで来ちゃったのです。それでも何とかなるのが、韓国のよいところ。

3月6日(土)
 午前中、宿で原稿執筆。
 昼、韓国の演劇PDと食事。
 夜、かつての韓国語の先生と食事。

 芸術の殿堂で『レインマン』を見た後に、韓国語の先生と落ち合いました。あれ?男性と一緒だ! もしかしてデートしてた? 男性が挨拶だけして帰ろうとするので……。

なな(小声で先生に)「食事、一緒にしてもいいですよ」
先生(同様に小声で)「ううん、いいの」
  一人で帰途につく男性。
なな「もしかして、彼氏ですか?(남자 친구에요?)」
先生「まぁ、そんなようなもん(비슷한 것)」
 
 そっか、こういう時には「비슷한 것(似ているもの)」って言うのね。先生と話してると、韓国語がどんどん上達します。

3月7日(日)
 午前中、宿で原稿作成。
 昼、同業の韓国人後輩と食事。最近の面白い話をいろいろ聞けました。

後輩「韓国の親は教育熱心でしょ?」
なな「うん。」
後輩「でも、最近は子供への教育熱が冷めてきてるんですよ~。」
なな「え~、景気悪くて、せめて子供にはいい教育を、ってなりそうなのに。どうして?」
後輩「みんな、疲れてきちゃってるんです。もういいよって思い始めてて……。」

 傍で見てるだけでも疲れちゃいそうなほどに過剰な教育熱。当人たちもお疲れだったのね……。

 食事中、携帯に電話がかかってきました。ソウル女子大での教え子K嬢です。この2年ほど、キッザニア・ソウル立ち上げの仕事に携わっていて、オープンしたらぜひ来て下さい、と前々から言われてました。

K嬢「先生、キッザニア、オープンしました!」
なな「おめでとう~。評判はどう?」
K嬢「オープンしたばかりでまだ……。」
なな「行ってみたいなぁ。ちょうど明日暇なんだけど、行ってもいい?」
K嬢「え? 本当ですか?」
なな「夕方5時頃まで暇だから、時間は何時でも合わせるよ~。」
K嬢「あの、では明日の朝、お電話します。朝、会社出ないと分からないので。」
なな「オッケー。じゃ、連絡待ってるね~。あ、無理はしなくていいからね。」

 恩師とこんな会話をしておいて、無理をしない韓国人なんているはずがありません。
 翌日の顛末やいかに? その前にこちらの記事をどうぞ。

子供を他人に貸せますか?

3月8日(月)
 午前中は宿で原稿執筆。

 朝9時半、K嬢から電話が来ました。

K嬢「先生、今日、3時15分だったらいいんですけれど……。」
なな「うん、大丈夫。その時間に行くね~。」
K嬢「あの、友達の子供と一緒に入りますから……。」
なな「ありがと~。じゃ、3時15分にね!」

 3時15分にキッザニアの入口へ着いて、久しぶりにK嬢と再会。すぐに、子供を3人連れた彼女の友人を紹介されました。子供3人+大人3人(友人、K嬢、私)のご一行様として、キッザニアに入場しようというわけです。
 さすが韓国、昨日の今日で、一緒にキッザニアに入場してくれる子供、というか、それをOKする親が見つかるのですね。入場後は別行動でしたので、親子4人でキッザニアを楽しんでくれたことと思います(もちろんタダでね)。
 キッザニア・ソウルの見学記は改めて記事にするつもりです。

 NH1294便で帰国。飛行機の中で、原稿執筆。

 3泊4日、観劇以外の時間も楽しかったです。
 PD、韓国語の先生、後輩、食事は全部、先方のオゴリ。誘ったのは私なんですけれどね。これが韓国の掟です。彼女たちが日本に来た時は、もちろん、全部ワタシがおごります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.21

今日の劇場

今日の劇場

 倉庫です。

 パラドックス定数『「ブロウクン・コンソート』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[展示]長谷川等伯

 会期当初から大混雑、大行列と伝わってきていた「長谷川等伯」展。会期終了直前、20時まで延長開館してる金曜日の閉館間際を狙って、突撃してきました。18時半前に着いて、入場20分待ち。日によって時間帯によっては「2時間待ち」がアナウンスされたこともあったそうです。20分なんて待ち時間の内に入らない?
 アナウンス通りに約20分待って、18時45分頃入場できました。


没後400年特別展「長谷川等伯」
3月19日(金)
東京国立博物館・平成館

 いや~、とにかく場内大混雑でした。過去に出かけた数々の展覧会を思い返してみても、会場全体がここまで混んでいたことはなかったように思います。
 それでも19時半が入場終了時刻なので、次第に空いてくるはずと思い、展示の最初の方の特に混んでる部分は一旦パスして、いくらか人の少ないところから見始めました。で、最後まで見たら、また最初に戻って見直す作戦です。
 でも、入場を締め切った19時半の時点でも、場内は芋洗い状態。「場内混雑のため、20時半まで開館します」という旨の館内アナウンスが入りました。

 結局、展示会場3周しちゃいました。3週目のスタートは20時近くになってましたが、その時点でやっと、かなり混んでる展覧会、の状況でした。

 さて、肝心の展示品ですが。

 等伯の作品って、保存状態がよいものが多いんですね。今回の展示は「国内に存在するほぼすべての等伯の作品を、一挙に公開する史上最大規模の大回顧展」とのことで、良品だけを集めたわけではないのに、どの作品もこれだけ状態がよいというのは奇跡的に思えます。

 会場は等伯の生涯に沿って作品が展示されていて、若い頃に色鮮やかで緻密な仏画を描いていた人が、水墨画に傾倒して「松林図屏風」(東京国立博物館蔵、国宝)の域に至っちゃう、その過程を追うことができたのが興味深かったです。

 気に入ったのは、「松に秋草図屏風」(京都・智積院蔵、国宝)のぷっくりした菊の花弁、ひらひらと柔らかな芙蓉の花弁。「竹林七賢図屏風」(京都・両足院蔵)を始めとする水墨画の屏風に描かれた直ぐなる竹。「竹林猿猴図屏風」(京都・相国寺蔵、重文)で描いている牧谿の影響を受けた猿。
 等伯の表現力、すごいです。どうして筆でこんなふうに描けるのか。

 襖絵や屏風など大型のものが数多く出ていて、博物館へ足を運んだ甲斐がありました。縦10m、横6mの巨大な「仏涅槃図」(京都・本法寺蔵)なんて、図録では絶対にそのスケールが分かりません。
 また、「国内に存在するほぼすべての等伯の作品」って、それなら来てないのは何?と思ってたら、等伯は大徳寺三門・金毛閣の天井画と柱絵を描いてるんですね。これは写真やバナーでの展示でしたが、大徳寺では拝観不可だそうですので、ここで見られてよかったです。

 東京は明日22日が最終日ですが(今日・明日20時まで延長開館してます!)、すぐに続けて4月10日(土)~5月9日(日)京都国立博物館で開催されます。
 関西の方、京都へお出かけの方、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プサン演劇ミュージカル情報/10.03.21

 『エクウス』と演劇『爾』のプサン(부산)公演の情報です。この舞台、見たい~という話をよく聞きますので。
 ソウルの公演は『エクウス』が先週末、『爾』が今日で千秋楽。韓国語では「マッコン(막공)」、最後の公演(마지막 공연)の略です。


エクウス(에쿠우스)
2010.05.14~0516
金20時/土15時・19時/日14時・18時
プサン・MBCロッテアートホール(MBC롯데아트홀)

 キャストは、アランが全回チョン・テウ(정태우)、ダイサートは14・15日の3回がソン・スンファン(송승환)、16日の2回がチョ・ジェヒョン(조재형)です。

爾(연극 이)
2010.05.28~05.30
金20時/土15時・19時/日14時・18時
プサン・MBCロッテアートホール(MBC롯데아트홀)

 キャストは、チャンセンは全回イ・スンフン(이승훈)、コンギルは28・30日の3回がキム・ホヨン(김호영)、29日の2回がオ・マンソク(오만석)とだけ出てます。残りは追って告知するとのこと。


 どちらも、公演タイトルにインターパークチケットへのリンクを貼っておきました。最新情報、詳細情報はそちらでご確認下さい。

 MBCロッテアートホールは、クァンアリ(광아리、広安里)海水浴場の近くです。空港からはちょっと距離がありますね。地下鉄が通って便利になってますが。
 この春が開館1周年だそうで、1周年記念公演BEST3として

  4月10日~18日 『ブロンドが凄過ぎよ(금발이 너무해)』
  5月14日~16日 『エクウス(에쿠우스)』
  5月28日~30日 『爾(연극 이)』

が挙がってます。何て素敵なラインナップ。

 成田-釜山の直行便って、今、一日4便あるんですね。
 福岡・大阪からはひとっ飛び、曜日によっては中部国際からも直行便があるようです。

 クァンアリのビアガーデン、楽しかったなぁ。
 ソミョン(서면、西面)のロッテホテル デパート脇の屋台のホットック、また食べたいなぁ。
 国際市場(국제시장)の屋台のてんぷら、美味しかったなぁ。

 食べ物の思い出しかないのでしょうか、ワタシったら。
 ソウルとは違った楽しさがあるプサン。あぁ、行きたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.03.20

ソウルB+級グルメ-ナクチプルコギ

 ソウル旅行2日目の昼食、大学路の「ナッキオッキ(낙끼오끼)」で食べた「ナクチプルコギ(낙지불고기)」です。
 ナクチとキャベツ、人参、ネギなどの野菜を辛いタレで炒めたものです。辛くて美味。

Imgp71871

 ナクチは手長タコです。
 実物の写真が、このへんにあります。以前、映画『風の丘を越えて-西便制-(서편제)』、ドラマ『春のワルツ(봄의 월츠)』のロケ地・青山島(청산도)へ旅行へ行った時に、木浦(목포)で撮ったもの。興味ある方は、旅行記と合わせてご覧下さいませ。

 このお店には、「生きたナクチプルコギ(산낙지불고기)」もあり、こちらはうねうね動いているナクチのぶつ切りが入った浅鍋が出てきます。こちらもお勧め。

 ランチメニュー(11時30分~5時、土日もアリ)には、「ナクチプルコギ白飯(낙지불고기백반)」(6000ウォン)などの定食メニューがあり、一人でもOKです。混雑時は避けた方がよいと思いますが。

 お店の場所は、えーっと、恵化駅4番出口近く、有名な焼肉店「ナクサンガーデン(낙산가든)」の裏手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.19

『切り裂きジャック』を語ろう!

 『切り裂きジャック(살인마 잭、殺人魔ジャック)』、見られなかったんですよね。スケジュール合わなくて。

 舞台は見られなかったけれど、せめて話だけでも聞きたい!
 ということで、『切り裂きジャック』をご覧になった方に自由に感想を書いていただくための記事を作ってみました。

 『切り裂きジャック』の舞台、俳優、音楽、観客。コメント欄で存分に語って下さい!
 見てない私はついて行けないかもしれませんが、そこは、ご覧になった方々で自由にご歓談いただければ、と。

 で、「千秋楽は8.5割が日本人客」ってマジですか?(lll゚Д゚)
 どんな方々がどこでチケット入手して行ってたのでしょうか?

| | コメント (30) | トラックバック (0)

20分待ち

20分待ち

 長谷川等伯@東京国立博物館です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

[演劇]演劇 爾/연극 이

 映画『王の男』の原作演劇、初演から10周年を記念しての公演です。初演のキャストがほぼ全員揃うというのが見どころ。キム・ネハの燕山君(연산군)を見たくて、この日の観劇となりました。
 この作品は、2006年1月に続いて二度目です。


『演劇 爾(연극 이)』
3月6日(土)19時
芸術の殿堂・トウォル劇場(예술의전당 토월극장)
1階C列47番
作・演出:キム・テヨン(김태용)
出演:キム・ネハ(김내하)、オ・マンソク(오만석)、イ・スンフン(이승훈)、チン・ギョン(진경)、チョ・ヒボン(조희봉)

 期待のキム・ネハ、素晴らしかったです。燕山君という人は確かにこういう人物だったにちがいないと思わせてくれる演技でした。
 冒頭、毒を賜って死んだ母を追慕して痛切に慟哭する姿が、早くも只者ではありません。寵妃ノクスに対する甘えと情欲、芸人コンギルの偏愛と虐待、臣下たちへの無慈悲で暴虐な振舞。くるくる変わる激しい気性の爆発とエキセントリックな言動の連続です。キム・ネハの激情型の演技がとても魅力的で、燕山君から目を離せませんでした。

 コンギル役のオ・マンソクとノクス役のチン・ギョン。二人とも上手いし、きっちり芝居してたのですが、キム・ネハが凄過ぎました。
 後半、チャンセン役のイ・スンフンが登場すると、さすがの存在感。キム・ネハの燕山君とイ・スンフンのチャンセンと、この二人が真っ向対立する芝居が見てみたかった…なんて思っちゃいました。

 本筋の合間合間に演じられる芸人たちの芸。滑稽で面白いです。以前はネタを日替わりでやってると言われていましたが、今回の公演ではどうだったのでしょうか。

 今回再見して、この芝居の演出に改めて感心しました。舞台装置なんてほとんど何もないシンプルな舞台なのですけれど。

Imgp72091

 以下、プログラムに載るあらすじを記しておきます。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 朝鮮時代、燕山君の治世。宮中の広大(=芸人)コンギルは、燕山君の加虐的性戯の相手をつとめる。コンギルは身体と笑いを提供する対価として、戯楽院の長となり、どうしても着たかった緋緞の道服を燕山君から下賜される。コンギルは禁府で管理していた優人(=俳優)たちを戯楽院に編入させて管理するが、コンギルの友人であり、男色パートナーでもあるチャンセンは、コンギルが権力に目がくらんで遊び(=芸)の本質を変質させることを大声で叱り、コンギルの元を離れる。

 ノクスはコンギルに燕山の愛情を奪われることを妬み、慶会楼での宴もたけなわの時にコンギルの服を脱がせて侮辱する。これに対抗して、コンギルはノクスの下人であるヒョンパンの非理をすっぱ抜く遊びをして見せ、遊びを通じてヒョンパンを失脚させる。これに対して、ノクスはホン内官と謀って、コンギルの筆跡を真似て、燕山とノクス自身を誹謗する諺文(=ハングル)誹謗書を作成する。諺文誹謗書事件に腹を立てた燕山は、犯人探しに血眼になる。危機感を感じたコンギルは、諺文でできた文章をすべて燃やしてしまい、形勢を覆すつもりで宮殿に入り、燕山に誹謗書事件を機に諺文の使用を禁じることを願い出る。このことを知ったノクスは、コンギルが書き捨てた反古を持ち出して、誹謗書と反古の筆跡が同じだということを証拠に、コンギルを捕らえさせる。

 コンギルの元を離れていたチャンセンは、全羅道で反正を企てる吏科ユソンの通知文を漢陽の不満勢力に伝える過程で、諺文誹謗書を見て、書体がコンギルの筆致であることを知るが……。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 蛇足。ノクスがコンギルを侮辱した宴席が催されていた場所、「慶会楼」ってこんなところです。
慶会楼(キョンフェル)特別観覧

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.03.17

韓国演劇ミュージカル情報10.03.17

 現在、企画・製作が進んでいる、TVドラマを元にした演劇・ミュージカル作品の話題です。すでに紹介したものもありますが、よくまとまっているのでタイトルを拾っておきます。


ドラマ原作の演劇・ミュージカル、続々舞台へ
 『屋根裏部屋の猫』『甘い人生』など
 アジアトゥデイ 2010.03.17

 小説を原作とした「ノベルカル(노블컬)」、映画を元に作った「ムービカル(무비컬)」に続き、今はドラマを舞台化した演劇やミュージカルが主流だ。

 ドラマで大きな人気を集めた『屋根裏部屋の猫(옥탑방 고양이)』は来月6日からソウル・大学路SMティンティンホール(SM틴틴홀)で演劇として公演される。(略)

 ドラマと違い、演劇では88万ウォン世代の悩みと抗弁が込められており、猫役の二人の俳優がそれぞれ登場することも演劇バージョンだけの興味だ。

 7月から大学路・芸術マダン(예술마당)で公演予定のミュージカル『甘い人生(달콤한 인생)』は、2008年に放送された同名ドラマを原作とした作品だ。(略)

 ノ・ヒギョン(노희경)作家のドラマ『世間で最も美しい離別(세상에서 가장 아름다운 이별)』は、ドラマ『茶母(다모)』と『ベートーヴェン・ウィルス('베토벤 바이러스)』のイ・ジェギュ(이재규)PDの演出で「演劇熱戦3」の演劇作品として上演される。

 6月に開催予定のテグミュージカルフェスティバルでは、漫画とドラマで人気を集めたウォン・スヨン(원수연)原作の『フルハウス(풀하우스)』が創作ミュージカルとしてお目見えする予定だ。

 MBCドラマ『コーヒープリンス1号店(커피프린스 1호점)』も、放送後、演劇として製作されたのに続いて、この夏、ミュージカルの舞台にかかる予定だ。

 ユン・ウネ(윤은혜)、チュ・ジフン(주지훈)が主演したドラマ『宮(궁)』もミュージカルとして製作され、9月に幕を開ける。(略)

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 元のTVドラマは、どれもかなり人気のあった作品です。記事でも、「ワンソースマルチユース(원소스멀티유즈)」の「キラーコンテンツ(킬러 콘텐츠)」だと述べてます。

 こういう企画が次々出てくるのには、ミュージカル・演劇の市場が拡大しているという背景があります。ヒットしたTVドラマというのは、市場拡大で不足しているコンテンツを補うのに手頃な素材で、かつ、広がりつつある観客層の裾野部分を引き寄せやすいコンテンツでもありますよね。

 私はあまりTVドラマを見てないので、ここに挙がっているタイトル、全編通して見たものは一つもありません。それでも、これだけいろいろなドラマ作品がそれぞれ舞台化されるとなると、全部見比べてみたいなぁ、なんて思っちゃったりしています。

 『屋根裏部屋の猫』について、記事ではダブルキャストのような書き方になってるのですが、実際はトリプルキャストが発表されてます。こうやって調べてると、どんどん見たくなるんですよねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.16

二次会

二次会

 恒例巨大パッピンスです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.15

ソウルB+級グルメ-カルビ・冷麺セット

 ソウル旅行中に食べたもの。今回は友達と一緒のことが多くて、いつものB級、C級グルメよりちょっとマシな食事をしてましたので、B+(Bプラス)級グルメというタイトルにしてみました。

 初日夕方の大学路にて。一人で入れるお店を新規開拓してみることにしました。
 初めてのお店で注文を決める時は、お店の人に直接聞くのが一番です。

なな「何が一番美味しいですか?」
(韓国の人は皆こう↑聞くので、私も真似っこしてます。)
店の人「うちは冷麺のお店なんですよね」
なな「じゃ、あの、冷麺とカルビ一皿にします」

 このお店のメインメニューらしき「冷麺+カルビ一皿」を注文することにしました。他のお客さんたちも、皆、それを頼んでるみたいだし。

店の人「水冷麺とビビン冷麺とどちらにしますか?」

 「冷麺」には「水」と「ビビン」の二種類があります。「ビビン冷麺」は、汁がなく、辛いタレとあえて食べる冷麺です。日本でいう「冷麺」は、韓国では必ず「水冷麺」と言います。
 なので、韓国で「冷麺ジュセヨ(냉면 주세요)」と注文すると、必ず「水冷麺(물냉면)? ビビン冷麺(비빔냉면)?」と聞き返されます。韓国で暮らし始めた当初、これが聞き取れなくて、冷麺食べるのを諦めたことが何度あったことか。

なな「どちらがお勧めですか?」
店の人「辛いものは嫌いですか?」
なな「いえ、好きです。」
店の人「それなら、ビビン冷麺になさい。」

ということで、「ビビン冷麺+カルビ一皿」に決定。

Imgp7158

 まずビビン冷麺が出てきました。庶民的なお店なので、ハサミを置いていきました。おぉ、冷麺を自分で切れる。楽しいなぁ。

 ビビン冷麺をまぜ終えたところに、お待ちかね、カルビが登場。
 こんな感じです。

Imgp71602

 カルビ+ビビン冷麺のセットで、お値段は5,000ウォン。見ての通り、カルビの肉質はB級です。それでも、一人の食事でカルビが食べられるのは、ちょっと嬉しかったりします。

 ビビン冷麺は激辛でした。口の中が痛くて、食べ続けられないほど。店を出た後で、痛みが口からノド、食道、胃……と下へ降りていって、翌朝まで響きました。
 辛いのが苦手な方は「水冷麺」をどうぞ。

 6時少し前、私がお店に入った時は空席がありましたが、6時を回ったらあっという間に満席になっちゃいました。人気のお店らしいです。

 場所は、恵化駅4番出口を出て、バスキン・ロビンス(サーティーワン)の路地を入って、ずーっと行った右側。
 「ユクサムネンミョン(육쌈냉면)」というお店です。

Imgp7162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.14

[映画]義兄弟/의형제

 金浦空港から鍾路3街(종로3가)のソウル劇場へタクシー乗りつけました。チケットボックスでスケジュール確認したら、すぐに始まる回がありました。
 3泊4日ソウル観劇旅行は、今話題の映画から始まりました。宿にチェックインどころか、映画のお供の定番、焼きイカを買う暇もありませんでした。


『義兄弟(의형제)』
3月5日(金)12時20分
ソウル劇場11館
H列15番

 まずは、公式サイト Daumの映画情報からあらすじ(줄거리)を。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
<ソウルの中心部で起こった謎の銃撃戦>
 そこで初めて出会った二人の男。国家情報院エージェントのハンギュ(ソン・ガンホ)と南に送り込まれた工作員チウォン(カン・ドンウォン)。作戦失敗の責任を取ってハンギュは国情院を罷免され、チウォンは裏切者の烙印を押されて北から捨てられる。
<6年後、敵であるとばかり思っていた二人の男>
 偶然に出くわした二人は、互いに身元を偽って、それぞれの目的のために共に行動するようになるが……。敵とばかり思っていた二人の男、しかし時間が経つにつれ、友人として、男として、互いを理解するようになる。そんなある日、チウォンに、6年前のあの日のように北から指令が下され、ハンギュとチウォンは人生を賭けた最後の選択をすることになる。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 物語の縦糸は南北関係を背景にした二人の男の対立で、そこに横糸として現代韓国の社会問題が織り込まれています。子供の教育、外国人労働者、外国人嫁。こう書くと、重苦しい社会派ドラマのように思えますが、声高に主義主張を唱えることなくヒューマンドラマに仕上がってます。ミステリー風のストーリー展開、味のある小さなエピソード、脚本よくできてます。こういう映画、好きです。

 ソン・ガンホ(송강호)の演技は相変わらず魅力十分で、それにカン・ドンウォン(강동원)が負けてません。彼の眼の力強さは特筆もの。物語は最初から最後まで韓国を舞台としており、「北」のリアリティをカン・ドンウォンの眼と北の殺人者役チョン・ククァン(전국환)の無言の演技が支えているのです。素晴らしい。

 監督のチャン・フン(장훈)は、キム・ギドク(김기덕)の『うつせみ(빈집)』『サマリア(사마리아)』『弓(활)』(以上、演出部)『時間(시간)』(助監督)に携わり、自身の監督作品は『映画は映画だ(영화는 영화다)』に続き2本目。
 韓国映画界、また凄い才能が出てきたなぁと思います。

 できることなら、今すぐもう一度見たい映画です。
 今日(3月14日)のニュースによれば、公開38日目(3月13日)で観客動員500万人突破したそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おこげ野菜あんかけ

おこげ野菜あんかけ

 やっぱりまた来ちゃいました。BUNKAMURA。前回の小龍包以来、2度目。今回は、おこげの野菜あんかけです。デザートのゴマ団子も美味しかったです。

 今、後ろを通り過ぎた人が、さりげなく「チケット、ないかなぁ…」と呟いてました。

 芝居の神様、ありがとう! 『上海バンスキング』、千秋楽です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.13

[演劇]レインマン/레인맨

 芸術の殿堂、久しぶりの訪問でした。懐かしい。エントランスとロビーがリニューアルされて、カフェやバーが充実。若いカップルが行き来する洒落たデートスポットに変身してました。公演施設は立派だけど寛げるスペースがなくて、ゆっくり時間を過ごすような場所ではなかった以前と違い、居心地よさそうでイイ感じ。敷地が広くて開放感があるのは今も昔も同じです。
 ここにあるのは、オペラ劇場、中劇場、小劇場、クラシックのコンサートホール、リサイタルホール、美術館。隣接して、国楽(伝統音楽)のための大ホール、小ホール。あぁ、羨ましい。

Imgp7191

 右側、てっぺんが帽子みたいな建物がオペラハウスです。オペラ劇場、トウォル劇場、自由小劇場の3劇場がこの中にあります。


『レインマン(RAIN MAN/레인맨)』
3月6日(土)15時
芸術の殿堂・自由小劇場(예술의전당 자유소극장)
3階3番
演出:ピョン・ジョンジュ(변정주)
出演:パク・サンウォン(박상원)、ウォン・ギジュン(원기준)ミン・ジファン(민지환)、パク・ミンジョン(박민정)

 映画『レインマン』を舞台化した作品です。日本では2006年に椎名桔平・橋爪功で上演されていて、これが世界初演でした。日本の脚本・演出は鈴木勝秀。

 今回の韓国公演は2009年に続く再演です。ネット上の公演情報では「오리지널 Creative Team 대본(オリジナル Creative Team 台本)」や「Staff」として「Katsuhide Suzuki」とあり(公演プログラムでは、スタッフとしてのクレジットはなし)、日本の台本を元に製作している舞台なのでしょう。日本の舞台は未見で、比較できないのですけれど。

 自閉症の兄レイモンド役を演じたパク・サンウォン。素晴らしい演技力でした。舞台にいる間一瞬たりとも気を抜けない自閉症という役柄を見事に演じ切ってました。何より「レインマン」が愛すべき存在に見えたのが素敵。チャーリーが「レインマン」に兄弟の情愛を持ち始めるのがとても自然に感じられました。

 ストーリーは映画をほぼなぞって展開します。ウォン・ギジュン演じる弟チャーリーの職業がネットトレーダーという設定は現代風ですね。
 映画と演劇ではっきり違うのは、最後にレイモンドが病院へ帰っていく理由。映画では裁判の結果ですが、演劇ではレイモンドの意志。また、兄弟の心が通じる出来事が、映画ではパンケーキのシロップのエピソードですが、この公演ではサッカーで、兄弟二人でリフティング20回を達成しようとします。ところが、舞台は生もの、失敗続きでなかなか20回まで続かず、何度も何度も繰り返し、結局達成できないまま終了。面白かったけど、この場面はストーリーの枠組をはみ出していて、当然ながら自閉症レイモンドの役作りも破綻してました。これ、日本版でも同じ演出だったのでしょうか?

 舞台は中央にシンプルなソファとテーブル。上手下手それぞれにベッド。下手ベッドの近くにはバスタブ。上手には高めのテーブル。背後に壁を立て、その後ろを通ることで各空間の距離感と移動を表現します。かなり複雑な場面転換をうまく処理してました。このへんも日本版ではどうなっていたのか知りたいところです。

 休憩10分を含めて、上演時間2時間40分。芝居は充実してましたが、疲れました。リフティングを一発で決めて2時間30分というのが本来の形なのかも。

 客席に小学生の子供連れのお客さんがちらほら目立ったのが驚きでした。7歳未満入場不可という公演でしたから、7歳~10歳ぐらいでしょうか。子供向けの芝居ではありませんが、考え方によっては子供に見せたい芝居です。失敗続きのリフティング場面で嬉しそうにケラケラ笑ってた以外は、2時間40分の長丁場をじっと静かに鑑賞していて、これまた驚きでした。
 日本版の『レインマン』には、子供の観客、いたのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.12

時間がないのに……

 ソウル旅行前の日録です。

3月1日(月)
 3月になっちゃった……とつぶやきつつ、原稿作成。

3月2日(火)
 ソウル行く前に何とか形にしなくちゃ……とつぶやきつつ、原稿作成続行。

 『週刊江戸』のイラストレーターさんから問合せが来ました。肖像画が残されていない人物のイラスト描き起こしという難問。即刻返信。

 夕方から歌舞伎座初日の第三部で『菅原伝授手習鑑』の「道明寺」だけ見てきました。普通に最後まで見るつもりでチケット取ったのですけれど、ソウルへ行く前に少しでも原稿を進めておかないと…というプレッシャーに負け、後ろ髪を引かれながら歌舞伎座を後にしました。
 楽近くにもう一度見る予定があるので、富十郎親子の『石橋』はそれまでお預けです。

3月3日(水)
 残り時間がない……とつぶやきつつ、原稿作成に邁進。

 『週刊江戸』の編集さんから、江戸時代の女性の下着について問合せが来ました。手持ちの資料から解説内容に即した浮世絵を探し出してスキャン、こんな感じです、とメールで送信。
 下着の絵と言っても春画ではありません。って書いてて今、そうだ春画で比較すれば分かりやすいかも、と気づきました。でも、掲載できないでしょうね……。

3月4日(木)
 午後からくずし字のセミナー。『怪物つれづれ雑談』第九話「青柳が井の話」の続き。主人の怒りを買って井戸に投げ込まれた、と言えば「皿屋敷」なわけで、くずし字の本文を最後まで読み終えた後に、「番町皿屋敷」「播州皿屋敷」の浮世絵や姫路城の「お菊井戸」の写真を見ながら四方山話を繰り広げました。

 夕方、東京オペラシティ・コンサートホールで大邱市立交響楽団のコンサート。2011年にテグ(대구)で「世界陸上」が開催されるのを記念しての来日演奏会だそうです。
 プログラムは、グリンカ 歌曲「ルスランとリュドミラ」序曲/グリーグ ピアノ協奏曲イ短調作品16/ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」。指揮はクァク・スン(곽승)、ピアノはハン・ドンイル(한동일)。
 かなりベタなプログラムですが、お陰で気楽に聞けました。
 大邱市立交響楽団はテグ在住時に2度聞いてます(2000年11月14日2000年12月19日)。当時より音が分厚くなってるような気がします。

 アンコールは「アルルの女組曲」第二番「ファランドール」と「アリラン」を編曲したクラシック曲でした。「アリラン」なら、ウィーン・フィルやベルリン・フィルにも負けてないと思います。

 翌日からのソウル、原稿仕事を抱えて行くことが決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

[演劇]ビューティフル・サンデイ/뷰티풀선데이

 3月5日~8日のソウル旅行での観劇1本目。中谷まゆみ作『ビューティフル・サンデイ』です。
 この作品のソウルでの上演、そろそろ500回を超えるはず。韓国の演劇ファンに愛される作品になってくれて、漢陽レパートリーに紹介した私も嬉しいです。

 今回のアンコール公演は、昨年から人気急上昇中のチョン・イルが「ゲイの役で舞台に初挑戦!」というのが話題で、若い女性が劇場に詰めかけてます。この役、日本の初演時には堺雅人がやってたんですよね。チョン・イルも数年後に大ブレイク間違いなし?
 劇団のスタッフに「日本からもチョン・イル君のファンが見に来てるでしょ?」と尋ねたら、「はい、今日も来てますよ」と。
 どこにいるのかなぁ、と客席キョロキョロしてみましたが、全く分かりませんでした。だってほぼ満席なんですもの。
 実際、インターパークチケットで、演劇前売りランキング5位以内にランクインし続けてます。すごい。
 この作品、日本の初演舞台のDVDを こちら で入手可能です。


『ビューティフル・サンデイ(뷰티풀선데이)』
3月5日(金)20時
大学路・漢陽レパートリーシアター(한양레퍼토리 씨어터)
最前列上手
作:中谷まゆみ
演出:チョ・ハンジュン(조한준)
出演:イ・サンホン(이상홍)、チョン・ソナ(정선아)、チョン・イル(정일우)

 笑いの多い楽しい芝居でした。

 注目のチョン・イル、ジュンソク(ヒロ)役で好演でした。発声が安定するともっとよくなりそうです。一場の最後のセリフ「쓸쓸해 보였어」で劇場全体をしんみりさせられるようにならないとね。
 でも、初めての舞台としては合格点。今後が楽しみな「新人」です。

 チョンジン(秋彦)役のイ・サンホン、うまいです。オーバーアクション気味なのですが、チョン・イルのフォローと見るとやむを得ないかなという感じ。舞台が滞らないよう、湿らないよう、頑張ってました。お客さんにはオーバーアクションがよく受けて、客席大笑いでした。

 ウヌ(ちひろ)役のチョン・ソナ、前回も見ていて、35歳という設定の割に子供っぽいという印象は同じです。それでも今回の方が自然に受け止められたのは、3人のアンサンブルのよさでしょう。

 カーテンコールは写真OKでした。舞台の雰囲気がわかる1枚を載せときますね。

Imgp7172

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2010.03.10

四月大楽取れた!

 さっきつぶやきましたが、こちらでも。

 現・歌舞伎座の最後の公演、四月大楽第三部チケット取れました~! やった~~!!!

 一年余り続いた「歌舞伎座さよなら公演」、四月公演で本当に「さよなら」となります。
 この1~2ヶ月、四月公演のチケットは一般客向けにどのくらい売り出されるのか、特に最後の舞台となる楽日第三部は形だけの売り出しで実際にはほとんど出ないのではないか、など様々な憶測が乱れ飛んでました。

 そんな中で迎えた、今朝10時からのチケット争奪最終決戦。
 9時過ぎにパソコンに向かうも、すでにアクセスできません……。諦めずに、ひたすらキーを打ちます。諦めないもん、諦めないもん、アクセスできるまで絶対諦めないもんっ!!!

 つながった!

 ログインできたのは10時20分頃でした。四月歌舞伎座のカレンダーは全日青(残席アリ)。
 早速、楽日第三部のチケットを確保、続けて第二部、第一部……。各部2枚ずつ6枚まで購入できるので、カレンダーを行ったり来たり、どの日のどのチケットを買うか迷いながらサイト内をうろうろ。

 と、ここで痛恨のアクシデント。

 落ちた。

 真っ青になって、再度アクセス。入れない。ひたすらキーを打ちます。諦めないもん、諦めないもん、確定分だけ先に決済しとけばよかった、でも諦めないもん、諦めないもん、諦めないもん!!!

 つながった!!
 
 さっき一旦押さえたチケットは泡と消えており、再度取り直し。それでも何とか楽日第三部のチケットを確保できました。今度は速攻決済して、購入完了!! よかった~~~!!!

 先に押さえたのより2列後ろになってしまいましたが、それでもまずまずと思える席。その後戻って見てみたら、もう不本意な席しか残ってませんでした。あぁ、よかった、芝居の神様ありがとう~!

 限度枠上限6枚のチケットを購入し終えたのは11時。
 事前の憶測と違い、予想よりずっと楽にチケットを入手できました。とにかく、楽日第三部のチケットが取れて、よかった、本当によかった。現・歌舞伎座最後の舞台で、団十郎の『助六』が見られる~。

 これからチケット取る方、四月のチケット普通に一般売りに出てます。歌舞伎会のゴールド会員、特別会員の先行予約で、週末、良い席のチケットから売れていくでしょうけれど、最後の歌舞伎座公演、行きたい方は諦めずにがんばってみてくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.03.09

ただいま~

 昨晩、予定通りに帰って来ました。
 잘 다녀왔습니다~(帰って来ました~)

 今日の東京、ソウルより寒いですねぇ。

 ソウルでの観劇&ご飯のレポートはこれから少しずつアップしてきます。
 また、通常の情報記事も追々更新していきたいと思ってます。

 どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.03.08

チョンノ徘徊中

チョンノ徘徊中

 鍾路(종로)、本当に屋台が消えてます。
 私のお昼ご飯はどうなるの……。

 仕方ないので、路地に入って心当たりの店を回ってみたところ、どこも行列ができてます。お昼時ですものねぇ。

 混雑時に一人客は気が引けるので、後で出直します。
 が、行きたい店は4つ、昼食は1回。何を食べるべきか……。

 これって昨日と同じ悩み?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観劇・鑑賞作品タイトル一覧

 ソウル滞在も最終日。午前中は宿で仕事してます。(^-^;

 仕事に飽きたところで、今回の旅行の観劇・鑑賞作品タイトルをアップしておきます。感想は後日改めて。
 とりあえずのイチオシは、
 「凄かった!」→『爾』
 「面白かった!」→『ブロンドが凄過ぎよ』
かな。他の作品も十分に水準以上の舞台なので、それぞれ見どころあると思います。
 あと、『義兄弟』はお勧めです。日本で公開されたらぜひ。

3月5日(金)
 12時 映画『義兄弟(의형제)』
 20時 演劇『ビューティフル・サンデイ(뷰티풀선데이)』

3月6日(土)
 15時 演劇『レインマン(레인맨)』
 19時 演劇『爾(이)』

3月7日(日)
 15時 演劇『Bオンソ(B언소)』
 18時 ミュージカル『ブロンドが凄過ぎよ(금발이 너무해)』

 今日3月8日は観劇予定なし。午後からちょっと変わったところを見物しに行く予定です。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2010.03.07

最後の観劇

最後の観劇

 『ブロンドが凄過ぎよ』にしました。

 ストーリー展開がスピーディーで楽しい舞台になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動中

 大学路で劇団チャイムの専用劇場オープン公演『Bオンソ』見ました。

 面白かったけど、ビミョーです。今の時代にどこまで受けるかなぁ。入り5割。

 現在2号線で移動中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見るべきものは何?

 宿で「悩み中(고민중)」です。

 今日のソワレ(夕方公演、저녁공연)に何を見ようか……。

 今回、これは見る!と決めた公演で毎日のスケジュールをどんどん埋めて、合間に友達とのご飯の予定を入れて……最後に今日の夕方の公演1枠が空いてます。さぁ、ここで何を見ましょう? 見るべきものは何?

 こちらで評判の高い『メノポーズ(메노포즈)』と『お母さんをお願い(엄마를 부탁해)』は、今になって、どちらも日曜夕方の公演がないことに気づきました。見てみたい『ブロンドが凄過ぎよ(금발이 너무해)』と『昼寝(낮잠)』は、劇場が遠いので、大学路(대학로)からハシゴできるかどうか。『ブロンドが凄過ぎよ』は残席数も少なめ。コーエックス(코엑스)まで行って席がなかったら痛過ぎです。

 安全策で夕方も大学路の劇場を選ぶなら、『エクウス(에쿠우스)』再見が最有力候補ですが、できることなら未見のものを見たいんですよねぇ。仕事上の必要もあり。
 それなら始まったばかりの演劇熱戦3の三番目『お兄ちゃんが帰ってきた(오빠가 돌아왔다)』にしようかと思えば、全席完売。東崇アートセンター小劇場(동숭아트센터 소극장)は、キャンセル+補助席のための整理券を当日出すはずですが、マチネ見てるので早い番号の整理券は多分取れない……。

 さぁ、どうする???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメントが書き込めません……

 宿に戻ってきました。

 記事へのコメントありがとうございます。

 今しがたレスを返そうとしたのですが、なぜか、「このサーバーからはアクセスできません」みたいなエラーメッセージが出てしまって、コメントの書き込みができません。

 日本に戻るまでお返事書けないかもしれません。なにとぞご容赦のほどを。
 記事はこんなふうにアップできますし、皆さまのコメントは全部しっかり拝見してます。

 コメントのお返事は気長にお待ち下さいますよう。

<追記>その後、アクセス拒否を回避するおまじないツールを発見。コメントを書き込めるようになりまして、頂いたコメントにお返事書きました。日本からもちゃんと見えてますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.06

芸術の殿堂

芸術の殿堂

 『レインマン(레인맨)』見ました。

 続いて『爾(이)』です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のお昼

今日のお昼

 演劇・ミュージカルの製作やってる韓国人の友達と久しぶりに会いました。
 お互い積もる話が山ほどあって、1時間しゃべりっぱなしでした。

 大学路の「ナッキオッキ(낙끼오끼)」で オジンゴプルコギ(오징어불고기) ナクチプルコギ(낙지불고기)食べながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

チョコ尽し

チョコ尽し

 DE CHOCOLATE COFFEE で充電中。

 夕食のビビンネンミョン(비빔냉면)が半端なく辛くて、お腹の中が燃えてます。

 だからって、チョコタルトにホットチョコレートってチョイスはどーよ、とは自分でもちょっと思ってます。

 でも、チョコタルト超美味!なのでケンチャナ~(괜찮아~)。

 これから『ビューティフル・サンデイ(뷰티풀선데이)』見ます。

<追記>言わずと知れた大学路(대학로)です。ホットチョコレートも超美味でした。このお店、レベル高いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空港から直行

空港から直行

 いい映画だ~。

 鍾路3街(종로)のソウル劇場(서울극장)で『義兄弟(의형제)』を見ました。
 ソン・ガンホ(송강호)とカン・ドンウォン(강동원)、どっちも格好いい~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

行ってきます~

 羽田空港国際線ロビーからです。
 リムジンバスの車内で「チャン・ドンゴン結婚へ」って文字ニュースが流れて、笑っちゃいました。一月下旬に「式場予約」って噂が流れた時は否定してましたけど、事実だったんですね。

 だからってわけではありませんが、3泊4日でソウルへ行ってきます。現地からブログ更新しますので、時々覗きにいらしてみて下さいね。

 잘 다녀오겠습니다~(行ってきます~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.04

今日はこれ

今日はこれ

 オペラシティに来てます。

 テグ市響のコンサート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.03

ネットとリアルを行き来して

2月27日(土)
 引きこもり仕事が続いてます。『週刊 江戸』校正、3月締切の原稿作成、などなど。
 今月中に目処をつけておきたい仕事がいくつかあるのですが……どうして2月は28日で終わってしまうのでしょうか。あと3日あれば随分違うのに~。

 twitter に段々慣れてきました。自分が全く知らない人からフォローされることが意外に多くて面白いです。一番謎なのは、全く縁のない韓国人からフォローされたこと。私が数人の韓国人をフォローしてるので、そちらからたどって来たのでしょうが、その人のプロフィールを見ても、なぜ私をフォローしようと思ったのか、そもそも日本語の「つぶやき」が読めてるのか、謎です。

 夜、DVD『懐かしの庭(오래된 정원)』鑑賞。

2月28日(日)
 午後から『上海バンスキング』観劇。mixiのオフに参加しての観劇で、終演後の宴会にも参加してきました。30人近い参加者の中には、六本木時代からのファンの方、最終公演後のオークションで小道具ゲットして今回の公演に提供してる方、非公式の自由劇場ファンクラブサイトを構築なさっちゃってる方、等々、筋金入りのファンがぞろぞろ。
 初見の私はいろいろなお話を聞けて、観劇&宴会&お茶のフルコースを堪能しました。

Imgp7148

 上の写真は、オフの幹事さんが今回のオフのために作成した、チケット袋、チケット郵送用封筒、ミニパンフです。
 この封筒でチケットが送られてきた時は感動しました。大事に大事に開封したら、出てきたのがこのチケット袋。チケット販売がオンラインシステムに乗った便利さと引き換えに、チケット実物が画一化されたデータ記録紙になってしまった現在、このチケット袋と封筒は観劇の貴重な記念品です。
 さらに、オフ当日に配布されたミニパンフには、『上海バンスキング』の全公演データが納められてました。すごい。

Imgp7147

 今回のオフの幹事さんは、パソコン通信 NIFTY-Serve 時代から観劇オフの度に素敵なデザインの参加者名簿を作成して下さってた方。その出来ばえの素晴らしさと作成に注ぐ情熱は、いつも皆の尊敬と称賛の的でした。当時の数々の傑作を今も大事に保存している方、大勢いるのではないかなぁ。

 私の芝居友達の多くは、パソコン通信・インターネットを通じて知り合った方たちです。
 みんな、いつもありがとう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

三月歌舞伎座第三部かべす

 三月歌舞伎座初日、第三部で「道明寺」だけ見てきました。
 注目の玉三郎の覚寿、最初の出の足取り、お見逃しなく。

 さて、三部制に突入した今月、第三部の幕間は、「喫茶室 檜」と「吉兆」しか営業してません。幕間のお食事は、基本お弁当。

 開演前(二部と三部の間)には、「花道」「ほうおう」(どちらも要事前電話予約)「3階カレーコーナー」も営業してます。で、三部開演の18時に閉店します。

 最後に歌舞伎座内の食堂で、とお考えの方、どうぞお気をつけくださいませ。

 また、歌舞伎座ファンならみんな大好き「めでたい焼」は、1階西側ロビーへ移動してます。

 食いっぱぐれてレポートできない「歌舞伎座さよなら名物」に代えて、歌舞伎座「かべす」情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国演劇情報/10.03.02

 つい今しがた入ってきた情報で、ちょっと気になる公演なので書いておきます。
 翻訳文の劇団名「ムィトス」はハングルの音をそのままカタカナ表記しましたが、mythos=ミトスです、多分。「mythos」は、一般的には「미소스(ミソス)」「미토스(ミトス)」になるんですけど。


演劇集団ムィトス20周年公演、ジャン・ジュネの『流刑地』を韓国初演
 OSEN 2010.03.02

 演劇集団「ムィトス(뮈토스)」(代表オ・ギョンスク(오경숙))が20周年を記念して、ジャン・ジュネの『流刑地(유형지)』を我が国で初めて上演する。

 今回の公演は、韓国の観客には『女中たち(하녀들、下女たち)』という戯曲で最もよく知られているフランスの代表的な実存主義作家ジャン・ジュネの誕生100周年を記念する意義もある。『流刑地』は韓国初演作品で、劇団「ムィスト」が持っているアバンギャルドな実験精神が観客にどのように受け入れられるか期待される。

 罪人を遠方に送って服役させる場所を意味する『流刑地』は、「ジャン・ジュネ」が1949年に書き始め、書いては止めを繰り返して、結局1964年に作品から完全に手を引き、最終稿も燃やしてしまった後、彼の死後に発見された残された資料を集めて再構成した作品だ。幕や場で分けられていない、一種の未完成戯曲だ。ジャン・ジュネの『流刑地』は実在したカイエンヌ(南アメリカ・フランス領ギアナ)と違い、砂漠の中に位置しており、総勢55名の人物が登場し、ジャン・ジュネの夢幻的な世界を反映する。(略)

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 『女中たち』のジャン・ジュネの作品ということで興味津々です。が、『流刑地』って日本語タイトルは何なのでしょう? ネットで検索してみても、ジャン・ジュネのどの作品に当たるのか分かりません。この記事を読む限り、そもそも「ジャン・ジュネ作」と言える作品なのかどうか怪しいのですが。記事本文でジャン・ジュネという作家名に引用符つけてるのは、それゆえですよね。

 記事の後半、省略部分で作品内容に触れています。<流刑地に女性はいないが断頭台という象徴的な死の形で女性性が存在し、女性は黒で夜で月、男性は昼で白で太陽と対置されている>。このへんを踏まえても作品名を特定できませんでした……。

 お分かりになる方、ぜひ教えて下さい。

 公演は、3月18日~21日まで、大学路芸術劇場・大劇場(대학로예술극장 대극장)にて。韓国文化芸術委員会(한국문화예술위원회)とソウル文化財団(서울문화재단)の後援で、ソウル文化財団の2010年公演芸術創作活性化支援選定作でもあるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.01

ライバルは……

2月25日(木)
 引きこもり仕事が続いてます。

 ネット検索で調べ物してたら、こんなデータが引っかかってきました。
 順位データ日次集計による雑誌ベストセラーです。

1. ViVi 4月号[(東方神起)別冊小冊子] 講談社
2. MyoJo 4月号[KAT-TUN] 集英社
3. POPOLO 4月号[嵐/山田涼介/亀梨和也/山下智久/関ジャニ∞] 麻布台出版社
5. エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版(5) デアゴスティーニ・ジャパン
6. Ray 4月号[付録:COACH POPPY オリジナルノート/ユチョン、チャンミン(東方神起)] 主婦の友社
7. 週刊 江戸(6)[大奥誕生の奥の奥] デアゴスティーニ・ジャパン

 お陰さまで好評の『週刊 江戸』、ライバルはジャニーズと東方神起のようです。

 つい先日、地元の坦々麺専門店が閉店。営業を止めたお店の前を通る度に残念で、もやもやとラーメンが食べたくなり、近くの別の中華料理店のランチへ。
 ミニ丼のチャーシューが絶品でした。初めてのお店でしたが、お気に入りになりそう。

Imgp7142

2月26日(金)
 午前中、DVD『デュエリスト』(原題:刑事 DUELIST/형사 DUELIST)鑑賞。
 イメージショットの積み重ねみたいな映画。韓国の青龍映画賞の大鐘賞映画祭の両方で美術賞を取ってるのですが、見所はそこだけ、みたいな。ソン・ヨンチャン(송영창)が出てることもあり、もう少し期待してたのですけれど。韓国での公開時(2005年9月)に見てないってことは、やはりそれなりの映画だったのね。

 昼過ぎ、女子フィギュアのフリープログラムをTV観戦。キム・ヨナ(김연아)、立派な演技でした。韓国における応援という名の圧力は、日本における浅田へのそれをはるかに上回って凄いわけで、その重圧を跳ね返しての金メダル。どうしたらあんな精神力を養えるのでしょうか。

 DVD鑑賞とオリンピック応援の合間に引きこもり仕事。あれ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »