« 今日のランチ | トップページ | 韓国演劇情報/10.03.02 »

2010.03.01

ライバルは……

2月25日(木)
 引きこもり仕事が続いてます。

 ネット検索で調べ物してたら、こんなデータが引っかかってきました。
 順位データ日次集計による雑誌ベストセラーです。

1. ViVi 4月号[(東方神起)別冊小冊子] 講談社
2. MyoJo 4月号[KAT-TUN] 集英社
3. POPOLO 4月号[嵐/山田涼介/亀梨和也/山下智久/関ジャニ∞] 麻布台出版社
5. エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版(5) デアゴスティーニ・ジャパン
6. Ray 4月号[付録:COACH POPPY オリジナルノート/ユチョン、チャンミン(東方神起)] 主婦の友社
7. 週刊 江戸(6)[大奥誕生の奥の奥] デアゴスティーニ・ジャパン

 お陰さまで好評の『週刊 江戸』、ライバルはジャニーズと東方神起のようです。

 つい先日、地元の坦々麺専門店が閉店。営業を止めたお店の前を通る度に残念で、もやもやとラーメンが食べたくなり、近くの別の中華料理店のランチへ。
 ミニ丼のチャーシューが絶品でした。初めてのお店でしたが、お気に入りになりそう。

Imgp7142

2月26日(金)
 午前中、DVD『デュエリスト』(原題:刑事 DUELIST/형사 DUELIST)鑑賞。
 イメージショットの積み重ねみたいな映画。韓国の青龍映画賞の大鐘賞映画祭の両方で美術賞を取ってるのですが、見所はそこだけ、みたいな。ソン・ヨンチャン(송영창)が出てることもあり、もう少し期待してたのですけれど。韓国での公開時(2005年9月)に見てないってことは、やはりそれなりの映画だったのね。

 昼過ぎ、女子フィギュアのフリープログラムをTV観戦。キム・ヨナ(김연아)、立派な演技でした。韓国における応援という名の圧力は、日本における浅田へのそれをはるかに上回って凄いわけで、その重圧を跳ね返しての金メダル。どうしたらあんな精神力を養えるのでしょうか。

 DVD鑑賞とオリンピック応援の合間に引きこもり仕事。あれ?

|

« 今日のランチ | トップページ | 韓国演劇情報/10.03.02 »

日常」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

yonaさん

 おぉ、日本での公開時にご覧になってるんですね。さすが。

 日本の時代劇の影響は受けてそうです。たちまわりは特に。

 映像の美しさが見どころなので、技術が進んだ後になって見ると「あれ?」ってなっちゃうタイプの作品ですよね。なので、5年も経ってから小さな画面で見て、あれこれ言うのは後出しジャンケンだってことは分かってるのですけれど。

 カン・ドンウォンの演技は、昨年末に『チョン・ウチ』を見てるので、『デュエリスト』で逆にこの数年間の成長が感じられて、すごいな~と思いました。

 『チョン・ウチ』の戦闘シーンはワイヤーアクションが話題でしたが、これも評判だけ知っていて数年後に初めて見たら「あれ?」ってなるかもしれませんね。

投稿: なな(管理人加藤) | 2010.03.02 10:20

おはようございます
私は『デュエリスト』日本公開時にカン・ドンウォン君とアン・ソンギさんが出演だったので初日に観に行きました。
話しの時間の変化が解りにくかったのと古い日本映画に凝った時期に観た作品かな?の中にラストの戦闘シーンに似たような感じのがあって影響があるのかななどと思いながら観た作品でした。

投稿: yona | 2010.03.02 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/47675941

この記事へのトラックバック一覧です: ライバルは……:

« 今日のランチ | トップページ | 韓国演劇情報/10.03.02 »