« [記事]ソウル演劇祭 | トップページ | [記事]キム・ミンギ、『ピンクの兵士』を翻案・演出 »

2010.04.20

映画、いくらで見てますか?

4月9日(金)
 明日から始まる韓国映画の講座の準備。
 韓国映画産業の統計データを探したり、DVD映像を確認したり。紹介予定の映画のDVDが手元にリージョン3の韓国版しかないことが分かり、真夜中慌ててTSUTAYAへ走りました。

4月10日(土)
 清泉女子大の生涯教育講座「ラファエラ・アカデミー」で「韓国映画の楽しみ」という講座の第一回。初回の受講者は10人でした。
 今回紹介した映画は『シュリ』『JSA』『トンマッコルへようこそ』。いずれも南北の「出会い」を描いた作品です。今年は朝鮮戦争60年、6月25日ヘ向けて南北問題の話題が増えてくること、実際に戦争をテーマにした映画が数多く製作されていることを踏まえてのテーマ選択。次回(来週)に続く予定です。

 今年初めに読んだ本で、日本の映画の平均入場料は約1,200円と知りました。この講座の準備のために日本映画製作者連盟発表の統計データを確認したところ、2007年1,216円、2008円1,214円、2009年1,217円と、この3年間、1,210円台で推移しています。前売1,300円、サービス料金1,000~1,200円で見ている人が主流ってことでしょうか。当日券1,800円で見る人、どのくらいいるのでしょうね。

 一方、韓国の平均入場料は、韓国映画振興委員会の公表データによれば、2007年6,247ウォン、2008年6,494ウォン、2009年6,970ウォン(前半期6,605ウォン、後半期7,289ウォン)となってます。2009年のデータに前後半があるのは、特別料金が設定されている『アバター』の影響を考慮したものでしょう。
 韓国の映画館の「定価」は8,000~9,000ウォン。日本以上に様々な割引があって、3,000~4,000ウォンで見ている人がほとんどという印象を持っていたので、平均が6,000ウォン台というのは意外でした。「定価」で見てる人も半分ぐらいいるんですね。

 日本では1,000円のサービス料金を狙って映画館に行くワタシ。作品に対する正当な対価を払っているのか、自分の行動にやや後ろめたさを感じてました。が、平均1,217円というデータを見て、なぁんだ、と。主観的に、現状の映画の「市場価格」は1,000~1,200円と感じていたのですが、映画の観客全体が同じように捉えていることが数字で確認できちゃったわけです。この数字、納得いきます。これからも堂々と1,000円で見続けよう。

一般社団法人日本映画製作者連盟「2010年記者発表資料(2009年度統計)」
韓国映画振興委員会 産業統計 No.128「2009年韓国映画産業決算(2009년 한국 영화산업 결산)」(韓国語)

4月11日(日)
 夜、久しぶりにプールへ。細かな練習メニューを組み立てても無意味なほど間があいてしまったので、200m×6(WarmUp, Swim, Drill, Kick, Swim(Easy/Hard), CoolDown)/35min というシンプルなメニューにしました。

 今月下旬のマスターズ大会にエントリーしていたのですが、仕事のソウル行きが決まり、棄権することになりました。先月来、睡眠不足の日が続いて全然練習できてないので、出場しても悲惨な記録しか残せないことは覚悟していたのですが、それでも欠場は残念。

 マスターズは5歳ごとの年齢区分の中で記録を争います。なので、年齢区分が上がったその年が、大会でよい成績(優勝とか大会記録とか)を残すチャンスになります。私の場合、年齢区分が上がるのは2012年。2年後の好記録を目標にぼちぼち練習していきます。

|

« [記事]ソウル演劇祭 | トップページ | [記事]キム・ミンギ、『ピンクの兵士』を翻案・演出 »

仕事」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

airinさん

 懐かしいですね~。ヒットしている作品だと、座席を確保するために、前の回のラスト20分くらいのところで客席に入るのが常套手段でしたよね。
 結末が分かっちゃうとつまらないので、画面見ないように下向いてたりして。

 ちょっと前に名画座を検索していたら、ある名画座のサイトに「2本立てとは?」という解説ページがあって、びっくりしました。
 でも、考えてみれば、今の若い人は「2本立て」なんて知らないですよね。入替制・座席指定が当たり前。それはそれで、もちろん快適なのですけれど。

投稿: なな/加藤敦子@ソウルなう | 2010.04.25 01:13

yonaさん

 わーい、1000円のお仲間だ~。o(*^▽^*)o

 1000円につられて、見なくてよい(かもしれない)ものまで見ちゃうのも同じです。ついでもう一本、とか、何でもいいから何か見なくちゃ、とか。

 サービス料金1000円のお陰で、いろいろな作品を見ようという積極的な気持ちになれて、有り難いと思ってます。

投稿: なな/加藤敦子@ソウルなう | 2010.04.25 01:05

pinさん

 ありがとうございます。映画の講座は準備がちょっと大変なんですけれど、あれこれと映画の話ができるのは楽しいです。

> 私にとって、東京はソウルより遠いです。

 そうですよね~。東京からも、大阪・京都なら何とか気軽に行けますが、それ以外の地域はちょっと考えちゃいます。

 ソウルにいた時は、大阪・名古屋・博多等々かなり頻繁に出没してました。なのに、日本に戻ったら、東京から動かなくなってしまって。ずっと日本にいる友達には「日本に帰って来てから会う機会が減った」と言われてます。(^-^;

投稿: なな/加藤敦子@ソウルなう | 2010.04.25 01:00

入れ替え制でなかった昔が懐かしいです。
2回は絶対観ましたものね~

投稿: airin | 2010.04.23 13:05

こんにちは、
私も基本いつもは1000円の時に見に行きますよ。
あとは前売りで特典付きとか買ったり、レイトショー、モーニングショー利用です。
そのかわり、つい1000円なんでついでにもう一本何か見て行こうかな〜noteとだいたいなるので通常料金より結果的には支払ってます(笑)

投稿: yona | 2010.04.21 16:14

ななさんの映画講座、行きたいなあ。どんな映画を取り上げられたか、また教えて下さいませ。私にとって、東京はソウルより遠いです。

投稿: pin | 2010.04.20 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/48135733

この記事へのトラックバック一覧です: 映画、いくらで見てますか?:

« [記事]ソウル演劇祭 | トップページ | [記事]キム・ミンギ、『ピンクの兵士』を翻案・演出 »