« 一仕事終えて | トップページ | ソウルの怪しいおやつたち »

2010.05.30

[記事]6月はシェイクスピア

 6月のソウル、いろいろなシェイクスピアが楽しめるようです。どれもシェイクスピアの有名作品の韓国バージョンです。最初に紹介されてる公演は「大学路」じゃないですけど。
 最後に公演情報をまとめて掲載しました。公演のタイトルや会場名の韓国語表記はそちらに譲ります。
 「劇団チョイン」って、普通に考えれば「超人」ですが、「招人」(=人を引き込むこと)という可能性も。両方を掛けてるかな。


大学路舞台にシェイクスピア「熱風」
 聯合ニュース 2010.05.27

 大学路(대학로)の演劇舞台に、時代を超越して愛されているシェイクスピアの古典を多様な視点から再解釈した作品が続々と上演される。

 劇団チョインはシェイクスピア四大悲劇の一つである『マクベス』に韓国的な色彩を加えた『究極の絶頂、その戦慄 マクベス』を来月4日~13日に上演する。(略)
 原作のあらすじはそのまま取り入れたが、タルチュム(탈춤、仮面舞踊)と伝統舞踊を加味して、「韓国的マクベス」として再誕生させた。

 劇団矢印は『ハムレット』の劇的場面を圧縮して表現した『ハムレット・サスペンス』を披露する。
 ハムレットのあらすじを原作そのままに伝えながらも、天井から血のしずくが落ちてきたり、浴槽から血が流れる方式で殺人場面を詳しく描写するのが特徴だ。(略)

 劇団物理の代表作『レディ・マクベス』は、初演から10年ぶりに大学路へ帰って来た。王を殺害して権力の座を奪ったマクベスより、夫を唆した後、罪の意識に陥ったマクベス夫人に焦点を当てた。

 長期公演中の作品としては、『ロミオとジュリエット』を歌と共に軽快に繰り広げたフュージョン演劇『コミックショー・ロミオとジュリエット』(略)、観客が即席で俳優として参加する演劇『じゃじゃ馬ならし』(略)それぞれ上演されている。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 『マクベス』にタルチュムと伝統舞踊を取り入れるというのも見てみたいし、リアルに血が流れる『ハムレット』も面白そうですねぇ。 『ロミオとジュリエット』がフュージョン劇で「コミックショウ」って、どんな演出になってるのやら。『じゃじゃ馬ならし』の観客参加って、どの場面で何をやらせるのでしょう……。ちなみに、先日見た『ちゃんぽん』では、冒頭に二人のお客さんを舞台に上げて、チャンポン(짬뽕)とチャジャンミョン(짜장면)を食べさせてました。

 シェイクスピア作品が、コリアンダンスバージョン、サスペンスバージョン、コメディバージョン等々になってるのですね。

 韓国演劇の演出って、枠組みは鮮やかに、試みは大胆に、というものが多いような気がします。古典的作品の舞台が新鮮で楽しいのです。
 シェイクスピアの有名作品なら、ストーリーも事前に細部まで予習できますし、このシェイクスピア「熱風」、韓国の「演劇」に触れてみたい人にはチャンスかもしれませんね。

 それぞれの公演情報を整理して掲載しておきます。

劇団チョイン(극단 초인)
『究極の絶頂、その戦慄 マクベス(궁극의 절정, 그 전율 맥베스)』
6月4日~13日、国立劇場・タロルム劇場(대학로예술극장)

劇団矢印(극단 화살표)
『ハムレット・サスペンス(햄릿 서스펜스)』
6月5日~27日、大学路芸術劇場(대학로예술극장)

劇団物理(극단 물리)
『レディ・マクベス(레이디 맥베스)』
6月10日~20日、アルコ芸術劇場(아르코예술극장)

『コミックショー・ロミオとジュリエット(코믹쇼 로미오와 줄리엣)』
Open Run、大学路・ガムアートホール(껌아트홀)

『じゃじゃ馬ならし(말괄량이 길들이기)』
Open Run、劇場タルゲノルジャ(극장 다르게놀자)

 7月からはミュージカル『キス・ミー・ケイト(키스 미, 케이트)』も始まります。賑やかですね。シェイクスピア。
 (コメント欄で、阿青さんに「7月から『ヴェローナの二紳士』も」とご指摘いただきました。ありがとうございます。『キス・ミー』『ヴェローナ』の公演情報はコメント欄をご覧下さい。2010.06.06追記)

 と、この文章を書きながらふと想いました。<『ヘンリー六世』三部一挙上演9時間!>なんて公演、韓国ではありえないですねぇ、今のところ。いつかは明洞芸術劇場あたりでやるのかしらん……。

|

« 一仕事終えて | トップページ | ソウルの怪しいおやつたち »

演劇」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

阿青さん

 あぁ、そうですね。うっかり忘れてました。
 『キスミーケイト』と『ヴェローナの二紳士』、どちらもシンシカンパニーの公演で、期間が重なってるんですよね。

 上記記事の補足情報ってことで、まとめておきます。

『キス・ミー・ケイト(키스 미, 케이트)』
7月9日~8月14日 国立劇場・ヘオルム劇場(국립극장 해오름극장)

『ヴェローナの二紳士(베로나의 두 신사)』
7月17日~8月28日 世宗Mシアター(세종M씨어터)

投稿: なな/加藤敦子 | 2010.05.31 15:06

7月から『ヴェローナの二紳士』もありましてよん♪

http://blog.daum.net/seensee-play

投稿: 阿青 | 2010.05.31 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/48499504

この記事へのトラックバック一覧です: [記事]6月はシェイクスピア:

« 一仕事終えて | トップページ | ソウルの怪しいおやつたち »