« 五丁町は暗闇じゃぞえ | トップページ | 壁の中の妖精<日本版> »

2010.06.14

欠点を補う

 部屋に三冊あるはずの本が、一冊も見つからない……。

 自身にいろいろ問題があることは認めます。

 が、それはさておき。

 電子書籍、かもぉぉぉん!

|

« 五丁町は暗闇じゃぞえ | トップページ | 壁の中の妖精<日本版> »

日常」カテゴリの記事

コメント

南郷力丸さん

 あはは。レジューム機能っていうんでしたっけ。
 うっかりですか? それとも「お気に入り」?(*^.^*)

 キンドルは違う端末で続きを読み進められるそうで、同じような機能があるのですよね。自分がどこまで読んだか、アマゾンに把握されてるって何だか……というツイートを見た覚えがあります。

 将来的には、アマゾンで本買おうとすると、「あなたはこの本を昨年9月12日に購入しました。読み始めたのは9月13日、最後に読んだのは10月7日。既読ページ数は全体の38%です」なんて言われちゃったりするのかも。(^-^;

投稿: なな/加藤敦子 | 2010.06.21 20:09

 レンタルDVDを見ようとしたら、「これは以前再生したディスクです。再生開始位置を選択してください」というメッセージがちょいちょい出ます。

投稿: 南郷力丸 | 2010.06.21 03:19

阿青さん

 図書館もよく使います。有り難いですよね。

 この日は偶々、月に2回の休館日だったのでした……。

投稿: なな/加藤敦子 | 2010.06.17 23:09

私もよく「この本1冊の値段と、書棚をひっくり返す労力とどちらをとるか?」と自分に問うています。
そしてまた、本の山の標高が高くなる…。

たまに、図書館という手も使います。

投稿: 阿青 | 2010.06.15 16:05

pyokoさん

 うんうん、この記事書きながら、音楽ではもう「同じものを2回買っちゃう」ってないのだろうな~と思ってました。うっかり同じのダウンロードしようとすると、「すでに所蔵していますが……」とか言われそう。

 それで思い出しましたが、韓国のネット書店は、同じ書店で以前買ったものを再度「買い物かご」に入れようとすると、「すでに本棚に入ってます」と注意されます。よいサービスですよね。

> 「あるとわかっているけど買う(しかない)」

 その昔、東銀座の某古書店にいたら、某演劇評論家さんが入ってきて、「家を探せばあるんだけど、買った方が早いから……」と本を買って行かれました。

 みんなお仲間、「あるとわかってるけど買うしかない」ヽ(´▽`)/

投稿: なな/加藤敦子 | 2010.06.15 09:27

欠点を補うっていう題名に笑いましたhappy01

電子書籍、下のほうに潜り込むっていうのはないもんネ。

これからは「同じものを二冊買う」「あるとわかっているけど買う(しかない)」ということが世の中からなくなるんだねえ~(遠い目)

投稿: pyoko | 2010.06.14 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/48627101

この記事へのトラックバック一覧です: 欠点を補う:

« 五丁町は暗闇じゃぞえ | トップページ | 壁の中の妖精<日本版> »