« 昨日の記事補足しました | トップページ | 「先生の日」なんてあったなぁ »

2010.06.06

[記事]LAにCGV

 アメリカに、日本企業が経営する映画館ってあるんでしたっけ?
 半年後、1年後の成果に注目したいニュースです。


「ハリウッド」に韓国映画常時上映、「CGV LA」オープン
 マイデイリー 2010.06.06

 米国ハリウッドに韓国映画が常時上映される映画館がオープンする。

 CGVは、5日、報道資料を通して、米国に我が国の映画を直接上映する映画館「CGV LA」を11日オープンすると伝えた。

 CGV LAはハリウッドとダウンタウン及びコリアンタウンの中心部に位置する立地を最大限に利用し、多様な映画関係者と現地人を対象に、韓国映画産業のブランドイメージを広める前哨基地と考え、戦略的に運営される予定だ。

 このため英語字幕をつけた韓国映画を国内外とほとんど同時に公開し、常時上映するのはもちろん、ハリウッドに見せる機会を得るのが難しい、才能ある新鋭監督の小規模な映画も、多様な企画展などを通して紹介する計画だ。(略)

 CGV LAは、3館600席規模で、デジタル及び3D上映施設を備え、LA地区最大水準の座席間隔(1.2m)を確保した高級仕様の椅子と、各上映館に国内のカップル席に当たるプレミアムシート等を採用するなど、快適さと最新設備を備えた。

 CJ CGVのキム・ジュヒョン(김주형)代表は、(略)「当面の収益性よりは、韓国の映画産業とコンテンツを代表するプラットフォームとしての役割を通して、長期的に米国とグローバル市場で韓国映画とCGVがそれなりにポジションを占めることができるという成功ストーリーを作り出すだろう」との抱負を明らかにした。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 う~ん、すごいですねぇ。映画産業の本場で上映の場を確保できてるって大きいです。LAでハリウッドとダウンタウンとコリアンタウンの中心ってどのあたりで、どんな場所なのでしょうか。

 記事によれば、映画上映の他に、アメリカ進出を計画する韓国人歌手にライブコンサート、ショーケースの場を提供するという活用法も考えているとのこと。
 数年間の赤字覚悟で良いプログラムを組み続けることができれば、様々な成果が生まれてくることが期待できそうです。

 韓国で映画をご覧になる方はよくご存知と思いますが、CGVはシネコンのチェーンで、「CGV江南(강남)」「CGV明洞(명동)」「CGV仁川(인천)」「CGV光州ターミナル(광주터미널)」など全国各地に「CGV**」があります。インターパークチケットに載ってるところは70ヶ所。
 今回新たに「CGV LA」が加わったわけですね。インターパークでチケット買えるんでしょうか。

 同じ発想でNYブロードウェイに韓国系の直営劇場ができる日も近いのかも……。

|

« 昨日の記事補足しました | トップページ | 「先生の日」なんてあったなぁ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/48555879

この記事へのトラックバック一覧です: [記事]LAにCGV:

« 昨日の記事補足しました | トップページ | 「先生の日」なんてあったなぁ »