« 突然 | トップページ | [記事]第4回世界国立劇場フェスティバル »

2010.07.30

Kindleが日本語に対応

 昨日、Twitter から流れてきたニュース。

 「Kindleが日本語フォントに正式対応、139ドルから、8月発売」

 わーい、ついに来たー。100ドル台なら買っちゃうぞー。

 と思っていたら、「Androidみたいなフォントだったらガッカリだな」と、こんな画像が流れてきました。

 Google系のスマートフォン Android は、MILESTONE cjk フォントという日中韓に共通のフォントを採用しているのだそうで、それが上記の画像のフォント。うーん、これで本を読むのはツラそうだなぁ。

 新しい Kindle は日本語、中国語、韓国語などに対応したようで、日中韓が一気に入ったとなると、MILESTONE cjk フォントを採用している可能性は高いかも……。

 購入意欲は一気に減退。

 一晩寝て、朝起きたら、今度はこんな情報が。新たに採用されるフォントが羅列されてます。ん?これは!?

 早速引用元である Amazon の Kindle のページを確認してみると、確かに

Support for New Characters
Kindle can now display Cyrillic (such as Russian), Japanese, Chinese (Traditional and Simplified), and Korean characters in addition to Latin and Greek scripts.  

と記されてます。
 注目は Japanese でなく、Chinese のところ。中国語で繁体字・簡体字(Traditional and Simplified)両方を採用しているってことは、日中韓それぞれのフォントが入っている可能性が高い。よしっ!

 購入意欲300%アップ!!

 私の場合、現時点で iPad に手を出してない理由の一つは、韓国語未対応(近い将来 Apple が韓国語対応する可能性も低そう)だから、なのです。

 日本語・韓国語フォント対応の Kindle (しかも100ドル台)、買っちゃうぞー。

 で、読むべきコンテンツはあるのでしょうか……。

|

« 突然 | トップページ | [記事]第4回世界国立劇場フェスティバル »

仕事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/49010347

この記事へのトラックバック一覧です: Kindleが日本語に対応:

« 突然 | トップページ | [記事]第4回世界国立劇場フェスティバル »