« 雨なので | トップページ | 掲示板「韓国の公演が好き!」 »

2010.09.17

[記事]70~80年代韓国映画資料展

 記事に記されてませんが、9月14日から始まってます。入場無料。
 韓国映画ファンの方はぜひ訪問してみて下さい。


70~80年代思い出の韓国映画資料「総出動」
 アジアトゥデイ 2010.09.17

 ソウル城東区マジャンドン(성동구 마장동)に位置する清渓川文化会館(청계천문화관)(館長キム・ヨングァン/김영관)が、70~80年代映画史資料を集めた特別展「映画都市ソウル7080('영화도시, 서울 7080)」を11月14日まで開催する。

 今回の展示は、昨年秋に清渓川文化会館が50~60年代の韓国映画史資料を展示したのを受け、続編として開催される特別展で、70~80年代の映画ポスター、シナリオ、雑誌、OSTなど195点が公開される。

 大韓民国が高度成長を謳歌した70~80年代。映画は規制と検閲の対象であった上に、大衆文化の新たな寵児として登場したテレビとも競争し、苦戦しなければならなかった。

 70年代、維新政権は4次改定映画法を作り、韓国映画を検閲し規制する一方で、映画振興公社(영화진흥공사)を設立し、国策映画を直接製作したりもした。チョン・ドゥファン(전두환、全斗煥)政権が大部分を占めた80年代は、いわゆる「3S政策(セックス、スクリーン、スポーツ)余波のためか、エロ映画が溢れかえった。
(略)

 博物館は7080映画音楽を鑑賞するコーナーも別途に準備した。「私はあなたにすべてを捧げるわ(나 그대에게 모두 드리리)」「昨日降った雨(어제 내린 비)」「鯨捕り(고래사냥)」などが鑑賞目録に入っている。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 省略部分は70~80年代韓国映画史概説的な内容で、展示内容とどの程度リンクしているのか分からないため略してしまいました。が、いろいろな作品の名前が挙がっているので、後日追加翻訳するかもしれません。

 清渓川文化会館は、清渓川復元事業を記念して作られた施設で、清渓川とその周辺、さらにはソウルの歴史や文化を紹介する常設展示・企画展示を行っています。清渓川のずーっと下流(東方向)の川沿いにあります。一度行ってみたいと思いつつ、交通不便な場所のため、まだ未体験。この機会に頑張って行こうかな。

 アクセスは、地下鉄1号線チェギドン(제기동、祭基洞)駅4番出口から清渓川方向(南)へ徒歩15分。または、2号線サンウァンシムニ(상왕십리、上往十里)駅2番出口からマウルバス8番で城東総合社会福祉館(성동종합사회복지관)下車。清渓川文化会館のサイトによると、サンウァンシムニ駅からが便利だそうです。

|

« 雨なので | トップページ | 掲示板「韓国の公演が好き!」 »

映画」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/49482933

この記事へのトラックバック一覧です: [記事]70~80年代韓国映画資料展:

« 雨なので | トップページ | 掲示板「韓国の公演が好き!」 »