« [日録]書類仕事と日本の果てと 1/7 | トップページ | [記事]パク・チャヌク監督、iPhoneで映画撮影 »

2011.01.10

[日録]ネギ湿布 1/8

1月8日(土)

 午後、渋谷のシアターコクーンで串田和美演出、松たか子主演の『十二夜』観劇。チケット取りそびれていたのですが、「同行者が行けなくなった」という友人から譲ってもらうことができました。ありがとうございます。持つべきものはお友達。
 芝居は、全体を海原の蜃気楼と解したアイディアが面白かったです。
 観劇後、Bunkamuraのカフェで友達とお茶しながらおしゃべり。楽しかった~。

 ところで、昨年末から喉を傷めていて、日に何度もうがいしたり、咳止めシロップを飲んだり、治そうとしてるのですが治りません。連日お酒飲みながら賑やかにしゃべりまくってるのですから、治らなくて当たり前なのですが。
 そろそろしっかり治さないと春まで長引いちゃうなぁ、どうしたらよいかなぁ…と思っていたところ、昨日、Twitter のTL上にこんなやりとりを見つけました。

Negi0
3:16 PM Jan 7th Hayakawashobo

 アドバイス貰った早川書房さんは、速攻で実践してるし。

Hayakawanegi

 劇場からの帰り道、ネギとガーゼを買いました。
 ネギ湿布の作り方は簡単。まず、長ネギの白い部分を長さ10cmほどに切ったものを2~3本用意します。縦に切り込みを入れ、芯を取り除いて開きます。平たく広げたネギを火で炙って、精油成分?を染み出させます。ネギの向きを揃えてガーゼに包めば、湿布の出来上がり。大きさは喉に合わせて適当に。ネギの内側が当たるように喉に当て、包帯かタオルで固定します。

 これ、炙ったネギがじんわり温かくて、かつ、スーっと清涼感があって、気持ちいい。しかも、すごーく効果あり! 2時間ほどで、喉の粘膜の炎症がかなり治まってしまいました。嘘みたい。お医者さんでネギ湿布を処方しないのが不思議なくらい。トローチや喉スプレーや咳止め薬より、ずっと効果あります。伝統の知恵って有り難い。

 喉が弱いワタシ、これからは喉を傷めてもすぐに自分で治せそうです。こまめに喉と鼻のうがいをして、予防するのが一番ではあるのですけれど。今シーズン、数年ぶりに喉を傷めたのは、油断して予防をさぼっていたせいなんですよねぇ。とってもよく効くネギ湿布ですが、しなくてすめばそれが一番。

 ちなみに、早川書房さんには効かなかったようです、ネギ湿布。

|

« [日録]書類仕事と日本の果てと 1/7 | トップページ | [記事]パク・チャヌク監督、iPhoneで映画撮影 »

日常」カテゴリの記事

コメント

うきうきさん

 お見舞いコメントありがとうございます。

 ネギに塩を振るんですか! 効きそう~。今度やってみます。
 キッチンペーパーもいいですね。ガーゼは2回使ったら汚れが落ちなくなって捨てることになったので……。それなら使い捨てのキッチンペーパーでもOKですよね。

 うがいはイソジンか緑茶でやってたのですが、塩水も試してみます。(o^-^o)

 お陰さまで、ネギ湿布のお陰で喉の炎症はかなり収まりました。あと一息なので、今度はうがいで頑張ります。

投稿: なな/加藤敦子 | 2011.01.14 16:30

のどと気管支が弱かったので、私が小さいころ、よく両親がやってくれました。
我が家は塩も振っていたような・・・。
ガーゼでなく、キッチンペーパーでした。
それを手ぬぐいに入れて、のどに当てていました。
(たぶんあるもので代用したのだと思います。
葱も畑に山ほどあるので)
私も薬ばかりに頼らないで、やってみようと思いました。
お大事に・・・。
(うがいは塩水うがいがいいですよ。)

投稿: うきうき | 2011.01.11 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/50545078

この記事へのトラックバック一覧です: [日録]ネギ湿布 1/8:

« [日録]書類仕事と日本の果てと 1/7 | トップページ | [記事]パク・チャヌク監督、iPhoneで映画撮影 »