« [日録]くずし字セミナー最終回 3/30 | トップページ | [日録]今日の教訓 3/31 »

2011.03.31

ソウルの演劇★初日間近

 初日間近なソウル(+城南)の演劇公演情報です。

 『春の日』『高齢化家族』は本日初日です。どちらも韓国の創作もの。

 イ・ガンベク(이강백)作『春の日』、初演は1984年というやや古い作品ですが、2009年ソウル演劇祭参加作としての上演が好評で、この年の韓国評論家協会「今年のBEST3」に選ばれています。山村で家長として絶対的権力を振るう父親と7人の息子の物語。韓国らしい作品だなぁ。今再評価されてるというのも興味深いです。

 海外作品では、David Greig & Gordon McIntyre 作の『Mid Summer』、ティム・クローチ作の『The Author』と新作の上演、相変わらず素早いですね。ティム・クローチの作品、日本では『マイ・アーム』が昨年2010年3月のインターナショナル・ショーケースで紹介されてました。仕事重なってて行けなかったけど。
 Donald Margulies 作『ディナー』もロングランに入り、定番作品になってきてますね。

 『罪と罰』を原作とした『プルガトリウム』、ラテン語の「Purgatorium」で、日本語では「煉獄」と訳される言葉です。地獄に行くほどではないけれど天国へも行けない人物が行くところ。『罪と罰』の演劇への翻案はいろいろありますから、その一つとしてこれも見てみたいなぁ。

 『ハムレット』『かもめ』『ピアフ』は、韓国の演出を見てみたい作品です。


◇春の日(봄날)
2011.03.31~2011.04.17
平日20時/土15時、19時/日16時/月休
大学路芸術劇場・大劇場(대학로예술극장 대극장)
110分

◇ミッドサマー(미드썸머)
2011.04.29~2011.06.12
平日20時/土16時、19時/日・祝15時、18時/月休/5月10日18時のみ
芸術の殿堂・自由小劇場(예술의전당 자유소극장)
90分
* David Greig & Gordon McIntyre 作『Mid Summer』
* 2009年エジンバラ・フェスティバル作品賞・興行賞受賞作

◇肉(살)
2011.04.01~2011.04.17
平日20時/土15時、19時/日15時/月休
南山芸術センター・ドラマセンター(남산예술센터 드라마센터)
100分
* イ・ヘソン(이해성)作、アン・ギョンモ(안경모)演出

◇ハムレット(햄릿)
2011.04.08~2011.04.24
火・木・金20時/水16時、20時/土15時、19時/日15時/月休
世宗文化会館Mシアター(세종문화회관 M씨어터)
110分
* ソウル市劇団創立15周年記念公演

◇かもめ(갈매기)
2011.04.12~2011.05.08
月・木・金19時30分/水・土・日15時/火休/4月12日19時30分/4月13日15時
明洞芸術劇場(명동예술극장)
150分
* 4月12・13日はプレビュー

◇高齢化家族(고령화 가족)
2011.03.31~2011.04.17
平日20時/土16時、19時/日16時/水休
大学路・ソルチ劇場チョン美ソ(대학로 설치극장 정미소)
100分

◇ピアフ(피아프)
2011.04.30~2011.06.05
平日20時/土15時。、19時30分/日15時/月休/5月5・10日17時のみ
忠武アートホール・中劇場ブラック(충무아트홀 중극장 블랙)
110分

◇俺はお前だ(나는 너다)
2011.05.17~2011.06.06
火・木・金20時/水14時、20時/土14時、19時/日・祝15時/月休
芸術の殿堂・トウォル劇場(예술의전당 토월극장)
90分

◇君となら(너와 함께라면)
2011.4.22~2011.08.21
火・水・金20時/木16時/土15時、19時/日・祝14時、18時/月休
コーエックス・アートホール(코엑스 아트홀)
100分
☆レビュー

◇妻たちの外出(아내들의 외출)
2011.04.01~2011.04.17
火・水15時、/木・金20時/土15時、19時/日15時/月休
コーエックスアートホール(코엑스 아트홀)
110分

◇ディナー(디너)
2011.04.15~2011.05.08
平日20時/土15時、19時/日・祝15時、18時/月休
The STAGE(더 스테이지)
110分
* Donald Margulies 『dinner with friends』。2000年 The Pulitzer Prize for Drama 受賞作
* 4月3日まで同劇場で上演中

◇牡丹が咲く市場(모란이 꽃피는 시장)
2011.04.15~2011.04.24
水~金20時/土15時、19時/日15時/月・火休/4月16日19時/4月21日16時、20時
城南アートセンター・オペラハウス(성남아트센터 오페라하우스)
120分

◇プルガトリウム(푸르가토리움)
2011.04.02~2011.04.17
平日20時/土・日16時/月休
国立劇場・ビョロルム劇場(국립극장 별오름극장)
100分
* 原作はドフトエフスキー『罪と罰』

◇The Author(디 오써)
2011.04.26~2011.05.28
平日20時/土15時、19時/日15時/月休
トゥサンアートセンターSpace111(두산아트센터 Space111)
100分
* ティム・クローチ(Tim Crouch)作

◇The Chorus;OEdipous(오이디푸스)
2011.04.26~2011.05.01
平日20時/土・日15時、19時
LGアートセンター(LG아트센터)
* ソ・ジェヒョン(서재형)演出新概念音楽劇
* CoMPAS11 シリーズ作品

◇アントニーとクレオパトラ(안토니와 클레오파트라)
2011.11.24~2011.11.27
11月24・25日19時30分/26日13時30分、19時30分/27日15時
LGアートセンター(LG아트센터)
* 演出:蜷川幸雄、出演:吉田鋼太郎、安蘭けい
* CoMPAS11シリーズ作品
* ソウル公演の前に彩の国さいたま芸術劇場、福岡、大阪での公演あり

|

« [日録]くずし字セミナー最終回 3/30 | トップページ | [日録]今日の教訓 3/31 »

演劇」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

pinさん

 『オイディプス』、そのラストの演出を伺っただけで、全編見たい!!!と思いました。

 『アクロバティック<ファウスト>』、私も気になってるのですよねぇ。

 昨年9月、長野の茅野市民会館で、まつもと市民芸術館芸術監督・串田和美主演・演出で 『FAUST 2010 in Chino』 という公演があって、のこのこ茅野まで見に行きました。

 これがやはりアクロバティックな『ファウスト』で、フランスとカンボジアのサーカスパフォーマーが参加していたりしました。
 で、とっても面白かったのですね。

 アイスランドの『アクロバティック<ファウスト>』も見てみたいなぁ。

投稿: なな/加藤敦子 | 2011.05.09 22:03

アクロバティック<ファウスト>躍動感があって面白そうですね。私、好きかも・・・(笑)。4日間限定というのが辛いところです。
『オイディプス』、LGアートセンターの舞台の上に円形の舞台と客席を作ってありました。最後、オイディプスが目を突き刺したあとに緞帳が上がり、誰も居ない客席を一人退場していく(旅立つ?追放される?)設定になっていて、とても印象的でした。

投稿: pin | 2011.05.01 23:38

pinさん

 『オイディプス』、ご覧になったんですね。いいなぁ。
 『皇太子失踪事件』も見るつもりだったのに全席売切で見そびれていて……。

 LGアートセンターの「CoMPAS11 シリーズ」、ソウルにいたら絶対通うのですけれど。

 まだ記事に入れてませんが、10月27~30日には Iceland Vesturport Theatre の‘Faust’を招聘しての『アクロバティック<ファウスト>』がラインナップされていて、これも注目してます。

アクロバティック<ファウスト>(아크로바틱<파우스트>)

投稿: なな/加藤敦子 | 2011.04.30 22:17

『オイディプス』素晴らしかったです。『皇太子失踪事件』に引き続き、ソ・ジェヒョンさん演出の作品を観ることが出来てラッキーでした。演劇って総合芸術だなあって再確認。身体表現に興味があるので、チャン・ウンジョンさんの振り付けも心に残りました。

投稿: pin | 2011.04.29 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/51258163

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの演劇★初日間近:

« [日録]くずし字セミナー最終回 3/30 | トップページ | [日録]今日の教訓 3/31 »