« [記事]トウォル劇場、リモデリング | トップページ | [日録]身体が馴染む 5/16 »

2011.05.16

[日録]松竹座観劇&食事&おやつ 5/15

5月15日(日)

◇朝7時起床。ホテルの簡単な朝食をとって、チェックアウト。

1000000652

◇JR難波駅のみどりの窓口へ行こうとして迷子に。何とかたどり着き、帰りの新幹線の指定を早めの列車に変更しました。

◇松竹座昼の部観劇。『女暫』『汐汲』『極付幡随長兵衛』。

 時蔵の『女暫』、もう少し愛嬌があると嬉しいなぁと思うのですが、清新な顔ぶれ(ウケが団蔵、鯰坊主・女鯰が松緑・菊之助、腹出しが市蔵・男女蔵・亀三郎・亀寿)が時蔵の清潔感とうまくかみ合った舞台でした。

 『汐汲』、此兵衛が出るなんて初めて見るなぁと思ったら、藤十郎の工夫で、これまでに南座と博多座で上演してるやり方なのですね。舞踊としては物足りないけど、芝居としてはアリでしょうか。

 『幡随長兵衛』、団菊がっぷり四つ、團菊祭の名にふさわしい出し物。ただ、舞台の出来とは別に、私自身はそれほど感銘を受けませんでした。その理由を探ってみるに、自分の現在の関心が将来の歌舞伎を担う若手にあるのだなぁと。これも歌舞伎座建て替えの影響かもしれません。

1000000655

 松竹座1階客席ロビーに展示してあった九代目団十郎、六代目菊五郎の胸像と写真。

◇今日のお昼は、なんばウォークのお店で買った絹笠さんの「とん蝶」。以前、一緒に観劇した友達が買ってきてくれたもので、以来お気に入りです。東京じゃ手に入らないのですよねぇ。

1000000659

◇幕間のおやつ。戎橋筋入り口にできたヨーグルト屋さんにて。セルフサービスで、1g2円の量り売り。面白い~。

1000000660

 こんなふうに、カップを取って、自分で好きなフレーバーのヨーグルトをにょろにょろっと盛ります。フレーバーは10種類ぐらいありました。さらに、フルーツやシリアル、ナッツも20種類ほどあって、自由にトッピング。

1000000664

 私が選んだのは柚子とライチのヨーグルトのミックス。下にシリアルを入れて、上にフルーツとビスケット。控えめに盛って、これで350円ほどでした。器にしっかり盛ると、500~600円ぐらいになるようです。
 肝心のお味は……ヨーグルトの香料が強いのがワタシにはちょっと合わなかったです。フレーバーの種類の多さをウリにしてると、どうしてもそうなるのでしょうね。
 トッピングのフルーツが美味しかったのは◎。手軽に生フルーツを食べられる店と割りきって、ヨーグルト抜きでフルーツだけ楽しむのはいいかも。旅行中のビタミンC補給、幕間のリフレッシュメント。お店に怒られるかな。

◇昼夜入れ替えの時間に法善寺横丁行って、水掛不動さんにお参り。南無南無。

1000000666

◇幕間のおやつ、その2。『夫婦善哉』で季節限定「冷やしぜんざい」。美味しい~。

1000000670

 写真では温かいのか冷たいのか、分かりませんね。(^^;

◇松竹座夜の部、昨日見ていない最初の一幕『蘭平物狂』だけ観劇。
 よい舞台でした。松緑がきっちり勤めていて、かつ、蘭平の子息繁蔵の上村吉太朗がとてもよかったです。行儀の良さ、所作の美しさ、芝居の大きさ、間のよさ、セリフの確かさ、どれをとっても出色の出来。堂々たる歌舞伎役者でした。今後が楽しみです。

◇『蘭平』終わって帰ろうと地下鉄駅に向かう途中、劇場スタッフに肩を支えられてタクシーに乗り込む浴衣姿の若手役者さんを目撃。顔が見えずどなただか分かりませんでしたが、立ち回りで足首を痛めた様子。見た目には華やかな立ち回り、裏のご苦労は絶えないことでしょう。毎日べたべた湿布貼って凌いでるのだろうなぁ。くれぐれも大きな怪我と事故がなく、無事に千秋楽を迎えることができますように。

◇のぞみで帰京。疲れた~。でも楽しかった~。バタンキュー。

|

« [記事]トウォル劇場、リモデリング | トップページ | [日録]身体が馴染む 5/16 »

日常」カテゴリの記事

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/51683364

この記事へのトラックバック一覧です: [日録]松竹座観劇&食事&おやつ 5/15:

« [記事]トウォル劇場、リモデリング | トップページ | [日録]身体が馴染む 5/16 »