« [日録]学会2日目 6/12 | トップページ | [日録]酔っ払い 6/14 »

2011.06.14

[日録]『夏祭』雑感 6/13

6月13日(月)

◇午前2コマ。午後から明日以降の講義の準備。

◇夕方から新橋演舞場で歌舞伎見物。以下、当日のツイートをもとに感想など。

◇『吹雪峠』、宇野信夫の書き物。節電を見越しての納涼演目でしたか?(^_^;) 2009年2月に松竹座でやってるのですね。愛之助の直吉、七之助のおえん、獅童の助蔵。今回は、染五郎の直吉、孝太郎のおえん、愛之助の助蔵。若手の稽古にはよい演目かも。

◇吉右衛門の『夏祭浪花鑑』、江戸風でした。幕開きの黒御簾から違ったような(自信なし)。殺し場は「よーさやちょーさや」じゃないし。でも、私が最初に見た『夏祭』はこの形だったのだと思います。「大坂の祭を背景にしてる」と言われてるのがずっとよく分からなくて、文楽とコクーンの『夏祭』を見て、なるほど、これか、と衝撃を受けたのですから。
 義平次を段四郎が勤めていて、小柄で痩せぎすの義平次、何だか嬉しかったです。この役は小柄な体躯が似合っているような気がするのですよね。この役をやらせたら天下一品だった中村助五郎(後に二代目中村源左衛門)のイメージが刷り込まれちゃってるのかもしれないですけれど。
 助五郎の義平次、どうしてあれほど憎らしくて、汚ならしくて、いやらしくて、魅力的だったのだろう……と亡くなってからずっと考えてます。

◇演舞場の夕食はいわて銀河プラザで購入した「南部いなか御膳」。いわて地産地消弁当です。

1000000769

◇幕間には、いつものスタバでカフェラテ(ショット追加)にポップケーキで充電!(^^)

1000000771

|

« [日録]学会2日目 6/12 | トップページ | [日録]酔っ払い 6/14 »

日常」カテゴリの記事

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/52100270

この記事へのトラックバック一覧です: [日録]『夏祭』雑感 6/13:

« [日録]学会2日目 6/12 | トップページ | [日録]酔っ払い 6/14 »