« [日録]近世文学会初日@ソウル 9/30 | トップページ | [日録]近世文学3日目@ソウル(附 映画と演劇、見ました) 10/2 »

2011.10.02

[日録]近世文学会2日目@ソウル 10/1

10月1日(土)

◇日本近世文学会秋季大会、2日目は研究発表です。全部で17名の研究発表が行われましたが、半分以上が韓国人。ソウル開催だから韓国人優先ということはなく、発表内容も日本人研究者と全く遜色ない水準でした。(正直、いつもの大会よりずっと興味深かったような。演劇領域の発表が多かったからかな。)

◇昼食は高麗大学校用意のお弁当。大学の教室でいただきました。美味しかった~。
 休憩時間にはお茶・コーヒー・ジュースとクッキーなどが用意され、さらに韓国のトック(餅)のスペシャル間食も。

1000001377

1000001391

 高麗大学校の親しい運営スタッフにこっそり聞いた話では、お弁当もお餅もあちこちのお店から取り寄せて試食しまくったとか。お弁当チームとお餅チームに分かれて試食して一番美味しいものを選び、さらにいろいろリクエスト付けて注文したそうです。お陰様でどちらもホント美味しかったです。

◇途中、ちょこっと研究発表を抜けて、高麗大学校博物館の展示を見物。「天・地・人」と題された展示は、天体図がいろいろあるのが面白かったです。屏風とか摺物とか。日本で、屏風に天体図を描くとか、天体図の摺物とか、ほとんどないような気がするのですが。私が不勉強で知らないだけなのかな。
 また、朝鮮時代(1820年頃)のソウルの地図「首善全図」の版木が気に入りました。これ、一枚刷りの複製を作って「古地図」として売ればよいのに。日本ではきっと売れると思うのです。私は欲しい。1枚3,000円ぐらいなら買いますけど。

Seoulmap
 (ネット上から拾ってきた画像です。m(_ _)m)

◇研究発表終了後は、学会の公式懇親会。日本近世文学会の懇親会は、ご当地の伝統芸能が披露される、お酒にこだわる、というのが2大特色なのですが、ソウルでもしっかり踏襲されました。

 「韓国伝統芸術の夕べ」と題されたプログラムは、「歌曲」「サルプリ舞」「パンソリ(沈清歌)」「シナウィ」「南道民謡」。1時間近くの熱演でした。特に、チュ・ジュソン(趙珠仙)先生のパンソリと民謡、素晴らしかったです。

1000001398

 2大特色その2はこちら。全部韓国のお酒です。

1000001399

 今回の目玉はこれ。「安東焼酎」です。お値段は一般的な焼酎チャミスル(참이슬)1本の40倍。なので、これだけ酒瓶が並ぶ中、安東焼酎は1瓶しかありませんでした。貴重品。

1000001402

 のんべの先生をけしかけて封を切っていただき、ちゃっかりお相伴にあずかりました。下戸の私は舐める程度でしたけど(だって40度なんですもん)、美味しうございました。

|

« [日録]近世文学会初日@ソウル 9/30 | トップページ | [日録]近世文学3日目@ソウル(附 映画と演劇、見ました) 10/2 »

仕事」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92545/52901540

この記事へのトラックバック一覧です: [日録]近世文学会2日目@ソウル 10/1:

« [日録]近世文学会初日@ソウル 9/30 | トップページ | [日録]近世文学3日目@ソウル(附 映画と演劇、見ました) 10/2 »