« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.19

ソウルの演劇★初日間近

 ソウルでもうすぐ初日を迎える演劇公演の情報です。
 韓国は3月1日から新年度。これに合わせて、新しい公演が次々と幕を開けます。

 目立つのは海外の翻訳物です。

 ジェラール・ビトン、ミシェル・マンツ作の『ゲイ結婚式』は、結婚を条件に叔母の遺産を遺された主人公アランが、真っ赤な嘘の結婚生活を送り始めるものの、新婚宅に訪問客が来る度に珍騒動となるというドタバタコメディ? 演劇ファンにはお馴染みチェ・ドンムン/최덕문、『君となら』のお父さん役で一気に注目されるようになったソ・ヒョンチョル/서현철の出演で、現在最も期待されている舞台です。

 『ゴルゴンの贈り物』はピーター・シェーファー作。韓国で『エクウス』を初演した劇団実験劇場の公演です。2008年に続く再演。

 『相思酒』もピーター・シェーファー作。日本では黒柳徹子が何度か上演している『ベティスとラベッジ』です。こちらは漢陽レパートリー久々の公演。以前、やはり漢陽レパートリーの舞台を見ていますが、笑いと感動のバランスが絶妙の舞台でした。
 ちなみに、漢陽レパートリーは今年が劇団の20周年だそうで、この『相思酒』は「20周年記念公演第1弾」と銘打たれています。第2弾、第3弾と記念公演が続けば、思わぬ人が登場するかも。要チェック!

 『モータータウン』はサイモン・スティーブンス(Stephensはスティーブンス?)作。イラン戦争(って湾岸戦争ですよね?)から帰国した主人公ダニーは、祖国イギリスに以前のようには馴染めず、兄や昔の彼女からも拒否される。彼にとっては、帰国後のイギリスもまた新たな戦争だった…という設定。挑発的で衝動的で暴力的な内容で、社会の不安や人間性を問う作品……らしいです。
 日本では上演されてないようですが、同じ作者の『ハーパー・リーガン』が2010年に長塚圭史演出で上演されてます。ご覧になってる方いらっしゃいます?

 『私は家にいた、そして雨が降るのを待っていた』は、Jean-Luc Lagarce(カタカナ表記分からない…)作。Cathy Rapin(カタカナ表…略)の演出で、劇団フランコフォニー/극단 프랑코포니/Theatre Francophoniesによる公演です。『孤児のミューズたち』『ガラスの眼』を上演してきた劇団。こういうのは追っかけて見たいですね。あぁ、ソウルにいれば……。

 『シュイバンの靴』はティム・クローチ作。靴フェチのショーンと彼に恋したシュイバンという二人の十代の若者の物語。ティム・クローチの作品は、去年『The Author』が上演されていて、韓国で評価される作家の一人になってますね。日本では2010年3月のインターナショナル・ショーケースで『マイ・アーム』が上演されてます。ただ、この時の舞台がティム・クローチ本人による一人ライブのようなものだったので、日本ではティム・クローチ=パフォーマーと思ってる人も多いのかも。

 ソウルはいつでもインターナショナル・ショーケース。羨ましい~。


ゲイ結婚式/게이 결혼식
2012.03.01 ~ 2012.07.01
平日20時/土・日15時、18時/月休み/3月1日15時、18時
ハクチョンブルー小劇場/학전블루소극장
100分
* Gérard Bitton/Michel Munz作『Le Gai mariage』

ゴルゴンの贈り物/고곤의 선물
2012.02.23 ~ 2012.03.11
平日19時30分/土・祝15時、19時30分/日15時/月休
明洞芸術劇場/명동예술극장
150分

教授と女弟子2/교수와 여제자2
2012.03.01 ~ 2012.03.31
平日15時、20時/土・祝14時、16時、18時/日15時、18時
サンサンホワイト小劇場/상상 화이트 소극장
80分

3月の雪/3월의 눈
平日20時/土・日・祝15時/月休
2012.03.01 ~ 2012.03.18
ペ・クソンヒ チャン・ミノ劇場/백성희장민호 극장
80分

ワーニャ叔父さん/바냐아저씨
2012.02.28 ~ 2012.03.04
平日20時/土15時、19時/日・祝16時
西江大学校・メリホール/서강대학교 메리홀
120分

モータータウン/모토타운
2012.02.23 ~ 2012.03.1
平日20時/土19時/日15時/月休/3月1日20時
大学路・ソルチ劇場チョン美ソ/대학로 설치극장 정미소
90分
* Simon Stephens作『Motortown』

想相酒/상사주
2012.03.07 ~ 2012.04.08
平日20時/土15時、19時/日15時/月休
漢陽レパートリーシアター/한양레퍼토리씨어터
100分
* ピーター・シェーファー作『レティスとラベッジ(Lettice&Lovage)』

三流俳優/삼류배우
2012.02.24 ~ 2012.05.23
平日19時30分/土・日15時、19時30分/月休/3月1日15時のみ
シネコア/시네코아
120分

月の国連続ドラマ/달나라 연속극
2012.02.23 ~ 2012.03.04
平日20時/土15時、19時/日17時/3月1日20時
演友小劇場/연우 소극장
100分

人物実録 ポン・ダルス/인물실록 봉달수
2012.03.03 ~ 2012.03.18
火・木・金19時30分/水15時、19時30分/土16時、19時/日16時/月休
大学路芸術劇場・大劇場/대학로예술극장 대극장
100分

彼女の小説/그 여자의 소설
2012.02.23 ~ 2012.04.01
平日20時/土15時、19時/日・祝15時/月休
大学路芸術劇場3館/대학로 예술극장 3관
90分

私は家にいた、そして雨が降るのを待っていた/난 집에 있었지 그리고 비가 오기를 기다리고 있었지
2012.03.01 ~ 2012.03.25
平日20時/土16時、19時30分/日15時/月休/3月1日20時
大学路・ゲリラ劇場/대학로 게릴라 극장
100分
Jean-Luc Lagarce作『J'etais dans ma maison et j’attendais que la pluie vienne』

ピーター・ブルックのオペラ 魔笛/피터 브룩의 오페라 - 마술 피리
2012.03.15 ~ 2012.03.17
平日20時/土16時
LGアートセンター/LG아트센터
90分

パク・ウァンソ、俳優が再び読む/박완서 배우가 다시 읽다
2012.02.28 ~ 2012.04.27
(2月28日~3月30日)11時30分/20時/土・日・月休
(4月10日~4月27日)11時30分/土・日・月休
大学路ソンドル劇場/대학로 선돌극장
60分
* 故パク・ウァンソ作家の短編小説4編リーディング

春の日/봄날
2012.03.16 ~ 2012.04.01
火・木・金19時30分/水・日15時/土15時、19時/月休
明洞芸術劇場/명동예술극장
110分

アカシアの花が咲きました/아카시아 꽃이 피었습니다
2012.03.01 ~ 2012.04.01
平日20時/土16時、19時/日・祝15時、18時/月休
大学路・小劇場祝祭/대학로 소극장 축제
100分

ソウルの人たち/서울 사람들
2012.03.09 ~ 2012.04.01
平日20時/土15時、19時/日15時/月休
演友小劇場/연우 소극장
80分

宇田川心中/우다가와 신쥬
2012.03.08 ~ 2012.03.10
平日20時/土16時、20時
江東アートセンター・大劇場漢江/강동아트센터 대극장 한강
120分
* 小林恭二『宇田川心中』。金守珍演出。

権力有感/권력유감
2012.03.02 ~ 2012.05.27
平日20時/土16時、19時30分/日15時/月休
大学路劇場/대학로극장
120分

時計1/시계1
2012.03.03 ~ 2012.04.01
平日20時/土15時、19時/日15時/月休/3月3日19時
大学路・アルムダウン劇場/대학로 아름다운 극장
120分

シュイバンの靴/쉬반의 신발
2012.03.09 ~ 2012.03.25
水17時、20j日/木・金17時/土・日13時、16時
芸術の殿堂・自由小劇場/예술의전당 자유소극장
70分
* ティム・クローチ作『Shopping For Shoes』

THE GAME/더 게임
2012.03.03 ~ 2012.03.11
平日20時/土・日16時/月休
大学路芸術劇場・小劇場/대학로예술극장 소극장
90分

悲しくてもカーテンコール/서글퍼도 커튼콜
2012.04.06 ~ 2012.04.15
平日20時/土15時、19時/日15時/月休
大学路芸術劇場・小劇場/대학로예술극장 소극장
90分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

ソウルの演劇★上演中

 ソウルで上演中の演劇公演情報です。

 Twitterで公演情報の速報を流したチャン・ジン作『不器用な人々』、幕を開けました。2008年、PARCO劇場で、チャン・ジン演出のリーディング公演として上演された作品ですね。ユーモアたっぷりのハートウォーミングコメディ。
 昨年12月から上演されている『リターン・トゥ・ハムレット』もチャン・ジン作/演出です。東崇アートセンターは、大劇場・小劇場ともチャン・ジン作品絶賛上演中。すごいなぁ。

 『ミルダンの誕生』は前回も紹介しましたが、TVドラマ『薯童謡(ソドンヨ)』でも取り上げられていた善花姫と薯童の恋愛を駆け引き(=ミルダン)コメディに仕上げた作品。軽めの芝居と思われますが、とても評判よいです。大学路の新たなロングラン作品になりそうな勢い。見なくては。

 『模範生たち』の登場人物は、外国語高校3年の男子高校生4人。上位3%に入りたい3人が試験のカンニングを企て、クラス委員まで巻き込むが、彼らのカンニング計画をクラスの生徒たちは知っていた。彼らの計画は破局へ向かっているのか……というようなストーリーらしいです。韓国っぽくて、面白そう。

 『ラブ・アクチュアリー』は、例の映画とは全く別物。付き合って100日、1000日、10年の3組のカップルの物語、らしいです。これまた韓国らしい設定で、面白そうです。

 『白冶』は、朝鮮の独立運動家キム・ジャジン/김좌진の英雄的かつドラマチックな人生を取り上げた作品だそうです。主人公キム・ジャジンの息子はキム・ドゥハン/김두한/金斗漢。つまり、「『将軍の息子』の父」の物語ってことですね。
 
 『あの世』は、中国出身でフランス国籍のノーベル賞作家・高行健(ガオ・シンジェン)の『冥城』です。荘子が死んだふりをして妻の貞操を試したという話をモチーフとした作品だそうです。韓国演劇、こんな作家の作品にも触手を伸ばしてるのですね。
 ちなみに、この作品についてネット検索であれこれ調べていたら、大原ケイさんのブログに行き当たりました。NYC在住の文芸エージェントの方で、「本とマンハッタン Books and the City」という洒落たタイトルのブログもTwitterでの小気味のよいツイート(@Lingualina)も愛読してます。文芸作品、演劇作品は国境も海原もさらっと越えちゃう。時代ですねぇ。
 ガオ・シンジェンと彼の作品について、あたふたとグーグル先生に教わってる我が身の不勉強を猛省中なう。


不器用な人々/서툰 사람들
2012.02.11 ~ 2012.05.28
平日20時/土・日・祝15時、19時/月休
東崇アートセンター・小劇場/동숭아트센터 소극장
110分

屋根部屋のネコ/옥탑방 고양이
2010.04.06 ~ Open Run/오픈런
平日17時、20時/土14時、16時30分、19時、21時20分/日・祝14時、17時、20時
大学路・SMティンティンホール/대학로 SM틴틴홀
100分
* 江南・トンヤンアートホール(강남 동양아트홀)でも上演中。
☆あらすじとレビュー

ミルダンの誕生/밀당의 탄생
2011.11.15 ~ 2012.04.29
平日20時/土16時、19時/日14時、17時/月休
PMC大学路自由劇場/PMC대학로자유극장
90分

リターン・トゥ・ハムレット/리턴 투 햄릿
2011.12.09 ~ 2012.04.08
平日20時/土・日15時、18時/月休/3月2日貸切
東崇アートセンター・東崇ホール/동숭아트센터 동숭홀
110分
* 演劇熱戦4。チャン・ジン作

模範生たち/모범생들
2012.02.03 ~ 2012.04.29
平日20時/土16時、19時/日・祝14時、17時/月休
アートウォンシアター3館/아트원씨어터 3관
100分

ラブ・アクチュアリー/러브 액츄얼리
2011.10.01 ~ 2012.02.29
平日17時、20時/土・日16時、19時/月休
大学路・マロニエ小劇場/대학로 마로니에 소극장
90分

あの世/저승
2012.02.16 ~ 2012.02.26
平日20時/土15時、18時/日15時
大学路芸術劇場・大劇場/대학로예술극장 대극장
90分

アンティゴネ/안티고네
2012.02.02 ~ 2012.02.26
平日20時/土15時、19時/日16時/月休/2月19日売切
大学路・ソンドル劇場/대학로 선돌극장
90分
* ソポクレス作『アンティゴネ』

白冶/백야
2012.02.18 ~ 2012.03.04
平日20時/土15時、19時30分/日・祝14時、18時30分/2月27・28日休
아르코예술극장 대극장
120分

インディア・ブログ/인디아 블로그
2011.12.08 ~ 2012.05.20
火~木20時/金17時、20時/土16時、19時/日・祝15時/月休
大学路・文化空間フィーリング2館/대학로 문화공간 필링 2관
100分

ヨムジェンイ・ユ氏/염쟁이 유씨
2010.11.10 ~ Open Run/오픈런
平日20時/土15時、18時/日15時/月休
ハンソンアートホール/한성아트홀
90分
☆あらすじとレビュー

5月には結婚するわ/오월엔 결혼할꺼야
2011.07.22 ~ Open Run/오픈런
平日20時/土15時30分。18時30分/日・祝14時、17時/月休/4月11日15時、18時
大学路・ソリアートホール2館/대학로 소리 아트홀 2관
100分
☆あらすじとレビュー

ライアー1弾/라이어 1탄
2010.04.01 ~ Open Run/오픈런
平日16時、19時30分/土15時、18時、21時/日・祝15時、18時
ハッピーシアター/해피씨어터
100分
* 江南・コーエックスアートホール、新村・The Stage でも上演中。
* レイ・クーニー作『Run for Your Wife』

ライアー2弾/라이어 2탄
2008.07.10 ~ Open Run/오픈런
火~木20時/金17時、20時/土・日・祝16時、19時/月休
セムトパランセ劇場1館/샘터파랑새극장 1관
90分

怪しい興信所/수상한 흥신소
2012.01.10 ~ 2012.12.31
平日17時、20時/土14時、17時、20時/日・祝15時、18時/月休
サンミョンアートホール1館/상명아트홀 1관
100分

彼氏、彼女/그남자 그여자
2011.06.03 ~ 2012.01.31
(2月まで)火~木20時/金17時、20時/土14時、17時、20時/日14時、17時/月休
(3月から)平日20時/土15時、18時/日・祝14時、17時/月休
アーツプレイシアター1館/아츠플레이씨어터 1관
110分

ニューボーイングボーイング/뉴보잉보잉
2009.01.01 ~ Open Run/오픈런
平日17時、20時/土14時、16時30分、19時30分/日14時、16時30分、19時
大学路・トゥレホール3館/대학로 두레홀 3관
120分
* マルク・カモレッティ作 『ボーイング・ボーイング』
* トゥレホール4館でも上演中

呆れたスキャンダル/기막힌 스캔들
2012.01.14 ~ Open Run/오픈런
(2月まで)平日17時、20時/土14時、17時、20時/日14時、16時30分、18時10分
(3月から)平日17時、20時/土14時、16時、18時10分、20時10分/日・祝14時、16時、18時10分
大学路・シニョンアートホール/대학로 신연 아트홀
100分
* 『ニューボーイングボーイング2弾』

劇的な一夜/극적인 하룻밤
2011.07.16 ~ 2012.05.28
平日20時/土15時、18時、21時/日14時、17時/月休
アートウォンシアター2館/아트원씨어터 2관
100分

金ピカ(Bling Bling)/블링블링
2011.06.01 ~ Open Run/오픈런
月・水・木・金・日14時、15時30分、17時/火14時、15時30分、17時、18時40分、20時10分/土13時30分、15時、16時30分
大学路・キドクキドクアートホール新館/대학로 키득키득아트홀 신관
90分

| | コメント (1) | トラックバック (0)

講座「韓国映画の楽しみ」

 ちょこっとお知らせです。m(_ _)m

 2011年度に続きまして、2012年度にも清泉女子大学の生涯学習講座ラファエラ・アカデミアで「韓国映画の楽しみ」という講座を担当いたします。
 元・居住者の視点から作品の背景にある文化や生活に触れながら韓国映画の楽しさ、面白さをお伝えてしていきたいな、という講座です。

「韓国映画の楽しみ-日韓比較文化の視点から-」

 期日: 4月14日、28日、5月12日、26日、6月9日
     (毎回土曜)
 時間:午前10時40分~12時10分
 会場:清泉女子大学
     (五反田・大崎・高輪台の各駅から徒歩約10分)

 和気藹々とやってます。2011年度は20人前後のクラスでした。講座の様子はこちらにレポートがあります。ご参考になりますれば。
 韓国語ができなくても、韓国映画を見始めたばかりでも、全く問題ありません。
 「ブログを見て」「Twitterで知って」という方もいらして下さってます。ありがとうございます。
 お申し込み方法等は、清泉女子大学「ラファエラ・アカデミア」のサイトをご覧下さい。

 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。(o^-^o)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.02.17

[記事]韓国古典映画をYOUTUBEで!

 すごいニュースが出てきました。
 韓国の古典映画70編が YOUTUBE を通して全世界どこにいても無料で見られるようになるそうです。


YOUTUBE を通して全世界に上映される70編の韓国古典映画

 韓国映像資料院ニュース 2012.02.17

 韓国映像資料院〈한국영상자료원〉は、Google(www.google.com)との提携を通して、韓国古典映画を世界最大の動画サイト YOUTUBE(www.youtube.com)で VOD として提供する予定だ。ユン・ヨンギュ〈윤용규〉監督の『心の故郷〈마음의 고향〉』(1949)からホン・サンス〈홍상수〉監督の『豚が井戸に落ちた日〈돼지가 우물에 빠진 날〉』(1996)まで、総70編の多様な時期の映画が YOUTUBE 内に韓国映像資料院が開設したチャンネル koreanfilm(www.youtube.com/koreanfilm)でオンライン上映される。 すべての作品には英語字幕が含まれ、Google 翻訳を通した他言語字幕サービスも可能で、数十億の全世界 YOUTUBE 利用者たちに韓国古典映画を披露することができるようになる。このうち、『裸足の青春〈맨발의 청춘〉』(1964、キム・ギドク〈김기덕〉)等7編はHD高画質でサービスされ、すべての作品は無料で鑑賞することができる。

 今回、70編の映画の中にはユ・ヒョンモク〈유현목〉監督の永遠の古典『誤発弾〈오발탄〉』(1961)と1961年ベルリン映画祭銀熊賞を受賞したカン・デジン〈강대진〉監督の『荷馬車〈마부〉』(1961)が含まれており、韓国古典映画のベストセラー監督キム・ギヨン〈김기영〉の『下女〈화녀〉』(1971)、『異魚島〈이어도〉』(1977)、『殺人蝶を追う女〈살인나비를 쫓는 여자〉』(1978)等、彼の作品7編と共に、シン・サンオク〈신상옥〉監督の『地獄花〈지옥화〉』(1958)、『離れの客とお母さん〈사랑방 손님과 어머니〉』(1961)、『成春香〈성춘향〉』(1961)等6編の作品も提供される。併せて、1980年代の韓国映画の新しい流れを牽引したペ・チャンホ〈배창호〉監督の『コバン村の人々〈꼬방동네 사람들〉』(1982)、『黄真伊〈황진이〉』(1986)、『すばらしき我が青春の日々〈기쁜 우리 젊은 날〉』(1987)から1990年代の問題作監督チャン・ソヌ〈장선우〉の『競馬場へ行く道〈경마장 가는 길〉』(1991)、ホン・サンス〈홍상수〉監督の『豚が井戸に落ちた日』(1996)まで、さらに国民監督と呼ばれるイム・グォンテク〈임권택〉監督の90年代の作品4編(『将軍の息子〈장군의 아들〉』(1990)、『風の丘を越えて/西便制〈서편제〉』(1993)等)も YOUTUBE チャンネルを通して見られるようになる。

 映像の翻訳及び字幕作業は Google の支援を通して行われ、韓国映像資料院 YOUTUBE チャンネルはエンコーディングと翻訳の作業を経て、この5月にオープンする予定だ。


 これまでも様々な古典映画を発掘し、名だたる監督の傑作を次々とDVDリリースしてきた韓国映像資料院が、今度は YOUTUBE と提携して、古典映画70編をいつでも誰でも自由に見られるように公開するという大ニュース。公式に作成される字幕は英語のみですが、Google翻訳を通して日本語サービスも可能になるのですね。実用的な日本語字幕になるかどうかは、Google翻訳の精度次第でしょうか。

 韓国外ではあまり知られていないのですが、韓国映像資料院は、公式サイト上で400編余りの映画をVODで公開するサービスを行なっています。ただし、ここで映画を見るためには500₩という形ばかりの視聴料を支払う必要があり、支払い手段を持たない外国人にとっては事実上利用不可のサービスとなっていました。1編・24時間500₩、2週間・本数無制限5000₩、1ヶ月・本数無制限1万₩といった形ばかりの視聴料を支払う必要があり(毎月の「企画展」の対象作品は無料です)、サイトの会員加入手続きと共に、外国人にはちょっと面倒な仕組みになっていました。

 今回 YOUTUBE を通しての公開サービスに踏み切ったことで、韓国人にとっては形ばかりの視聴料金が完全無料となり、外国人にとっては決済手段という障壁が取り払われたということになります。サイト加入や決済という面倒な手続きの障壁が取り払われたということになります。

 YOUTUBE内のkoreanfilmチャンネルのURLへ飛ぶと、中身は何もない表玄関だけのページができています。登録日が2011/09/08とありますから、その頃にチャンネル開設が具体化したのでしょう。

 公開される作品は70編とありますが、この記事の中に17タイトルが挙がっています。1949年『心の故郷』から1996年『豚が井戸に落ちた日』までの作品で、あと53タイトル。全貌を早く知りたいですねぇ。

 5月のチャンネルオープンが楽しみです。わくわく。 

<追記> saruさん(@saru)から、観光映像資料院のVOD視聴料は外国人もクレジットカードで決済できます、とご指摘をいただき、本文訂正しました。実際、試してみたらJCBで決済できました。知らなかった~。ワタシが会員加入した時はできなかったような覚えが……。日進月歩どころか、秒進分歩ですねぇ、韓国。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソウルのミュージカル★初日間近

 ソウルで間もなく幕のあくミュージカル公演情報です。

 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(Catch me if you can)』は、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の同名映画がありますね。あれです。昨年はブロードウェイでミュージカル上演され、ノーバート・レオ・バッツがトニー賞の主演男優賞をとっています。その主役を5人のキャスト(クアドラプルの次は何て言うんでしょ?)で上演するのですが、オム・ギジュン/엄기준を筆頭に、Super Juniorのキュヒョン/규현、SHINeeのKEYまで、イケメン揃えて注目度高くなってます。さらにヒロインのトリプルキャストには、天上智喜のDANA、少女時代のSunnyも参加。
 とりあえずTSUTAYAで映画のDVDを借りて来ます。

 『ソピョンジェ』は、韓国映画の名作、イム・グォンテク/임권택監督『ソピョンジェ』(邦題:風の丘を越えて/西便制)のミュージカル化です。イ・ジナ/이지나演出。初演はストーリーも演出も見るべきところがなく、客の入りも悪く、率直に言って散々な結果だったと思うのですが……。めげずに再演。どんな舞台になってるのか興味津々ではあります。

 『シャーロック・ホームズ』は、昨年の第17回韓国ミュージカル大賞で最優秀作品賞、脚本賞、作曲賞をとった作品。2011年の創作ミュージカルNo.1作品ということですね。実際、緻密な脚本、迫力あるナンバー、濃密でスピーディーな展開の演出、説得力ある俳優の演技と、水準の高い舞台になってました。ミステリーですので、ストーリーが見通しにくいのですが(下の公演情報に、ネタバレばっちりのあらすじリンクあります)、韓国の最近の創作ものを見てみたい方にオススメです。
 ちなみに、今年秋には『シャーロック・ホームズ 2番目の物語』の上演も予定されてます。シリーズ化、実現しそうですね。こちらも楽しみ。

 『モーツァルト・オペラ・ロック』は、サリエリにキム・ジュニョン(ジュンヒョン)/김준현、カン・テウル/강태을と実力・人気兼ね備えたキャスト。モーツァルトはコ・ユジン/고유진、キム・ホヨン/김호영、パク・ハングン/박한근のトリプル。誰で見るのがよいのかな。
 ソウル(城南)上演の前に、大邱/テグ/대구で先行上演の幕が開いたところで、評判が気になります。それにしても、この大邱公演、2月14日~3月11日という本格的な公演。地方都市(大邱は韓国第4の都市です)でこんなふうに普通に話題の新作ミュージカルを(それもソウルより先に)見られる状況、羨ましいですね。

 『カフェ・プリンス1号店』は言わずと知れた同名TVドラマのミュージカル化。ドラマカルの流れに乗ったものですね。舞台の出来は、幕が開いてみないと分からない、というのが正直なところ。『幻想のカップル/환상의 커플』(これ、邦題はどれが正解?ファンタジーカップル?ファンタスティックカップル?幻想のカップル?)、私は見てないのですが、どうだったのかな? そう言えば、以前『パリの恋人』のミュージカル化もしきりと話題になってましたが、あれはどうなったのだろう?

 少し先の公演ですが、『WICKED』の来韓公演。アジアンツアーの一環だそうで、これ、見てみたいなぁ。四季とかなり雰囲気の異なる舞台なのではないかしらん。

 最後の4つはまだ詳細の出ていない公演です。例によって、公演期間等変更の可能性もあります。飛行機・ホテルの手配はまだしちゃダメです。のんびり続報をお待ち下さい。


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/캐치 미 이프 유 캔
2012.03.28 ~ 2012.06.10
火~土16時、20時/日・淑15時、19時/月休/3月28日20時のみ
ブルースクウェア・サムソンカードホール/블루스퀘어 삼성카드홀
140分

ソピョンジェ/서편제
2012.03.02 ~ 2012.04.22
平日20時/土15時、19時/日14時、18時/月休/4月22日休/3月14日、4月4・11・18日16時あり
ユニバーサルアートセンター/유니버설아트센터
140分

シャーロック・ホームズ/셜록홈즈
2012.03.03 ~ 2012.05.13
火・木・金20時/水16時、20時/土15時、19時/日14時、18時/月休
淑明アートセンター・シアターS/숙명아트센터 씨어터S
150分
☆あらすじとレビュー

モーツァルト・オペラ・ロック/모차르트 오페라 락
2012.03.30 ~ 2012.04.29
火・木・金20時/水15時、20時/土15時、19時30分/日14時、18時30分/月休
城南アートセンター・オペラハウス/성남아트센터 오페라하우스
160分

モビー・ディック/모비딕
2012.03.20 ~ 2012.04.29
平日20時/土・日15時、19時/月休
トゥサンアートセンター・ヨンガンホール/두산아트센터 연강홀
140分

カフェ・プリンス1号店/커피프린스 1호점
2012.02.24 ~ 2012.04.29
平日20時/土15時、19時/日14時、18時/月休
大学路・文化空間フィーリング1館/대학로 문화공간 필링 1관
110分

WICKED/위키드
2012.05.31 ~ 2012.06.30
ブルースクウェア・サムソン電子ホール/블루스퀘어 삼성전자홀
* オリジナル来韓公演

ラ・カージュ/라카지오폴
2012.07.02 ~ 2012.09.04
LGアートセンター/LG아트센터

二都物語/두 도시 이야기
2012.08.24 ~ 2012.10.07
忠武アートホール・大劇場/충무아트홀 대극장

シャーロック・ホームズ 2番目の物語/셜록홈즈 두번째 이야기
2012.09.11 ~ 2012.11.01
トゥサンアートセンター・ヨンガンホール/두산아트센터 연강홀

皇太子ルドルフ/황태자 루돌프
2012.11.02 ~ 2013.01.13
忠武アートホール・大劇場/충무아트홀 대극장

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.16

ソウルのミュージカル★上演中

 ソウル(+城南)で上演中のミュージカル公演です。
 毎度のことながら、見たいものばかりで、悩ましい。

 注目の『エリザベート』が幕を開けました。今のところ、一般の評価は「期待以上だった」「待っていた甲斐があった」と好評ですね。キャストによってかなり印象の違う舞台になっていそうな気もします。

 チュ・ジフン/추지훈降板とチョ・スンウ/조승우登板で一気に注目度が高まった『ドクトル・ジバゴ』。ホン・グァンホ/홍광호とチョ・スンウのダブルキャストとなると、両方見比べてみたくなるのですが……、チョ・スンウ出演前の段階での「作品評」が今ひとつなのですよねぇ。う~ん、困った。

 何度目かの再演になる『光化門恋歌』。数々の名曲を世に送り出した作曲家イ・ヨンフン/이영훈の曲と物語で綴るミュージカルです。イ・ムンセ/이문세ファンの方は必見、韓国の大衆音楽がお好きな方にオススメです。

 前回も書きましたが、日本で上演してない『ノートルダム・ドゥ・パリ』、強力オススメです。俳優の身体能力を最大限に発揮させ、大胆に空間を利用して、あっと驚く舞台を見せてくれます。2月末までソウルで上演した後、城南/성남(3月1~4日)・光州/광주(3月8~11日)・大邱/대구(3月16~25日)とツアーです。地方都市でこの舞台を見られるなんて、羨ましい限りです。

 『タルゴナ』は、1970年の韓国を舞台にしたミュージカル。キム・グァンソク/김광석、イ・ムンセ/이문세、ソン・チャンシク/송창식、チョ・ヨンピル/조용필といった面々の曲がナンバーとして挙げられてまして、韓国音楽好きなら楽しめそう。

 6年ぶり再演の『フェイスオフ』は、ロベール・トマの演劇『Double Jeu』を原作としたミュージカルです。この演劇作品、日本では2010年にG2演出、『W~ダブル』のタイトルで上演してるのですね。この舞台はかなり翻案されてたようですが、どなたかご覧になってる方いらっしゃいます?
 『フェイスオフ』というタイトルは、ジョン・ウー監督の映画『フェイス/オフ』を意識してます。でも、内容は全く違いますのでご注意を。

 ロングランになりつつある『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』。昨年末に見てきました。ブライアン・ヒル/Brian Hill脚本、ニール・バートラム/Neil Bartram作詞・作曲のブロードウェイ・ミュージカルです。主人公の回想で物語が進んでいくので、ストーリーが分かりにくいのですが、男優2人の芝居で演技力・歌唱力対決となっており、見応えあります。

 小劇場ミュージカル『洗濯』『キム・ジョンウク探し』『スペシャルレター』『OH!あなたが眠る間に』は大学路のロングラン作品。見てない方にはどれもオススメです。
 先日、三越劇場で日本語・日本人キャスト版の『パルレ 洗濯』を見てきましたが、韓国の舞台の雰囲気そのままにとてもよくできていて、大学路にいる時のように笑って泣いて、感動しました。この作品に込められた思いをきっちり伝えようとした日本のスタッフの情熱を感じました。東京公演・三越劇場は今日16日が千秋楽、17・18日は大阪・サンケイホールブリーゼで公演です。関西の方、大学路の予習にどうぞ。


エリザベート/엘리자벳
2012.02.09 ~ 2012.05.13
平日20時/土・日14時、19時/月休/3月6・21・22日貸切
ブルースクエア・サムスン電子ホール/블루스퀘어 삼성전자홀
160分

光化門恋歌(광화문연가)
2012.02.07 ~ 2012.03.11
火15時、20時/水~金20時/土15時、19時30分/日・祝14時、18時30分/月休/3月8日貸切
LGアートセンター/LG아트센터
150分

ノートルダム・ドゥ・パリ(노트르담 드 파리)
2012.01.19 ~ 2012.02.26
平日20時/土15時、19時/日14時、18時/月休
世宗文化会館・大劇場/세종문화회관 대극장
150分
*来韓公演・英語バージョン

ドクトル・ジバゴ/닥터 지바고
2012.01.27 ~ 2012.06.03
火・木・金20時/水15時、20時/土15時、19時30分/日・祝14時、18時30分/月休
シャーロッテ(シャルロッテ)シアター/샤롯데씨어터
160分

マンマミーア!/맘마미아!
2011.08.30 ~ 2012.02.26
火・木・金20時/水15時/土15時、19時30分/日14時、18時30分/月休/2月17・25日貸切
Dキューブアートセンター/디큐브아트센터
160分

私たちの青春ロリーポリー/우리들의 청춘 롤리폴리
2012.01.13 ~ 2012.02.25
平日20時/土16時、20時/日・祝15時、19時/月休
城南アートセンター・オペラハウス/성남아트센터 오페라하우스
120分

タルゴナ/달고나
2012.02.13 ~ 2012.05.13
平日20時/土15時、19時/日14時、18時/月休/2月24日貸切
コーエックスアーティウム・現代アートホール/코엑스아티움 현대아트홀
140分

カフェイン/카페인
2012.02.02 ~ 2012.04.08
平日20時/土16時、19時/日15時、18時/月休
カルチャースペースnu/컬처스페이스 엔유
100分

Without you/위드아웃유
2012.02.10 ~ 2012.03.04
平日20時/土15時、19時/日15時/月休/3月1日19時
KT&Gサンサンアートホール/KT&G 상상아트홀
100分

スペシャルレター/스페셜레터
2011.07.06 ~ Open Run(오픈런)
(2月)平日17時、20時/土・日・祝15時、18時
(3月)平日17時、20時/土14時、17時、20時/日・祝15時、18時
大学路・SMアートホール/대학로 SM아트홀
110分
☆あらすじとレビュー

ストーリー・オブ・マイ・ライフ/스토리 오브 마이 라이프
2011.10.26 ~ 2012.04.29
平日20時/土15時、19時/日・祝14時、18時/月休/3月1日20時のみ
アートウォンシアター1館/아트원씨어터 1관
100分

OH!あなたが眠る間に/오! 당신이 잠든 사이
2010.04.30 ~ Open Run(오픈런)
平日20時/土16時、19時/日15時、18時/月休
大学路・芸術マダン2館/예술마당 2관
110分
* 江南・CGVアートホール/CGV 아트홀でも上演中。
☆あらすじ

フェイスオフ/페이스오프
2012.02.07 ~ 2012.07.29
平日20時/土16時、19時/日・祝15時、18時/月休
SHアートホール/SH 아트홀
105分

スリル・ミー/쓰릴미
2011.11.29 ~ 2012.02.26
平日20時/土・日15時、18時/月休
忠武アートホール・中劇場ブラック(충무아트홀 중극장 블랙)
90分

洗濯/빨래
2011.09.07 ~ 2012.03.30
水16時、20時/木・金20時/土15時、19時/日16時/月・火休
ハクチョングリーン劇場(학전그린소극장)
150分
☆簡単なあらすじとレビュー

キム・ジョンウク探し/김종욱 찾기
2011.10.27 ~ Open Run(오픈런)
平日20時/土16時、19時/日・祝15時、18時/月休
大学路芸術マダン1館(대학로 예술마당 1관)
100分
* 江南・KT&Gサンサンアートホール(KT&G 상상아트홀)でも上演中。
* 映画『あなたの初恋探します』の原作ミュージカル。
☆あらすじとレビュー
☆[記事]『キム・ジョンウク探し』売上100億W突破

あなただけ/당신만이
2011.09.23 ~ 2012.02.26
平日20時/土・祝16時、19時30分/日16時/月休
大学路・小劇場祝祭/대학로 소극장 축제
130分

ヒーリングハート/힐링하트
2012.01.19 ~ 2012.04.22
平日20時/土15時、18時30分/日16時/月休
大学路ザ・グッドシアター/더굿씨어터
90分

Bボーイを愛したバレリーナ/비보이를 사랑한 발레리나
2009.12.10 ~ Open Run(오픈런)
水~金20時/土・日15時、18時/月・火休
ロッテワールド芸術劇場/롯데월드 예술극장
90分

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »