仕事

2013.06.23

韓国映画・音楽資料の掲載許可手続き

 2週間くらい前にTwitterに流した内容ですが、文字通り流れちゃうので、ここにまとめておきます。

 論文等における韓国映画の写真掲載と韓国歌謡曲の歌詞引用の手続きについて、自分の備忘メモです。

 先月(2013年5月)刊行の『アジア遊学163 日本近世文学と朝鮮』(勉誠出版)に「転生の物語の背景-『桜姫東文章』と「バンジージャンプする」」という文章を掲載していただきました。この中で、韓国映画「バンジージャンプする(번지점프를 하다)」のスチール写真とシン・スンフン(신승훈)のバラード「僕より少し高い所に君がいるだけ(나보다 조금 더 높은 곳에 니가 있을뿐)」の歌詞を載せました。

 それぞれ、下記のような掲載許可申請手続きを行っています。

 まず、映画のスチール写真。
 韓国には国家的事業として映画の保存・復元に取り組んでいる「韓国映像資料院(KOFA)」という組織があります。ここは保存している映画資料(の一部)について著作権手続きの代理仲介サービスを行なっています。
 そこで、映画情報のデータベースである「韓国映画データベース(KMDb)」で「バンジージャンプする」の韓国映像資料院(KOFA)所蔵の資料を探しました。幸い、この作品については、かなりの枚数のスチール写真を所蔵し、著作権代理仲介サービスの対象であるとのことで、利用したい写真を決めてKOFAにメールでコンタクトしました。

 具体的な手続きはこちらに説明がありますし、担当者からの返信メールにも丁寧な説明がありました。
 申請書類を作成して送ったところ、先方から請求書が来たので、すぐに指定口座に振り込みました。
 支払いは、スチール写真1点につき10,000ウォン(論文には2点掲載)、別に銀行手数料として10,000ウォン、合計30,000ウォンでした。

 入金確認後、スチール写真のJPGファイルが送られてきました。実際には、同じ物がKMDbのサイトから自分でダウンロードできちゃうのですけれど。
 ともあれ、最初にコンタクトのメールを送ってからスチール写真のJPGデータを送ってもらうまで、ちょうど1週間かかりました。

 KOFAには、世界中の映画祭・上映会を相手にフィルムや宣伝資料の貸出などの業務を日常的に行なう部署があります(資料サービス部海外貸与担当)。この部署は英語対応が基本で、書類も英語フォーマットが用意されています。私は韓国語でメールしましたが、書類は英語で作成しました。日本からの問合せにもスムーズに対応してくれます。
 韓国内の銀行への振込の手段があれば、日本からも簡単に手続きができて、とても有難いサービスです。

 次に、韓国の歌謡曲の歌詞掲載。
 こちらは、日本のJASRACに当たる「韓国音楽著作権協会(KOMCA)」に申請しました。KOMCA内の検索ページで使用したい曲を探すと、KOMCAで管理している曲かどうかが分かります。

 KOMCAで管理している曲であれば、こちらから書式をダウンロードして、作成した書類をFAXで送付して使用申請します。

 これは一般には出版社が行う手続きですが、今回は事前にメールを送って、私個人の文章における利用であり、著作権遵守については私が責任を負うという事情を説明して了承していただき、手続きを進めました。(勉誠出版さんには事後報告しました。)

 著作権料は、歌詞引用は1曲、発行部数1万部未満の出版物、という条件で18,000ウォンでした。引用部分に「KOMCA 승인필」と表示することという条件がつきました(승인필=承認畢)。

 最初にメールしてから著作権料の入金確認まで2週間、最終的に「承認書」が郵送で届くまで3週間でした。

 KOMCAでは、海外で出版・販売される出版物への掲載許可手続きが想定されておらず、メール・書類すべて韓国語、担当者とメールをやり取りして相談しながら手続きを進めました。
 個人的にはスムーズに進んだと思いますが、英語OKで海外対応に慣れているKOFAと比べると、日本からの手続きはややハードルが高くなってます。

 ただ、JASRACが著作権法上の「引用」であれば著作権者の許諾不要と方針転換したのと同様に、今後は韓国の楽曲歌詞も「引用」であれば許可不要になるのかもしれません。

 以上、韓国映画のスチール写真、歌謡曲の歌詞を論文等に掲載する際の手続きレポートでした。
 同様のことを行いたい方のご参考になれば幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.01.09

[日録]減るはずだったのに 1/9

1月9日(祝・月)

◇1学期の授業回数は15回維持厳守という文科省の指導(?)のおかげで、祝日授業が当たり前になりつつある大学ですが、「成人の日」はさすがにお休み。

◇昨日に引き続き、調べ物と原稿執筆。

◇合間に、来年度の講義のシラバス入力。どこの大学もWEB上で入力できるのですが、大学によってシステムと様式がビミョーに異なるので、試行錯誤の繰り返しです。ログインする度に、その大学のシラバス執筆に関する書類を引っ張り出して、記入要項を確認しながらの作業。はぁ。
 中に、「読点はカンマ(,)を使用」と書いてある文書が……見なかったことにしよう。

◇来年度前期は、本務校8コマ、非常勤4コマで、週12コマの予定です。
 あれ?今年度より1コマ増えてる?w(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.06

[日録]講義に校正にジム 10/5

10月5日(水)

◇午前中、午後の講義のハンドアウト作成。

◇午後から非常勤先での講義。今学期のテーマは「浮世絵」です。先週のリアクションペーパーで判明したのですが、日本史科目でも浮世絵を主題とした授業が開講されていて、両方を履修する学生が少なくとも2人いるらしい。内容が完全にかぶってたらどうしようと、やや焦りました。いざとなったら版本挿絵や役者絵・芝居絵など文学との連携を講義の柱にしていこうと、対策まで練ってみたりして。
 ネットでシラバスを確認したところ、日本史科目の方は「浮世絵から写真へ」というテーマでむしろ近代初期の写真に比重があるようなので、一応安心。予定通りに講義を進めることにしました。よかった。

◇科研費に関連して研究者番号を申請するために事務室に立ち寄り、書類提出。数日中に交付される予定。お世話下さった皆様、ありがとうございました。

◇地下鉄の車内で着信音をずっと鳴らしてる女子高生がいて、「何やってるんだろう?どうして止めないのだろう?」と不思議に思い、音のする方を窺ってみたら、スマホのTV電話アプリ(?)を使って手話で通話してました!  こういう現実に接すると、技術の進歩って素晴らしいと思います。通話中に音楽が流れてることに気づいてなかったみたいですが、それはもう二の次三の次でした。

◇明日以降と聞いていた初校┣┣"リターンズが、意表を突いて襲来。まったくもって┣┣"(ToDo)って奴は油断できません。8月下旬から9月前半にかけてかかりきりになっていた、韓国映画に関する原稿の初校ゲラです。34頁分。
 この本、ワタシの文章もそこそこ面白いと思うのですが(多分…自分ではよく分からなかったりするので)、他の執筆者の方々が何をどう書いてるかすごく楽しみな本なのです。早く出ないかな。……って、そのためには初校きっちり返さなくては。13日締切。

◇夜、1週間ぶりでジムへ。睡眠不足気味だし、雨は本降りだし、理性は「今日は休んで、明日にしよう」と判断してるのに、肉体が「動かして~、ほぐして~」と頻りにメンテナンスを要求。肉体の要求に負けました。
 鬼メニューをきっちりこなして、クロストレーナー30分。ソウル旅行が筋肉には休養になっていたのか、予想より楽でした。身体動かすのは気持ちいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.05

[日録]こんなところにも韓流が 10/4

10月4日(火)

◇朝8時過ぎ、研究室の窓から望む秋晴れの空に富士山のシルエットがくっきりと。

1000001440

◇朝イチの1コマ。5クラス受け持っている同じ科目で、火曜のクラスが他クラスに先行してるので、今週1回はオプション的な内容です。

◇午後、留学生の日本語講読。短期留学生10名、学部在籍学生5名が登録してますが、積極的な学生が多く、賑やかな授業です。
 先週の自己紹介でちょっと驚いたのは、複数の中国人学生のこんな発言。
 「韓国ドラマが大好きです。」(←『花より男子』だそうな。)
 「韓国の俳優のファンです。」(←ムン・グニョンだって。)
 「韓国が好きで、韓国語を勉強したいです。」(←「韓国語」は希望者多数で取れなかったとか。)
 韓流、着実に広がってるのですねぇ。

 韓国の学生からは「それで、どうして日本に来ましたか?」と鋭いツッコミが入ってました。そりゃそう言いたくもなりますよね。対する中国の学生の切り返しは「それはいろいろ事情があって」。あはは。日本語うまいですね。コミュニケーション能力も高い。今後の授業の行方が楽しみです。

◇ソウルからの帰国翌日で疲労も溜まっていて、体力的にも精神的にもきついことを覚悟しての授業でしたが、元気な学生たちに助けられて乗り切りました。

◇明日の講義の準備……をしないといけなかったのですが、エネルギーが切れて放棄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.03

[日録]近世文学3日目@ソウル(附 映画と演劇、見ました) 10/2

10月2日(日)

◇日本近世文学会秋季大会、3日目は恒例の文化踏査。
 ですが、行き先が「古宮」(昌徳宮/창덕궁・景福宮/경복궁・徳寿宮/덕수궁)ということで、私はパスしちゃいました。韓国で暮らしていた頃、昌徳宮は秘苑(비원)の後苑(후원)の一番奥まで自由散策したし、景福宮は慶会楼(경회루)の中に入ったりしたし。どちらも、現在は時間を決めての一般観覧を行なっていますが、その試験的公開が始まった頃のことです。

◇そんなわけで、空いた時間に映画と演劇を見ることにしました。

◇午前中は、大韓劇場(대한극장)で注目の映画『トガニ(도가니、るつぼ)』を見ました。障害者学校で起きた教師による生徒への暴行という実際の事件をもとに書かれた小説の映画化です。話題作だけあって、衝撃的な内容の作品でした。が、映画としての出来は凡庸。中途半端な告発映画にとどまっていました。それが目的の製作なのかもしれませんが。

◇映画の後は100以上の小劇場がひしめく大学路へ。

1000001413

 大学路のある4号線・恵化(혜화)駅の出口。階段両側の壁にびっしり貼られているのは、すべて大学路で上演中の演劇・ミュージカル公演のポスターです。

◇観劇前に腹ごしらえ。1年以上熟成させたキムチを使っているというムグンジキムチチゲ(묵은지 김치찌개)。キムチの酸味がきいたスープが美味しかった~。

1000001419

 以前紹介したことのある「サムサムトゥクペギ(삼삼뚝배기)」にて。4500₩。

◇演劇は何を見ようか迷ったのですが、劇団・魔方陣(극단 마방진)の『野牛の月(들소의 달)』を選びました。コ・ソヌン(고선웅)作・演出。2010年のソウル演劇祭で優秀作品賞、舞台芸術賞などを受賞している作品です。

 前日にネットで確認した際には前売完売でした。それでもモノは試しと、開演1時間半前に劇場へ行って当日券があるか尋ねると、補助席まで完売してるがキャンセル待ち(대기표、待機票)を受け付けているとのこと。名前を伝えてキャンセル待ちを申込んで、大学路の散策へ。開演10分前に劇場へ戻ると、めでたく名前を呼ばれて席を確保することができました。階段に座布団敷いた「補助席」でしたが、実質最前列の2列目センター上手寄り。ヘタな本席よりずっとよかったです。

 レビューは後ほど改めて。

◇観劇後、文化踏査に参加した方々と合流して、学会最後の行事ティップリ(뒷풀이、打上げ)に参加。
 美味しい牛肉たらふく食べて、最後の夜を楽しみました。

1000001434

 打上げ二次会は、場所を移動して生ビール。宿が離れていた私は途中で失礼せざるを得ず、最後までご一緒できずに残念でした。

1000001435

 過去に例を見ない「日本文学の学会の海外開催」。三夜連続の宴会の席で、「今度はうちが日中韓で」とか「日台越で考えたい」といった話をちらほら耳にしました。今回の学会が意義あるものだったという証でしょう。一部、酔った勢いの勇み足かもしれませんが。

 この、とてつもなく大変な準備作業が必要だったはずの大会を滞りなく大成功に導いた会場校・高麗大学校の崔官先生とスタッフの皆さん、学会事務局の先生方、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

 私も今回の学会に参加した者の責任として、今後の研究進展に貢献して行かなくては。

◇【お詫び】「写真入りで詳細なレポート」、飲み食いばかりですみません。>忘却散人先生のブログからいらして下さった先生方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.02

[日録]近世文学会2日目@ソウル 10/1

10月1日(土)

◇日本近世文学会秋季大会、2日目は研究発表です。全部で17名の研究発表が行われましたが、半分以上が韓国人。ソウル開催だから韓国人優先ということはなく、発表内容も日本人研究者と全く遜色ない水準でした。(正直、いつもの大会よりずっと興味深かったような。演劇領域の発表が多かったからかな。)

◇昼食は高麗大学校用意のお弁当。大学の教室でいただきました。美味しかった~。
 休憩時間にはお茶・コーヒー・ジュースとクッキーなどが用意され、さらに韓国のトック(餅)のスペシャル間食も。

1000001377

1000001391

 高麗大学校の親しい運営スタッフにこっそり聞いた話では、お弁当もお餅もあちこちのお店から取り寄せて試食しまくったとか。お弁当チームとお餅チームに分かれて試食して一番美味しいものを選び、さらにいろいろリクエスト付けて注文したそうです。お陰様でどちらもホント美味しかったです。

◇途中、ちょこっと研究発表を抜けて、高麗大学校博物館の展示を見物。「天・地・人」と題された展示は、天体図がいろいろあるのが面白かったです。屏風とか摺物とか。日本で、屏風に天体図を描くとか、天体図の摺物とか、ほとんどないような気がするのですが。私が不勉強で知らないだけなのかな。
 また、朝鮮時代(1820年頃)のソウルの地図「首善全図」の版木が気に入りました。これ、一枚刷りの複製を作って「古地図」として売ればよいのに。日本ではきっと売れると思うのです。私は欲しい。1枚3,000円ぐらいなら買いますけど。

Seoulmap
 (ネット上から拾ってきた画像です。m(_ _)m)

◇研究発表終了後は、学会の公式懇親会。日本近世文学会の懇親会は、ご当地の伝統芸能が披露される、お酒にこだわる、というのが2大特色なのですが、ソウルでもしっかり踏襲されました。

 「韓国伝統芸術の夕べ」と題されたプログラムは、「歌曲」「サルプリ舞」「パンソリ(沈清歌)」「シナウィ」「南道民謡」。1時間近くの熱演でした。特に、チュ・ジュソン(趙珠仙)先生のパンソリと民謡、素晴らしかったです。

1000001398

 2大特色その2はこちら。全部韓国のお酒です。

1000001399

 今回の目玉はこれ。「安東焼酎」です。お値段は一般的な焼酎チャミスル(참이슬)1本の40倍。なので、これだけ酒瓶が並ぶ中、安東焼酎は1瓶しかありませんでした。貴重品。

1000001402

 のんべの先生をけしかけて封を切っていただき、ちゃっかりお相伴にあずかりました。下戸の私は舐める程度でしたけど(だって40度なんですもん)、美味しうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.01

[日録]近世文学会初日@ソウル 9/30

9月30日(金)

◇午前中は宿でシンポジウムの準備。

◇昼過ぎに宿を出て、あちこち寄りながら学会会場の高麗大学校へ。

1000001380

 高麗大学校の本館。正門正面の建物です。
 本館方向から正門を望むとこんな感じ。広い!

1000001362

◇16時半、日本近世文学会秋季大会開会。今日は「日本近世文学と朝鮮」というタイトルでのシンポジウムです。私もコメンテーターとして参加しました。

 大半の参加者が日本から飛行機で移動という事情もあって、初日は夕方からの開催。そのため、4名の先生方の発表は各15分、3名のコメンテーターの持ち時間は一人10分と、非常にタイトなスケジュールでした。にも関わらず、発表はいずれも中身の濃い充実した内容で、コメンテイターの側も遠慮なく発言させていただけました。司会の先生の手際よい進行のお陰で、20分強の時間オーバーで終了。

 時間不足で不完全燃焼の部分もありましたが、今後の近世文学研究の一つの方向性について様々な刺激と示唆に富んだシンポジウムになったと思います。当事者が言うのも何ですが。

1000001364

 シンポジウムの会場。100周年記念館の中にある国際会議室です。

◇シンポジウム終了後、会場校・高麗大学校による歓迎会。大学近くのお店で、美味しい韓定食をいただきました。

1000001365

 生マッコリを飲みながら、複数の先生方からシンポジウムでの私の発言が発表者の先生に対してかなり突っ込んだものだったことを指摘され、自分の立場に引き付けすぎた発言だったかも、とちょっと反省。「崔先生とは前からの知り合いなの?(=親しいゆえの遠慮ない発言?)」というご質問まで頂戴しまして。

 高麗大学校の崔官先生とは10年以上のお付き合いになります。ソウル女子大時代には、研究会にも参加させてもらってました。当時一緒に研究会やってた院生たちが、今や日本の大学院で博士号を取って高麗大学校日本学研究センターの研究教授になっていたり、今回の学会で研究発表していたり。頼もしいです。

 なので、今回、日本近世文学会初の海外開催の大会が高麗大学校で行われたことを、私は心から嬉しく思ってます。シンポジウムのコメンテーターとして参加して貢献することができて、本当によかった。この巡り合わせにただただ感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.30

[日録]ソウルでの学会前日 9/29

9月29日(木)

◇朝1限目に非常勤先でのゼミ。今回で発表者が全員1巡、来週から2巡目に入ります。2回目の発表にはレベルアップを期待してるのだけど、どうなるかな。

◇一旦仕事場に帰還して、ソウル行きの荷造り。リムジンバスで羽田に向かいます。

1000001348

◇NH1165便で羽田から金浦へ。この便に乗るのは初めてです。いつもと違って一人客や家族客が中心で、搭乗待ちも静かでのんびりしています。午前中の便はビジネス客や数人グループの観光客が多くて、もっと賑やかなのですよね。良く言えば活気がある、悪く言えば騒々しい。午後便ののんびりした雰囲気もいいなぁ。

1000001349

 NH1165便の機内食。

◇金浦到着。入国後すぐに KT のカウンターでモバイル Wi-Fi をレンタルしました。1日8000₩の料金で無制限にインターネットアクセスできます。iPhoneでもPCでもOK。すぐにその場で設定して、接続を確認してくれます。早速使ってみましたが、iPhoneでストレスなくネットできます。

1000001351

 KTのカウンターです。ここでモバイルWi-Fi Eggをレンタル。

1000001355

 これがレンタル一式です。予約してなかったため、旧型モデルになりました。ルーターだけならカバンに入れておいても邪魔になりません。

 ネットアクセスは快調です。便利便利。

◇夜8時頃宿へチェックイン。仮約束があったのですが、予定変更でキャンセルになり、宿でのんびり過ごしました。明日から学会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.26

[日録]原稿増量 8/25

8月25日(木)

◇今朝からの微熱が下がらず、夕方からの予定をキャンセルさせてもらいました。ご一緒するはずだった皆様は、とっても楽しまれたようで、参加できなくて残念!

◇ビミョーに頭痛い~、身体熱っぽい~と思いながら、原稿執筆。

◇日付変わって0時過ぎ、書き上げた原稿2本をメール送信しました。すぐに返信が来て、600字→800字、1200字→1600字まで分量増やしても大丈夫とのこと。
 今回の原稿、字数に余裕のある方が書きやすいので、字数増は有り難いです。ただ、全体の原稿量3.3割増となるわけで、それなりに時間も余分にかかりそう。でも頑張ろう。

◇明日から3泊4日でソウルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.25

[日録]ひたすら仕事3日目 8/24

8月24日(水)

◇原稿執筆。資料集め。

◇お昼ごはんは、近所の洋食屋さんで美味しすぎるオムライス。

1000001168

◇夜、ジムへ。相変わらず、鬼メニューこなし切れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧